260件中 51 - 60件表示
  • はりはり鍋

    はりはり鍋から見た鍋料理鍋料理

    はりはり鍋(はりはりなべ)は、鯨肉と水菜(ミズナ)を用いた鍋料理の一種。近畿地方の料理で、大阪でよく食べられた。「はりはり」は、水菜の繊維質によるシャキシャキとした食感から来た表現。「ハリハリ鍋」と表記する場合もある。はりはり鍋 フレッシュアイペディアより)

  • コクレン

    コクレンから見た鍋料理鍋料理

    中国においては食用淡水魚として重要な魚種である。特に広東省の江門市や仏山市では「」(うお偏に崇の方言字)と呼び、煮物や「砂鍋魚頭」などの土鍋料理やスープにして食べることが多い。順徳料理などでは頭の皮のぷよぷよした部分を珍重して食べる。海水魚が主流の香港の市場にも中国産のものが出回っている。コクレン フレッシュアイペディアより)

  • フォンデュ

    フォンデュから見た鍋料理鍋料理

    フォンデュまたはフォンジュ(仏・英:fondue、独:Fondue、伊:fonduta)とは、スイス・サヴォワなどフランスの一部・イタリア北部のピエモンテとヴァッレ・ダオスタなど、フランス語圏を主とするアルプス地方とその周辺地域(一部はドイツ語圏・イタリア語圏)を発祥とする、チーズフォンデュなどの鍋料理や、それらに類似する料理の総称。フォンデュ フレッシュアイペディアより)

  • フサアンコウ科

    フサアンコウ科から見た鍋料理鍋料理

    特徴的なずんぐりした体型は遊泳には不向きで、岩礁および砂泥の海底でじっとしている姿がしばしば観察される。誘引突起を利用した待ち伏せ型の捕食を行うとみられるが、その他の生活史ついてはほとんどわかっていない。日本では底引き網や延縄によって漁獲され、味醂干し・鍋料理などに利用される。フサアンコウ科 フレッシュアイペディアより)

  • アサヒガニ

    アサヒガニから見た鍋料理鍋料理

    カニ類の多くは加熱されると赤くなるが、本種は生時から既に赤く、加熱調理しても色は変化しない。甲羅内に白い身と黄褐色の中腸腺(カニミソ)が詰まっていて、塩茹でや鍋料理などで食べられる。美味なカニとして祝いの席などに出されることもある。アサヒガニ フレッシュアイペディアより)

  • めんつゆ

    めんつゆから見た鍋物鍋料理

    液状のものは、開封後そのまま使用可能なストレートタイプと用途に応じて水で希釈して用いる濃縮タイプが存在し、他に粉末状のものもある。麺と一緒に食する用途以外にも、煮物の味付けや鍋物の出汁として、天ぷらのつけ汁として、希釈せずにそのまま食材(冷奴や大根おろしなど)にかけて食べる、他の調味料と合わせてドレッシングや和風ソースなどに加工して用いる、他には卵かけご飯などを作る際の醤油の代わりに利用する、など用途は幅広く、簡便性と汎用性も高いことを利用して様々なレシピが考案されている。めんつゆ フレッシュアイペディアより)

  • 玉子豆腐

    玉子豆腐から見た鍋料理鍋料理

    日本だけでなく、中国にもメーカーがあり、中国語では直訳の「鷄蛋豆腐」(チータンドウフ、)という名の他、「日本豆腐」(リーベンドウフ、)と称されることも多い。中国では、そのまま冷やして食べる習慣は一般的になく、鍋料理に入れたり、煮物にしたり、野菜あんかけの料理にしたりするための食材ととらえられている場合が多く、このため、日本のものよりも若干固めに作られている。玉子豆腐 フレッシュアイペディアより)

  • まる鍋

    まる鍋から見た鍋料理鍋料理

    まる鍋(まるなべ)とは、スッポンを使った鍋料理。主に京都を中心とした関西地方の料理である。まる鍋 フレッシュアイペディアより)

  • アオハタ

    アオハタから見た鍋料理鍋料理

    比較的高級魚とされる。旬は初夏で、日本では造り、煮付けとして食べることが多い。鍋料理にも適する。アオハタ フレッシュアイペディアより)

  • ムツ

    ムツから見た鍋料理鍋料理

    繁殖を控えて浅場に移る冬が旬とされ、この時期は「寒ムツ」と呼ばれる。身は脂肪が多い白身で、脂が多い様を表す「むつっこい」「むっちり」などの言葉が転じて「ムツ」という名前がついたともいわれる。刺身、煮付け、鍋料理、味噌漬けなどに利用される。また、卵巣はムツゴといい、たらこに似た味で珍重される。ムツ フレッシュアイペディアより)

260件中 51 - 60件表示

「鍋料理」のニューストピックワード