120件中 91 - 100件表示
  • 2011年の日本

    2011年の日本から見た長友佑都長友佑都

    サッカー日本代表DFの長友佑都が、セリエA・インテルに期限付き移籍。2011年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • セリエA (サッカー)

    セリエA (サッカー)から見た長友佑都長友佑都

    長友佑都 - チェゼーナ (2010-2011), インテル (2011- )セリエA (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た長友佑都長友佑都

    岡田の後任として日本代表監督に就任したアルベルト・ザッケローニは、初采配となった2010年10月8日のアルゼンチン戦以降全試合で今野をセンターバックとしてスタメン起用した。2011年1月に開催されたAFCアジアカップでは、ザッケローニからディフェンス陣のリーダーに指名され、同じくセンターバックの吉田麻也をリードし 経験の少ない守備陣を統率。全試合にフル出場し(日本代表では今野と長友佑都のみ)、日本代表の優勝に貢献した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 森本貴幸

    森本貴幸から見た長友佑都長友佑都

    2011年7月11日、出場機会を求め、この年55年ぶりにセリエAに昇格したノヴァーラ・カルチョへ移籍した(契約はカターニアとの共同保有)。9月17日、第3節カリアリ戦で移籍後初得点を決めた。9月20日、長友佑都との日本人対決が実現した第4節インテル戦では、PKを獲得するなど2得点に絡む活躍でチームのリーグ戦初勝利に大きく貢献した。しかし、チームは低迷し続け、森本自身の調子も下降気味になっていく。さらに、11月に右膝半月板損傷により約3週間の離脱が発表された。2012年1月、キエーヴォへの期限付き移籍が報道されたが、メディカルチェックでパスできず、移籍は破談になった。その後、中々出場機会に恵まれずチームも2部に降格した。森本貴幸 フレッシュアイペディアより)

  • 行列のできる法律相談所

    行列のできる法律相談所から見た長友佑都長友佑都

    2016年12月25日は「24時間テレビ」放送日及びマラソンランナー発表回以外では12年ぶりの全面生放送となった。生放送初の2時間スペシャル。2017年も12月24日にさんまの司会で生放送が行われた。両年ともゲスト・行列メンバーのその年の「汝の罪」を懺悔する企画が行われ、ゲストや司会者によって決められた懺悔をする出演者には罰ゲームが執行される。番組中盤で決められる1組目には「静電気ビリビリジュース」(2016年)、「墨汁バズーカ」(2017年)を、番組終盤で決められる2組目は「ザンゲの滝201x」を浴びる。企画に加えて結婚を発表したばかりの著名人が登場する企画も行われ、2016年は長友佑都と平愛梨が、2017年はトレンディエンジェルの斎藤司が登場した。行列のできる法律相談所 フレッシュアイペディアより)

  • アサヒビール

    アサヒビールから見た長友佑都長友佑都

    長友佑都、岡崎慎司 、清武弘嗣 、加藤綾子 - アサヒ オフアサヒビール フレッシュアイペディアより)

  • もしもツアーズ

    もしもツアーズから見た長友佑都長友佑都

    2017年2月4日、サッカー日本代表長友佑都との結婚によるイタリア移住に伴い、平が番組を降板。以降は坂下の時と同様ツアーガイド役は各回ごとにタレントが担当していた。もしもツアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 徳永悠平

    徳永悠平から見た長友佑都長友佑都

    2009年10月、これまで候補止まりであったA代表に初招集。2008年からの長友佑都加入に伴い、FC東京のその時点でのチーム状況や、対戦相手の選手の特長によって徳永・長友がSBの左右を入れ替えて起用されるなど左SBを務める機会も多かったことから、岡田武史日本代表監督からは「DFであればどこでもできて、フィジカルが強い」と評価され、10月8日のアジアカップ予選・香港戦に途中出場しA代表デビュー。得点をアシストし、その後も主力の内田篤人を上回る運動量と守備力でアピールを続けたが連携面で遅れを取り、ワールドカップ南アフリカ大会には予備登録メンバーとして選出されるに留まった。徳永悠平 フレッシュアイペディアより)

  • 中村北斗

    中村北斗から見た長友佑都長友佑都

    2010年2月22日に入籍。同年7月に左SBを務める長友佑都が退団すると、城福、大熊(9月から就任)両監督から左SBとして先発起用されるようになった。また、右SBの徳永悠平をCBなどへスライドさせる形で右SBに配されることもあった。中村北斗 フレッシュアイペディアより)

  • 李忠成

    李忠成から見た長友佑都長友佑都

    同年オフ、AFCアジアカップ2011に臨む日本代表に初選出。2011年1月9日のグループリーグ第1戦ヨルダン戦の後半開始から途中出場で国際Aマッチ初出場を果たした。1月29日の決勝戦オーストラリア戦では、延長前半9分から途中出場し、同後半4分に長友佑都からのクロスをボレーシュートで合わせ代表初ゴールを挙げる。これが決勝点となり、日本代表は同大会で史上最多となる通算4度目の優勝を成し遂げた。2011年のリーグ戦でも好調を維持し、リーグ3位タイの15得点を挙げ優秀選手賞を受賞。李忠成 フレッシュアイペディアより)

120件中 91 - 100件表示