260件中 131 - 140件表示
  • 揚げかまぼこ

    揚げかまぼこから見た鍋物鍋料理

    おでん、煮物、鍋物、酒の肴、弁当のおかずなど揚げかまぼこ フレッシュアイペディアより)

  • 水炊き

    水炊きから見た鍋料理鍋料理

    水炊き(みずたき)は、鍋に水を張り、鶏肉、野菜などの食材を煮込んで調理する日本の鍋料理の一種である。水炊き フレッシュアイペディアより)

  • ええじゃん鍋

    ええじゃん鍋から見た鍋料理鍋料理

    ええじゃん鍋(ええじゃんなべ)は、広島県内各地で販売されているご当地鍋料理である。ええじゃん鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 菊富士ホテル火災

    菊富士ホテル火災から見た鍋料理鍋料理

    菊富士ホテルは群馬県利根郡水上町(現・みなかみ町)湯原750にあったホテル(温泉宿、旅館)である。現在、この住所にはリゾートマンションの「サニックス水上壱番館」が建つ。1930年(昭和5年)11月創業で、豪華な大理石造りの風呂や、鍋料理を自慢としていた。菊富士ホテル火災 フレッシュアイペディアより)

  • ゴッコ汁

    ゴッコ汁から見た鍋料理鍋料理

    ゴッコ汁(ゴッコじる)は、主に北海道で収獲される魚、ゴッコ(ホテイウオ)を使用した鍋料理。北海道の郷土料理として親しまれている。ゴッコ汁 フレッシュアイペディアより)

  • ヌメリイグチ

    ヌメリイグチから見た鍋物鍋料理

    広く食用とされているが、消化がよいとはいえない。また、本種に限ったことではないが、ヌメリイグチ属のきのこに対して、アレルギー症状を起こす人がまれにある。特にかさの表皮と管孔層とは消化されにくく、かさが開いていない未熟なものは別として、成熟したものでは面倒でもとり除いてから食べるほうがよい。生のままで汁物・鍋物・和え物などにしたり、いったん乾燥させてから煮つけなどにして食べるのが一般的である。ただし、このキノコ独特の風味や香りは乏しい。欧米では強い粘性を持ったキノコがあまり喜ばれないこともあり、食用菌としての評価はあまり高くはない。ヌメリイグチ フレッシュアイペディアより)

  • アミタケ

    アミタケから見た鍋物鍋料理

    紛らわしい毒キノコが存在せず、独特の粘性が好まれ、収穫量も多くキノコ狩りのベテランから初心者まで幅広い人気がある。粘性を生かし、そのまま味噌汁に加えたり、茹でたものを大根おろし和えなどにするほか、煮物や鍋物などに加えたりすることもある。加熱すると赤紫色に変色する。(なお、小さな虫の幼虫が入っていることが多く、調理前に中を裂いて確認したほうが良い)アミタケ フレッシュアイペディアより)

  • 酸菜

    酸菜から見た鍋料理鍋料理

    酸菜は通常「スヮンツァイ」と読み、中国東北部で白菜(仙台白菜に似た中国語で「大白菜」)を晩秋に甕に漬けて、自然発酵させて、冬季におもに鍋料理の材料として用いる漬物のことである。酸菜 フレッシュアイペディアより)

  • 塩辛

    塩辛から見た鍋料理鍋料理

    居酒屋などではそのまま、あるいは大根おろしなどと合わせ酒肴として出す店が多い。家庭では、ご飯にのせて食べたり、茶漬けにする例がある。蛋白質が分解されてアミノ酸を生じ、旨みを含むことから、鍋料理などの隠し味として加える例もある。北海道では蒸かしたジャガイモにイカの塩辛を乗せて食べることもある。塩辛 フレッシュアイペディアより)

  • エノキタケ

    エノキタケから見た鍋料理鍋料理

    野生のものは加熱すると粘りが出るため、それを生かした料理に適する。鍋物・炒め物・煮物に使われる。中国では便秘の特効薬として使われる。また、瓶栽培(後述)したものを煮てとろみをつけて味付けしたものが「なめ茸」「ナメコ」などの名称で瓶詰め等として市販されている。なお、生のエノキタケに含まれる蛋白質のフラムトキシン(加熱により分解)には強心作用も有ると言われているが、溶血作用があるので必ず加熱して食べる必要がある。まれな例として、アレルギーによるアナフィラキシーが報告されている。エノキタケ フレッシュアイペディアより)

260件中 131 - 140件表示

「鍋料理」のニューストピックワード