260件中 91 - 100件表示
  • あんこう鍋

    あんこう鍋から見た鍋料理鍋料理

    あんこう鍋(あんこうなべ)は、アンコウ目・アンコウ科に属する「キアンコウ(ホンアンコウ)」を主な具材とする鍋料理。一般的に「西のふぐ鍋、東のあんこう鍋」と言われ冬の代表的な鍋料理として東日本において広く食べられているが、特に茨城県および福島県いわき市の鍋料理として、多くの店で提供されている。あんこう鍋 フレッシュアイペディアより)

  • タラ

    タラから見た鍋料理鍋料理

    身は脂肪が少なく柔らかい白身で、鱈ちりなどの鍋料理や、棒鱈などの干物、フィッシュ・アンド・チップスのような揚げ物、バカラオなどの塩蔵品、かまぼこおよび魚肉ソーセージなどの練製品として利用される。肝臓からは肝油を採取するほか、オイル漬けにしたものはコッドレバーとして缶詰にされる。また、スケトウダラの卵巣(たらこ)、マダラの精巣(白子)、胃(韓国料理の食材チャンジャ)、舌(ノルウェー料理の食材。ムニエルにして食す)なども食材として用いられる。肉は鮮度の落ちが早く脂肪が少ない上に、古くなると独特のにおいを発する。そのため刺身等の生食は行われない(ただし、白子に関しては例外で主に寿司ネタ用として流通する)。干しダラはヨーロッパや南アメリカでよく使われる食材で戻して使われる。タラ フレッシュアイペディアより)

  • カニ

    カニから見た鍋料理鍋料理

    ズワイガニ、ケガニ、ガザミ等、多くの種類が食用に漁獲される。料理法はしゃぶしゃぶ、刺身、焼き物、カニ汁、鍋料理等多種多様である。蒸したり茹でたりして殻を割って食べる事もあるし、身を解してサラダ、チャーハン等の具材にもする。カニの殻を割るための道具としてクラブクラッカーがあるほか、カニを食べるための専用の道具としてカニスプーンやカニフォークがある。殻をむく手間を省くため、脚はむき身や半むき身(ハーフポーション)の状態で供されることもある。カニ フレッシュアイペディアより)

  • 大和いも

    大和いもから見た鍋物鍋料理

    主産地御所市の葛城高原ロッジでは、大和いもを摺りおろしての出汁で伸ばし、鍋の具材に絡めて食べる「山芋鍋」を味わえる。大和いも フレッシュアイペディアより)

  • かじか汁

    かじか汁から見た鍋料理鍋料理

    かじか汁(かじかじる)とは、北海道で漁獲されるカジカを使った鍋料理。郷土料理・漁師料理の一つでもある。かじか汁 フレッシュアイペディアより)

  • コウライケツギョ

    コウライケツギョから見た鍋料理鍋料理

    白身で癖がなく、歯ごたえがあり、小骨がないため、朝鮮では中国と同様に高級食材として扱われている。スズキ目の淡水魚の内で、最も美味とされる。旬は活動が活発となり、産卵前の春ごろとされる。捕獲量が少ない高級魚のため、献上品として「天子魚」とも称された。メウンタンなどの唐辛子を使った鍋料理、刺身などにして食べる事が多い。中国ではケツギョと同様に、蒸し魚やから揚げなどにして食べられる。コウライケツギョ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤司書

    加藤司書から見た鍋料理鍋料理

    また司書は非常に大食いであったとされる。礼節を尊ぶ茶席の懐石料理は好まず、食材が沢山入った鍋料理を好んでいた。ある時に侍女の実家に立ち寄った際に合鴨三羽入った煮物を悠々と平らげたという。また、勤王党の同志であり長女の夫の河合茂山の家を訪ねた際も、二畝分の韮を平らげたという。加藤司書 フレッシュアイペディアより)

  • 石狩鍋

    石狩鍋から見た鍋料理鍋料理

    石狩鍋(いしかりなべ)は、鮭を主材料とし味噌で調味した日本の鍋料理であり、北海道の郷土料理である。石狩鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 金大亭

    金大亭から見た鍋料理鍋料理

    石狩鍋の原型となる鍋料理を考案した店として知られている。金大亭 フレッシュアイペディアより)

  • 大和肉鶏

    大和肉鶏から見た鍋物鍋料理

    赤みを帯びた肉はたたき、塩焼き、鍋物、しゃぶしゃぶ、すき焼き、焼き鳥など、また、正肉から内臓、ガラまで、和洋中、幅広い料理に利用できる。大和肉鶏 フレッシュアイペディアより)

260件中 91 - 100件表示

「鍋料理」のニューストピックワード