121件中 41 - 50件表示
  • 嘉山孝正

    嘉山孝正から見た長妻昭長妻昭

    2010年4月、嘉山が国立がん研究センター理事長に就任。同時に長年におよぶ財政悪化の元凶と言われる厚生労働省からの出向ポストをほぼ排除し、借金を大幅に圧縮した。これに対し厚労省サイドからは「仙谷由人グループのお手盛り人事ではないか」などと批判が起きたほか、さまざまな情報が長妻昭厚労相(当時)やマスコミに流された。『週刊現代』の記事のなかで大村秀章自民党国会対策副委員長(当時)も、嘉山の理事長就任を「極めて不可解」とし、国会で「嘉山は民主党支持者で仙谷の人脈。脳外科専門でがん研究ではほとんど実績がない。選んだメンバーの名前も出せない、経過も言えないとは行政の私物化だ」などと追及した。嘉山孝正 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見た長妻昭長妻昭

    28日 - 民主党が、同党の幹事長代行に現職の中川正春の他に、幹事長代理馬淵澄夫、元厚生労働大臣長妻昭、元行政刷新担当大臣蓮舫を追加任命。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 脳脊髄液減少症

    脳脊髄液減少症から見た長妻昭長妻昭

    厚労省も同研究班の研究の進捗を受け、2010年4月長妻昭厚労相は、2012年の診療報酬改定の際に同治療法の保険適用を検討することを明言した。同月、自費でブラッドパッチを行った患者であっても、それまでの検査などの費用が保険請求できる旨の通知も出されている。脳脊髄液減少症 フレッシュアイペディアより)

  • 平成維新の会

    平成維新の会から見た長妻昭長妻昭

    そのほか、同会事務総長に茂木敏充、事務局長に長島昭久、事務局長代理に長妻昭、事務局次長に風間直樹、事務局長補佐として花咲宏基、顧問として京セラ会長の稲盛和夫、日本労働組合総連合会会長の山岸章、出雲市長の岩國哲人、富士ゼロックス会長の小林陽太郎、朝日新聞編集委員の船橋洋一、北海道知事の横路孝弘らが就任した(肩書きはいずれも当時)。平成維新の会 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第7区

    東京都第7区から見た長妻昭長妻昭

    年金記録問題で知名度を上げた後、厚生労働大臣を務めた民主党→立憲民主党の長妻昭の地盤。東京都第7区 フレッシュアイペディアより)

  • 七人の侍 (民主党)

    七人の侍 (民主党)から見た長妻昭長妻昭

    7名のうち4名が青山会(旧樽床G)の中心メンバー・構成員を務める。基本は小沢一郎に協力的だが、7人中5人が反小沢派のグループ出身者であるため、反小沢派の議員にも協力的な一面を持っている。実際、菅直人首相の後任を決める2011年民主党代表選挙で細野豪志は反小沢系である七奉行の一人である前原誠司の推薦人となる。2011年3月に前原の後任になる外務大臣に初入閣となる松本剛明が就任し、2011年6月の震災人事にて細野が内閣府特命担当大臣として初入閣し、野田内閣に変わってから環境大臣に横滑りした。樽床は幹事長代行に就任した。三度目の内閣改造では細野は党の政調会長に就任、樽床伸二は総務大臣として、三井辨雄は厚生労働大臣として初入閣し、2012年の衆議院解散までに閣僚経験者となったのは7人中4人で(それに対し、後に六人衆に加わることとなる安住淳とメンバーの1人・樽床が所属する七奉行は全員閣僚経験者)、樋高剛は民主党が政権を取ってから自身が離党するまで1回も閣僚になることはなかった。衆議院議員選挙では、細野と松本は再選を果たしたが、樽床・三井・伴野の3人は落選した。その後の海江田執行部で細野は党幹事長に就任するが、第23回参議院議員通常選挙での敗北を受け辞任した。以降細野と松本は、七奉行(現6人衆)の前原と同調し、日本維新の会との合流を模索するようになるが、その矢先、政府与党が消費税増税の先送りの是非を問うため衆議院は解散され、その後の衆議院議員選挙では、小選挙区では細野と松本のみ再選を果たしたが、樽床は比例復活も叶わず落選。伴野は小選挙区で落選するが、比例復活を果たし政界復帰を果たした。先の衆院選で落選した海江田万里の後任を決める民主党代表選では細野は立候補し、松本が推薦人に名を連ねるが、自主再建派の岡田克也とリベラル系の長妻昭との3つ巴となった。1回目の投票では地方議員票と国会議員票で優位に立ち1位となるが、決選投票では長妻陣営の内大畠グループを取り込み票を伸ばすも2位の岡田に逆転され敗北した。七人の侍 (民主党) フレッシュアイペディアより)

  • 林野庁

    林野庁から見た長妻昭長妻昭

    2010年10月に行われた行政刷新会議の「事業仕分け」では、国有林野事業特別会計と森林保険特別会計も爼上にのぼった。「ワーキンググループB」(長妻昭ほか)は林野庁の示した改革案と同様に国有林野事業特別会計を「一部廃止し、一般会計化する」、「負債は区分経理して国民負担を増やさない」との評価結果を出した。森林保険特別会計は、同様にワーキンググループBが、「廃止(国以外の主体へ移管)(早急に、移管する主体を検討。それまでの間、暫定的に区分経理を維持。)」、資金のあり方については「積立ての水準を見直し、現在の保険料水準に反映」との評価結果を出した。林野庁 フレッシュアイペディアより)

  • 電磁波

    電磁波から見た長妻昭長妻昭

    疫学調査の正確性に対し疑問が投げかけられることもたびたびある。日本では、2003年に衆議院議員の長妻昭によって、国立環境研究所が行った「生活環境中電磁界による小児の健康リスク評価に関する研究」が国会で取り上げられた。長妻はこの研究報告の電気毛布等の小児白血病・脳腫瘍発症への影響に関するデータについて触れ、15 歳以下の小児の電気毛布等の仕様に関する健康リスク評価および電磁波の影響に対する評価の正当性に疑問を呈した。この研究について政府は、交絡要因除去のための調査データであり電気毛布使用に対する健康リスク評価は直接行っていない、とし、調査そのものの正当性に関する指摘に対しては、「優れた研究ではなかった」との評価がなされたところである、と回答している。電磁波そのものの影響については、子供部屋の平均磁界強度が 0.4 μT 以上の場合のみ健康リスクが上昇すること等が示唆されているが「本研究の結果が一般化できるとは判断できない」、と回答している。電磁波 フレッシュアイペディアより)

  • 特定郵便局

    特定郵便局から見た長妻昭長妻昭

    2003年(平成15年)7月に、長妻昭衆議院議員からの質問主意書に対する日本国政府が返した答弁書では以下の見解が出された。特定郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 精神保健の歴史

    精神保健の歴史から見た長妻昭長妻昭

    政権交代が起こり、自公連立政権が下野し民社国連立政権が登場。鳩山内閣の長妻昭厚生労働大臣は障害者自立支援法の廃止を明言。精神保健の歴史 フレッシュアイペディアより)

121件中 41 - 50件表示

「長妻昭」のニューストピックワード