211件中 51 - 60件表示
  • ヌメリイグチ

    ヌメリイグチから見た鍋物鍋料理

    広く食用とされているが、消化がよいとはいえない。また、本種に限ったことではないが、ヌメリイグチ属のきのこに対して、アレルギー症状を起こす人がまれにある。特にかさの表皮と管孔層とは消化されにくく、かさが開いていない未熟なものは別として、成熟したものでは面倒でもとり除いてから食べるほうがよい。生のままで汁物・鍋物・和え物などにしたり、いったん乾燥させてから煮つけなどにして食べるのが一般的である。ただし、このキノコ独特の風味や香りは乏しい。欧米では強い粘性を持ったキノコがあまり喜ばれないこともあり、食用菌としての評価はあまり高くはない。ヌメリイグチ フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんこ番

    ちゃんこ番から見た鍋料理鍋料理

    ちゃんことは、相撲力士の食事の事を指す。鍋料理に限らない。鍋料理を食べることが多く、それが広く知れ渡ったのがちゃんこ鍋である。ちゃんこ番 フレッシュアイペディアより)

  • どぜう鍋

    どぜう鍋から見た鍋料理鍋料理

    どぜう鍋(どじょうなべ)は、ドジョウを煮た鍋料理どぜう鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 金大亭

    金大亭から見た鍋料理鍋料理

    金大亭(きんだいてい)は、北海道石狩市にある料亭。石狩鍋の原型となる鍋料理を考案した店として知られている。金大亭 フレッシュアイペディアより)

  • 柳川鍋

    柳川鍋から見た鍋料理鍋料理

    柳川鍋(やながわなべ)は、ドジョウを使った江戸生まれの鍋料理。どぜう鍋と同じくドジョウの鍋料理であるが、開いたドジョウを予め割下で煮こみ卵とじにしている点で一般的などぜう鍋と区別されることが多い(歴史を参照)。柳川鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 灰汁

    灰汁から見たアク代官鍋料理

    灰汁取りは、調理の上でとても重要な作業であるが、同時にミネラルなどの旨味成分も含んでいることが多いので過度の灰汁取りは、栄養上も風味の上でも、あまり好ましくない。よって灰汁は、ある程度は残しておいた方が良い。多人数で鍋物を囲む際に動物性の灰汁を除去し過ぎてしまう者をアク代官と呼ぶことがある。灰汁 フレッシュアイペディアより)

  • プデチゲ

    プデチゲから見た鍋料理鍋料理

    キムチチゲ、テンジャンチゲなど多くのチゲ類は、一人分の量の小鍋で供されているが、プデチゲは日本の鍋物のように、食卓の中央の大鍋から皆で取り分けて食べるのが一般的である。プデチゲ フレッシュアイペディアより)

  • まる鍋

    まる鍋から見た鍋料理鍋料理

    まる鍋(まるなべ)とは、スッポンを使った鍋料理のこと。主に京都を中心とした関西地方の料理。材料はスッポンと野菜だけであり家庭でも作れるが、専門店では出汁が染みついた年代物の土鍋を使う事もある。さらに、コークスを使った強い火力で炊き上げる店も存在し、この場合は野菜は入れずにすっぽんのみを使う。まる鍋 フレッシュアイペディアより)

  • カンボジア料理

    カンボジア料理から見た鍋物鍋料理

    ヤオホン(??????) - クメール式鍋物。牛肉、エビ、ホウレンソウ、イノンド、白菜、ライスヌードル、キノコを入れ、たれにつけて食べる。日本のすき焼きに似ているが、中国の火鍋に由来する料理。カンボジア料理 フレッシュアイペディアより)

  • ハリセンボン

    ハリセンボンから見た鍋料理鍋料理

    大型のものは棘を皮ごと取り除き、鍋料理、味噌汁、唐揚げ、刺身など食用になる。沖縄ではハリセンボンのことを「アバサー」と呼び、「アバサー汁」は沖縄料理の一つにも挙げられる。台湾の澎湖諸島ではハリセンボンの刺身や、棘を抜いた皮の湯引きが名物である。ただし、多くのハリセンボンは棘が鋭く扱いに要注意であるのと、可食部分が少ないことから、食品としては敬遠されることが多い。ハリセンボン フレッシュアイペディアより)

211件中 51 - 60件表示

「鍋料理」のニューストピックワード