79件中 31 - 40件表示
  • 細川律夫

    細川律夫から見た長妻昭長妻昭

    1998年、旧民主党、民政党、新党友愛、民主改革連合が合流した民主党の結党に参加する。鳩山由紀夫内閣、菅内閣で厚生労働副大臣を務め、菅改造内閣では長妻昭に代わり、副大臣から昇格する形で厚生労働大臣に就任。翌2011年発足の再改造内閣でも留任した。同年9月に発足した野田内閣では政府から離れ、民主党の代議士会長に就任した。細川律夫 フレッシュアイペディアより)

  • CHANGE (テレビドラマ)

    CHANGE (テレビドラマ)から見た長妻昭長妻昭

    自民党の中川秀直元幹事長や石破茂元防衛大臣、民主党の長妻昭衆議院議員などの現役国会議員も視聴していることを公言していた。CHANGE (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 阿久津幸彦

    阿久津幸彦から見た長妻昭長妻昭

    「ミスター年金」との異名をとる長妻昭とは同期当選で現在も政策について語り合う仲である。阿久津幸彦 フレッシュアイペディアより)

  • 松本文明

    松本文明から見た長妻昭長妻昭

    2003年、第43回衆議院議員総選挙に東京都第7区から自民党公認で出馬したが、民主党公認の長妻昭に約35,000票差で敗れ、落選。2005年の第44回衆議院議員総選挙では自民党への強い追い風に乗り、長妻を破り当選を果たした(長妻も比例復活)。当選後、清和政策研究会・83会に入会した。小泉チルドレンの1人である。松本文明 フレッシュアイペディアより)

  • 中川秀直

    中川秀直から見た長妻昭長妻昭

    職務上知り得た秘密を捜査対象者に漏らす行為は国家公務員法違反、捜査妨害容疑に該当する可能性があり、野党から追及された。2000年10月26日の衆議院内閣委員会では仙谷由人や長妻昭らが中川に対し直接質問するなど、国会審議でも取り上げられた。中川秀直 フレッシュアイペディアより)

  • 長浜博行

    長浜博行から見た長妻昭長妻昭

    長妻昭厚生労働大臣(当時)の指示により厚生労働省内に発足した「若手プロジェクトチーム(PT)」(平均年齢33歳の職員34人)が6チームに分かれて、業務効率化やサービス改善策について無記名のアンケート調査を行った結果、「現在仕えている上司について、当てはまると思うものはどれか(複数回答)」という質問に対し「(政務三役の)おごりを感じる」という答えが48.0%、また自由意見に「政務三役から優先順位がなく現実的なスケジュール感のない宿題が山ほど出されていることが、問題」などがあった。2010年7月28日の報告会に出席した長妻昭厚労相はこの結果に沈黙していたが、長浜は「『おごっている』の意味が一体何を指しているのか。政治家は国民意識から離れている場合は選挙で負けるが、公務員にはそういった機能がない」と反論した。長浜博行 フレッシュアイペディアより)

  • WikiScanner

    WikiScannerから見た長妻昭長妻昭

    日本語版においても2007年、厚生労働省や農林水産省から大量の記事の編集が行われていたことが発覚した(以下日本語版ウィキペディアの場合参照)。厚労省からは消えた年金問題で政府を追及していた民主党衆議院議員・長妻昭に対する誹謗中傷、農水省からはガンダムの項目への大量の編集等がなされた。これを受け、両省の事務次官はそれぞれ記者会見で「遺憾である」とするコメントを発表した。この事件以後、各省庁内部のコンピュータシステムを、ウィキペディアの編集不可に設定変更するなど対処をしている。一方で、省庁外部のコンピュータによる改竄の可能性も一部では指摘されている。WikiScanner フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ニュースペーパー

    ザ・ニュースペーパーから見た長妻昭長妻昭

    結成メンバー(元ジョージボーイズ所属)。2004年に山本と共に独立し、MYMYとして活動。2009年に改名して復帰。主な役は田中真紀子、長妻昭、荒井聡、中川昭一、ミシェル・オバマなど。ザ・ニュースペーパー フレッシュアイペディアより)

  • 重複立候補制度

    重複立候補制度から見た長妻昭長妻昭

    過去には「名簿」上位の重複立候補者が若干存在したが(2000年衆院選は新進党時代の小選挙区から国替えした後藤斎と新進党時代は比例単独候補で本来希望した小選挙区の隣の区から出馬を余儀なくされた城島正光の2人、城島と同じ東京で旧民主党時代は比例単独候補の藤田幸久・石毛えい子、旧民主党時代の選挙区とは違う選挙区で出馬した長妻昭、1996年の衆院選でさきがけ現職として落選した選挙区から隣の区に国替えした宇佐美登は上位優遇されなかった。重複立候補制度 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田憲彦

    藤田憲彦から見た長妻昭長妻昭

    2005年9月の衆議院選挙のボランティアをした事がきっかけで政治に興味を抱く。2006年9月、民主党の国会議員公募で合格し、参議院議員選挙のボランティアも経て、2007年12月18日に民主党東京都第4区総支部長に就任。2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙で民主党公認候補として東京都第4区から立候補し、10万67票を獲得して初当選。自由民主党の平将明を6484票差で破り初当選した(平も比例復活)。?2010年、民主党東京都連においては政調会副会長、常任幹事、および民主党大学東京副学長などを務める。党本部においては、ITのスペシャリストとして参議院選挙のホームページ戦略に関わり、広報委員会副委員長を務め、現在は広報委員長補佐として、党の広報インターネット生放送番組「スタジオ民主なう」のアンカーマンを務める。2010年に行われた2回の代表選においては菅直人を支持し、選対本部メンバーに加わる。代表選後は玄葉光一郎政調会長の下で政調会長補佐として政策のとりまとめに尽力する。また、蓮舫行政刷新担当大臣の下で、事業仕分け第3弾の再仕分けグループBの主査として長妻昭衆議院議員らと共に再仕分けの責任者となる。社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度の法案取りまとめ担当者。 民主党日豪議連の役員として日豪EPAの推進に尽力し、ジュリア・ギラード首相と親交があり、オーストラリアとのパイプを持つ。政調会長補佐、広報委員長補佐、幹事長補佐を歴任。藤田憲彦 フレッシュアイペディアより)

79件中 31 - 40件表示