148件中 81 - 90件表示
  • 長友佑都

    長友佑都から見たワニブックス

    2012年1月『心は、強くなる 〜長友家式 人に愛される子どもに育てる 五感の方程式〜』 (ワニブックス) ISBN 9784847090516長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見たフロムワン

    2009年6月『Jリーグサッカーキング2009年8月号"長友佑都完全読本"』 (フロムワン)長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見たキリンカップサッカー2008

    同年5月には岡田武史監督率いる日本代表に初招集され、5月24日のキリンカップコートジボワール戦にフル出場して代表初キャップを記録。11月13日のキリンチャレンジカップ・シリア戦では先制のミドルシュートを決め代表初得点を記録した。また、同年の北京オリンピック日本代表に選出され本大会にも出場したが、チームはグループリーグ3戦全敗に終わり、後に「余裕がなかった」「思い通りのプレーはできなかった」と語っている。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見たサッカーシリア代表

    同年5月には岡田武史監督率いる日本代表に初招集され、5月24日のキリンカップコートジボワール戦にフル出場して代表初キャップを記録。11月13日のキリンチャレンジカップ・シリア戦では先制のミドルシュートを決め代表初得点を記録した。また、同年の北京オリンピック日本代表に選出され本大会にも出場したが、チームはグループリーグ3戦全敗に終わり、後に「余裕がなかった」「思い通りのプレーはできなかった」と語っている。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見た2010 FIFAワールドカップ

    2010年6月に開催された2010 FIFAワールドカップでは、全4試合に左サイドバックでフル出場を果たした。グループリーグ第1戦のカメルーン戦ではサミュエル・エトオを徹底マークし完封、第2戦のオランダ戦においては途中出場したエルイェロ・エリアのポジションに合わせて右サイドバックにポジションチェンジするなどエースキラーとして活躍し、日本代表の決勝トーナメント進出に大きく貢献した。同大会から国際サッカー連盟(FIFA)が導入したレーザー計測によると、長友のトップスピードは第1戦(カメルーン)では時速30.13キロ、第2戦(オランダ)では同26.70キロと、両試合共に対戦相手を含めて最速を記録した。また、この活躍により地元の愛媛県から愛媛県文化・スポーツ賞を授与された 。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見たジェノアCFC

    2011年1月31日、移籍金約2億円でチェゼーナへ完全移籍し、さらに冬の移籍市場の最終日となった同日、ダビデ・サントンとのトレードで、インテルへのシーズン終了までのレンタルが決定した。背番号は55番。2月6日、セリエA第24節のローマ戦でインテルでのデビューを飾り、3月6日の第28節ジェノア戦にてセリエA初得点を決めた。3月15日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのバイエルン・ミュンヘン戦では、途中出場で日本人4人目となるCL決勝トーナメント出場を果たし、アウェーでの勝利に貢献。準々決勝では内田篤人が所属するシャルケ04との対戦となり、CL初の日本人対決を演じ、2ndレグでは両チーム最長の走行距離を記録し、地元紙から高評価を得たものの、チームはここで敗退。5月22日のリーグ最終節カターニア戦ではリーグ戦2得点目を挙げた。5月29日、シーズン最終戦となったコッパ・イタリア決勝のパレルモ戦では右SBとしてフル出場し、イタリアでの初タイトルを手にした。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見た特別指定選手

    2007年3月に行われたFC東京との練習試合におけるFWのリチェーリとのマッチアップが当時の原博実監督など東京関係者の関心を引き、5月から特別指定選手としてFC東京の練習に参加。7月8日のナビスコカップ準々決勝の対横浜FM戦で途中起用され公式戦デビューを果たす。さらにU-22日本代表として北京オリンピックアジア二次予選のマレーシア戦に選出。右サイドバックで出場し、突破からの先制点に加えてPKを獲得するなどの活躍を見せた。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見たとんねるずのみなさんのおかげでした

    とんねるずのみなさんのおかげでした (2010年7月22日 - フジテレビ)長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見たAFCアジアカップ2011

    2011年1月に開催されたAFCアジアカップ2011では全6試合にフル出場(日本代表では長友と今野泰幸のみ)し、決勝のオーストラリア戦では試合途中に左サイドバックから左サイドハーフにポジションを上げて、李忠成の決勝点をアシストするなど日本代表のアジア制覇に貢献した。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見た2007年のJリーグカップ

    2007年3月に行われたFC東京との練習試合におけるFWのリチェーリとのマッチアップが当時の原博実監督など東京関係者の関心を引き、5月から特別指定選手としてFC東京の練習に参加。7月8日のナビスコカップ準々決勝の対横浜FM戦で途中起用され公式戦デビューを果たす。さらにU-22日本代表として北京オリンピックアジア二次予選のマレーシア戦に選出。右サイドバックで出場し、突破からの先制点に加えてPKを獲得するなどの活躍を見せた。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

148件中 81 - 90件表示

「長友佑都」のニューストピックワード