260件中 21 - 30件表示
  • サルタ (イエメン料理)

    サルタ (イエメン料理)から見た鍋料理鍋料理

    イエメンの首都サナアを中心に食べられている、大変人気のある料理である。外見はシチューか鍋料理に似ている。サルタ (イエメン料理) フレッシュアイペディアより)

  • 空飛ぶ新玉ネギ

    空飛ぶ新玉ネギから見た鍋物鍋料理

    サラダなどの用途に用いられ、生のままでも甘くて柔らかいのが特徴で、JA延岡は、水にさらさなくても刺激臭が少ないとし、また、「辛みが少なくて食べやすい」と紹介する。また、“空飛ぶ新玉ネギ”は葉付き玉ネギであるため、その葉や茎はネギ(長ネギ)と同じように鍋物やすき焼き、或いは湯がいても利用できる。空飛ぶ新玉ネギ フレッシュアイペディアより)

  • タイスキ

    タイスキから見た鍋料理鍋料理

    タイスキ(??????????スキーヤキー、略称?????スキー)とはタイ王国の料理の一つであり、鍋料理の一つである。タイスキ フレッシュアイペディアより)

  • しっちょる鍋

    しっちょる鍋から見た鍋料理鍋料理

    しっちょる鍋(しっちょるなべ)は、山口県山口市で作られている鍋料理。2005年10月1日に旧山口市、阿知須町、秋穂町、徳地町、小郡町の1市4町が合併したの記念に山口市の新名物として主婦や学生などで考案された。旧1市4町の特産物を使っている。春夏秋冬それぞれの鍋があり、1年中、旬の食材を味わえる。しっちょる鍋 フレッシュアイペディアより)

  • キジハタ

    キジハタから見た鍋料理鍋料理

    高級魚として珍重される。旬は初夏で、日本では造り、煮付けとして食べることが多い。鍋料理にも適する。身はややピンク色をした白身で、刺身ではさっぱりとしているが、熱を通すと弾力とうまみが出てくる。キジハタ フレッシュアイペディアより)

  • ウスバハギ

    ウスバハギから見た鍋料理鍋料理

    身は半透明の白身で、脂肪が少なく歯ごたえがある。新鮮なものは身だけではなく肝臓も食用にされる。肝臓はピンク色で、身とは逆に脂肪が多く甘みがある。可食部の質や利用法は同じカワハギ科のカワハギやウマヅラハギと同様だが、本種は大形種だけに身の量が多い。料理法は刺身(薄造り)、煮魚、鍋料理、唐揚げ、干物など多種多様である。ウスバハギ フレッシュアイペディアより)

  • ウミタケ

    ウミタケから見た鍋物鍋料理

    韓国では、鍋物などで食用にする他、干物を日本にも輸出している。ウミタケ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラツメガニ

    ヒラツメガニから見た鍋料理鍋料理

    特にカニミソが美味であるため、日本、特に東日本の産地ではぶつ切りにしたものを味噌汁や鍋料理として食べることが多い。渤海から東シナ海沿岸の中国山東省、浙江省、福建省や台湾、韓国などでも消費されている。韓国でも鍋料理(チゲ)、味噌汁(テンジャンクク)などにされるが、中国では蒸したり、炒めて食べる事が多い。ヒラツメガニ フレッシュアイペディアより)

  • 白子 (精巣)

    白子 (精巣)から見た鍋料理鍋料理

    白子(しらこ)は、主に魚類の精巣を食材とする際の呼び名。タラ、アンコウ、フグなどの成熟した白子は味が良く、酢の物、汁物、鍋物、焼き物などとして食べる。白子 (精巣) フレッシュアイペディアより)

  • 唐辛子味噌

    唐辛子味噌から見た鍋料理鍋料理

    地域や作り手によって好みの唐辛子が選択され、それをすりつぶして塩、ゆずなどを加え、熟成や発酵を利用して作る辛味がある調味料である。鍋料理に使用するポン酢醤油に加えたり、焼肉、冷奴、ラーメンの薬味などの料理に用いる事もあり、御飯のおかずや酒の肴ともする(「なめみそ」)。唐辛子味噌 フレッシュアイペディアより)

260件中 21 - 30件表示

「鍋料理」のニューストピックワード