260件中 121 - 130件表示
  • 割下

    割下から見た鍋物鍋料理

    割下(わりした)は、「割り下地」の略であり、「下地」とあるように基本的な調味料の一つである。日本料理で多く使われ、複数の材料や調味料を合わせた合わせ調味料の一つ。主に鍋物、丼物に用いられる。割下 フレッシュアイペディアより)

  • 柚子胡椒

    柚子胡椒から見た鍋料理鍋料理

    唐辛子は青唐辛子を用いるのが一般的であるが、赤唐辛子が用いられる場合もある。青唐辛子と青柚子なら緑色、赤唐辛子と黄柚子なら朱色の柚子胡椒に仕上がる。一般的に緑色の物は辛味が強く、赤色の物は香りが強い。地元では鍋料理や味噌汁、刺身などの薬味として用いられるが、他地域に知られるようになってからは、より多様な使い方をされるようになっている。(後述)柚子胡椒 フレッシュアイペディアより)

  • 築地魚河岸三代目

    築地魚河岸三代目から見た鍋物鍋料理

    貝の味の魚〈偏食家のテングハギ、コンブの魔法、鍋物、コイ〉築地魚河岸三代目 フレッシュアイペディアより)

  • ZAZY

    ZAZYから見た鍋料理鍋料理

    大学生時代は、鍋料理好きが高じたことから「鍋研究会」を立ち上げた。なおこの会は、ZAZYが退学してすぐ解散したとのこと。ZAZY フレッシュアイペディアより)

  • 春雨 (食品)

    春雨 (食品)から見た鍋料理鍋料理

    中華料理では炒め物や汁の少ない鍋料理などの主役になるほか、春巻きなどの具にしたり、麺料理として使ったりする。水で戻さずに乾燥した状態のまま油で揚げると、白くなり、数倍のかさに膨れる特性があるため、皿と料理の間に敷き付け合わせにするなどの調理法がある。春雨を使った一般的な料理に、春雨を挽き肉と煮込んで唐辛子で味付けた四川料理である(マーイーシャンシュー)がある。また、歯ごたえやスープを吸う特性を生かしてフカヒレの代用として使う事もある。春雨 (食品) フレッシュアイペディアより)

  • 金華火腿

    金華火腿から見た鍋料理鍋料理

    材料に火を通さずに食べるという習慣がなかった中国では、スライスして生で食べるというようなことはまず無い。他の生ハムに比べて塩味もうま味も濃厚であるため、料理の味出し的な使い方が一般的である。炒め物、蒸し物などあらゆる料理に使う他、上湯(シャンタン、中国の高級スープ)の素材として欠かせないものである。家庭でも、スライスして、鶏肉、ハクサイと共に煮るだけで、上品な味のスープ料理や鍋料理を作ることができる。金華火腿 フレッシュアイペディアより)

  • バーニャ・カウダ

    バーニャ・カウダから見た鍋料理鍋料理

    バーニャ・カウダ(ピエモンテ語:Bagna càuda)はイタリア・ピエモンテ州を代表する冬の鍋料理である。ピエモンテ語で「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」を意味する。バーニャ・カウダ フレッシュアイペディアより)

  • テンジャンチゲ

    テンジャンチゲから見た鍋料理鍋料理

    テンジャンチゲ()は、朝鮮半島の伝統的なチゲ(汁物料理・鍋料理)の一種。韓国の家庭料理の代表的なものであり、家庭や食堂などでよく食べられている。テンジャンチゲ フレッシュアイペディアより)

  • みぞれ鍋

    みぞれ鍋から見た鍋料理鍋料理

    みぞれ鍋(みぞれなべ)は鍋料理の一種。大量の大根おろしを用い、火が通って半透明になった姿がみぞれに似ていることからそのように呼ばれる。雪鍋、雪見鍋、あわ雪鍋とも。みぞれ鍋 フレッシュアイペディアより)

  • オムレツ

    オムレツから見た鍋料理鍋料理

    中華料理では、カニ肉や筍・シイタケなどの具を加えて甘酢あんをかけたかに玉など多くの中華風定番オムレツ料理がある。鍋料理の具のひとつとして、卵を薄く焼いた皮で挽肉などを包んだ「蛋餃子」(タンジャオズ、dànjiǎozi)という餃子の一種があるが、ミニサイズのオムレツと見ることもできる。オムレツ フレッシュアイペディアより)

260件中 121 - 130件表示

「鍋料理」のニューストピックワード