長妻昭 ニュース&Wiki etc.

長妻 昭(ながつま あきら、1960年〈昭和35年〉6月14日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(5期)。現在、民主党に所属している。厚生労働大臣(第11・12代)を歴任した。 (出典:Wikipedia)

「長妻昭」Q&A

  • Q&A

    山本太郎氏と小沢一郎氏と亀井静香氏と森ゆうこ氏と長妻昭氏と馬淵澄夫氏と玉木雄一郎氏と…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2016年11月6日 15:25

  • Q&A

    産経新聞、good jobですか。沖縄の2紙が報じない真実を報じていましたねえ。 《…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年10月31日 18:41

  • Q&A

    安倍首相が自民党改憲案を「僕ちゃん知らない、谷垣くんだもん」と大嘘! 安倍は改憲案に…

    [続きを読む]

    回答数:8質問日時 - 2016年10月5日 12:14

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「長妻昭」のつながり調べ

  • 藤田憲彦

    藤田憲彦から見た長妻昭

    2005年9月の衆議院選挙のボランティアをした事がきっかけで政治に興味を抱く。2006年9月、民主党の国会議員公募で合格し、参議院議員選挙のボランティアも経て、2007年12月18日に民主党東京都第4区総支部長に就任。2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙で民主党公認候補として東京都第4区から立候補し、10万67票を獲得して初当選。自由民主党の平将明を6484票差で破り初当選した(平も比例復活)。?2010年、民主党東京都連においては政調会副会長、常任幹事、および民主党大学東京副学長などを務める。党本部においては、ITのスペシャリストとして参議院選挙のホームページ戦略に関わり、広報委員会副委員長を務め、現在は広報委員長補佐として、党の広報インターネット生放送番組「スタジオ民主なう」のアンカーマンを務める。2010年に行われた2回の代表選においては菅直人を支持し、選対本部メンバーに加わる。代表選後は玄葉光一郎政調会長の下で政調会長補佐として政策のとりまとめに尽力する。また、蓮舫行政刷新担当大臣の下で、事業仕分け第3弾の再仕分けグループBの主査として長妻昭衆議院議員らと共に再仕分けの責任者となる。社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度の法案取りまとめ担当者。 民主党日豪議連の役員として日豪EPAの推進に尽力し、ジュリア・ギラード首相と親交があり、オーストラリアとのパイプを持つ。政調会長補佐、広報委員長補佐、幹事長補佐を歴任。(藤田憲彦 フレッシュアイペディアより)

  • 粕谷茂

    粕谷茂から見た長妻昭

    2000年の第42回衆議院議員総選挙で東京都第7区から出馬し、民主党の長妻昭に敗れ落選。落選後も再出馬の意向を示し、選挙区に大量のポスターを掲示して遊説を行っていたが、年齢制限により次回選では公認しない旨の通告を、小泉総裁の意を受けた武部勤幹事長から下され、政界引退を表明した。かつて「東京の知事は東京の人間が決める」と豪語して公然と党本部の意向と違う知事候補を擁立し勝利を収めた粕谷が、党本部から年齢制限により公認しないと言い渡されて出馬断念に追い込まれたことは、中選挙区制から小選挙区制への移行による力関係の変化を象徴する出来事であった(このとき、粕谷のような元職でなく前職であれば山中貞則・相澤英之など80代の候補が公認されていた)。(粕谷茂 フレッシュアイペディアより)

「長妻昭」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ