211件中 61 - 70件表示
  • ムラサキシメジ

    ムラサキシメジから見た鍋物鍋料理

    味、歯ざわりともに優れ、煮物、鍋物、吸い物等に幅広く用いられる。若干の土臭さが有り、人により好き嫌いが分かれる。生食は中毒を起こすとの報告がある。ヨーロッパでは古くから食用にされ、栽培も行われている。ムラサキシメジ フレッシュアイペディアより)

  • 常夜鍋

    常夜鍋から見た鍋料理鍋料理

    常夜鍋(じょうやなべ、じょうよなべ、とこやなべ)は、鍋料理の一種。常夜鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 軍鶏鍋

    軍鶏鍋から見た鍋料理鍋料理

    軍鶏鍋(しゃもなべ)は鶏の一種である軍鶏を使った鍋料理軍鶏鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 会席料理

    会席料理から見た鍋物鍋料理

    ご飯、止め椀、漬物は同時に供される。ただし上記以外にも油物(揚げ物)や蒸し物、鍋物が出ることがある。油物が供される場合には一般に強肴のあとである。会席料理 フレッシュアイペディアより)

  • トマト鍋

    トマト鍋から見た鍋料理鍋料理

    トマト鍋は、トマトを用いてスープを調理した鍋料理の1つである。イタリアやフランスでは、トマトを使った煮込み料理として、「ミネストローネ」「ブイヤベース」「ズッパ ディ ペシェ」など、それぞれレシピや決まった具材を持ち、野菜や魚介スープとして食されているが、これらはトマト鍋と全く異なるものである。あくまでも日本オリジナルのものであるトマト鍋には作り方や具材に決まりはない。トマト鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 貴州料理

    貴州料理から見た鍋料理鍋料理

     貴州料理のもう一つの特徴は、「蘸水」(チャンスイ)と呼ぶつけだれを使う料理が多い事で、料理の種類に合わせて異なる味のたれを用意するのが当たり前となっている。主に、醤油、酢、トウガラシ、おろしニンニク、ショウガ、ネギ、コリアンダー、花椒、ドクダミなどを味付けに用い、トウチ、ウイキョウ、揚げた大豆、落花生、そぼろ肉などを入れることもある。調理方法としては、炒める、少量の油で揚げ焼きにする、煮込むという料理が多く、鍋料理も盛んである。貴州料理 フレッシュアイペディアより)

  • サルタ (イエメン料理)

    サルタ (イエメン料理)から見た鍋料理鍋料理

    イエメンの首都サナアを中心に食べられている、大変人気のある料理である。外見はシチューか鍋料理に似ている。サルタ (イエメン料理) フレッシュアイペディアより)

  • 肉骨茶

    肉骨茶から見た鍋料理鍋料理

    肉骨茶(バクテーもしくはパクテー)はマレーシア及びシンガポールの鍋料理である。肉骨茶 フレッシュアイペディアより)

  • 寄せ鍋

    寄せ鍋から見た鍋料理鍋料理

    寄せ鍋(よせなべ)は、鍋料理の一つ。汁を入れた鍋に野菜や魚介類など様々な材料を入れて煮込むもの。地方毎に出汁や具材が異なり、多様な種類が存在する。寄せ鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 鯨肉

    鯨肉から見た鍋物鍋料理

    行事などと結びついた料理も生まれた。江戸を含め日本各地で12月13日の煤払い(すすはらい)の後は「鯨汁」を食べる習慣が広まり、その様子は沢山の川柳の記述や物売りが鯨肉を扱っていた記録が残されている。秋田でも鍋物としては珍しく夏の暑気払いとして「鯨貝焼(くじらかやき)」という鯨のしょっつる鍋が江戸時代から食されており、夏場になると五艘程度の小舟の船団で鯨漁に出ていた記録が残されている。そして明治開拓以降の北海道の日本海側各地で正月料理として鯨汁が食されるのは、秋田藩を中心とした東北の人々が移り住んだ名残といわれている。北海道のアイヌ民族の鯨食は江戸時代よりも古いとされる。同じく夏の土用の食べ物としていた地域は多く、九州の農村では土用に備えて各戸で一樽ずつもの皮の塩漬けを作る地域もあった。塩蔵すれば魚類よりも長期間の保存・輸送に耐えることを活かして、少量は各地に輸送され、一般の海魚の運ばれない山村等で正月などハレ(晴れの席)の料理に供されていた例もある。鯨肉 フレッシュアイペディアより)

211件中 61 - 70件表示

「鍋料理」のニューストピックワード