260件中 61 - 70件表示
  • 鉢伏高原

    鉢伏高原から見た鍋料理鍋料理

    地形は鉢伏山(標高1221m)及び高丸山(標高1070m)の南側において舌状に突出しており、標高は800m前後である。近畿地方におけるスキー場のメッカであり、また林間学校や合宿、ハンググライダー等も盛んに行われる。付近には民宿が集まっており、鴨の肉を用いた鍋料理(鉢伏鍋)が名物である。鉢伏高原 フレッシュアイペディアより)

  • 網杓子

    網杓子から見たアク代官鍋料理

    天ぷら・汁物・鍋物などの調理にしばしば用いられる。アク代官の標準装備。網杓子 フレッシュアイペディアより)

  • 網杓子

    網杓子から見た鍋料理鍋料理

    煮物・汁物・鍋料理においては、汁の中から灰汁を取ったり、出汁がらや汁の実を取り出す際に用いられる。網杓子 フレッシュアイペディアより)

  • ミツバ

    ミツバから見た鍋物鍋料理

    おひたしや和え物とするほか、吸い物や鍋物、丼物の具として広く用いられる。ミツバ フレッシュアイペディアより)

  • 東京一番フーズ

    東京一番フーズから見た鍋料理鍋料理

    2007年9月 - 鍋料理店「ちゃんこ浪花茶屋」出店。東京一番フーズ フレッシュアイペディアより)

  • アオウオ

    アオウオから見た鍋料理鍋料理

    白身魚であるが、味は比較的濃厚である。他のコイ科の魚と同様に、分岐した小骨が多いので、食べる際には注意が要る。中国料理では、鍋料理、煮物などの素材として使うことが多い。アオウオ フレッシュアイペディアより)

  • タモギタケ

    タモギタケから見た鍋物鍋料理

    日本では北海道では一般的な食用キノコとして知名度があるが、本州以南では馴染みが薄い。近年では栽培品が本州のスーパーでも出回ることがある。鍋物や味噌汁炒め物の具として用いる。特に汁物の具にするとよいダシが出て美味である。野生のものは紛らわしい毒キノコが存在しないので、キノコ狩りの対象として人気がある。タモギタケ フレッシュアイペディアより)

  • 二枚貝

    二枚貝から見た鍋料理鍋料理

    二枚貝は食用として利用されるものも多い。石灰質の殻は食べられないが、殻の中身は骨が無く糞抜きの手間もさして要せず丸ごと食べることができる。砂浜や干潟に生息するシジミやアサリといった小柄な二枚貝から、岩礁に固着するカキやムール貝など、海岸べりに大量に生息していて採取も容易であり、有史以前から全世界の沿岸地域で食物として利用されてきた。縄文人のゴミ置き場であった貝塚はその名のとおり貝殻が多くを占めており、重要な食物であったことが分かる。現在では海底に生息するホタテガイ、シャコガイなどの大きなものまで食用に利用される。洋の東西を問わず二枚貝を用いる料理は存在しており、旨味成分が豊富で鍋料理やスープの出汁として重宝される他、焼く、炒めるなど調理法も多彩である。大型の貝をむくために貝むきという専門の道具も存在する。ハマグリからは白の碁石や胡粉が作られる。カキからも胡粉や漢方薬種の牡蛎(ぼれい)が作られる。主に一部の二枚貝の体内に産する真珠は宝石として非常に珍重されてきた。養殖や畜育も多くの種で広く行われている。有機排水による水質汚濁・海洋汚染の浄化に二枚貝あるいはその貝殻を利用する試みもなされている。二枚貝 フレッシュアイペディアより)

  • 大東企業

    大東企業から見た鍋料理鍋料理

    また、接待シーンでは敬遠されがちだった鍋料理を「一人ひと鍋」で提供することで、接待シーンでも利用しやすいようにしている。大東企業 フレッシュアイペディアより)

  • シュンギク

    シュンギクから見た鍋料理鍋料理

    特有の香りを持つ葉と茎を食用とし、ビタミン・カルシウム・葉緑素が豊富に含まれている。すき焼き・ふぐ鍋など鍋料理の具材に使われるほか、生でサラダに使われる。天麩羅のネタとしても好まれ、「春菊天」は立ち食いそば・うどん店では定番メニューのひとつである。旬は11月から 3月。中国では炒め物にする。シュンギク フレッシュアイペディアより)

260件中 61 - 70件表示

「鍋料理」のニューストピックワード