121件中 61 - 70件表示
  • 質問主意書

    質問主意書から見た長妻昭長妻昭

    細田博之内閣官房長官(当時)は2004年8月5日の記者会見で、民主党の長妻昭代議士の質問主意書を手に取り、「『自分は質問主意書日本一だ』と自慢して、選挙公報に出している人までいる。非常に行政上の阻害要因になっている」と発言し、質問主意書制度の運用の見直しに着手することを表明した。これに対し野党は「国政調査権の制限である」と強く反発し、民主党の川端達夫国会対策委員長(当時)は「国民の付託を受けてわれわれが要求することに、(官僚が)徹夜してでもしっかりと対応するのは当然だ」と発言し、与野党の議論が紛糾した。その後の与野党の協議の結果、衆議院の議院運営委員会で、「事前に主意書の内容を各党の議院運営委員会の理事がチェックする」ことで合意した。質問主意書 フレッシュアイペディアより)

  • 長浜博行

    長浜博行から見た長妻昭長妻昭

    厚生労働大臣だった長妻昭の指示により厚生労働省内に発足した「若手プロジェクトチーム(PT)」(平均年齢33歳の職員34人)が6チームに分かれて、業務効率化やサービス改善策について無記名のアンケート調査を行った結果、「現在仕えている上司について、当てはまると思うものはどれか(複数回答)」という質問に対し「(政務三役の)おごりを感じる」という答えが48.0%、また自由意見に「政務三役から優先順位がなく現実的なスケジュール感のない宿題が山ほど出されていることが、問題」などがあった。2010年7月28日の報告会に出席した長妻はこの結果に沈黙していたが、当時厚生労働副大臣を務めていた長浜は「『おごっている』の意味が一体何を指しているのか。政治家は国民意識から離れている場合は選挙で負けるが、公務員にはそういった機能がない」と反論した。長浜博行 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤祐一

    後藤祐一から見た長妻昭長妻昭

    2017年9月の民進党代表選挙後、前原誠司新代表の下で民共共闘に前向きな枝野幸男代表代行や長妻昭選対委員長が執行部入りしたことを受け、「(民共共闘見直しを主張していた)前原誠司新代表が、代表選の中で言っていた主張を貫けるのか」と懸念を示し、その後離党を検討していることが報じられた。後藤は離党報道による混乱の責任を取るとして、10日夜に神奈川県連代表の辞表を提出し、11日夜の県連臨時役員会で受理された。12日に大島敦幹事長から慰留を受け、態度を保留していたが、14日に離党の意向を表明した。15日には離党届を提出し、離党理由について「今の民進党では受け皿たりえない」「中道を旨とする新しい政治勢力を目指したい」と述べ、8月に離党した細野との連携に意欲を示した。民進党は「重大な反党行為」として離党届を受理せず19日付で除籍(除名)処分とした。小選挙区選出議員の離党届は原則として受理されてきたが、大島は処分理由について、代表選直後に党の結束を乱す行為であり「(比例も小選挙区も)党勢をそぐ罪の重さは同じ」と説明した。後藤祐一 フレッシュアイペディアより)

  • 牛タン戦術

    牛タン戦術から見た長妻昭長妻昭

    同年5月31日の衆議院本会議における社会保険庁改革関連法案と年金時効撤廃特例法案の採決に先立ち提出された柳澤伯夫厚生労働大臣の不信任決議案では、民主党の長妻昭が提案説明に1時間47分をかけ採決の引き延ばしを図るなどした。このため、河野洋平衆議院議長が本会議を翌6月1日に延長する手続きをとり、両法案の採決は深夜に行われることとなった。牛タン戦術 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋進

    小嶋進から見た長妻昭長妻昭

    耐震強度偽装問題 ワルの本丸を暴く!(宮崎学・ぶんか社・2006年3月) 宮崎が耐震強度偽装問題の核心に迫る。小嶋や長妻昭との対談あり。小嶋進 フレッシュアイペディアより)

  • 第168回国会

    第168回国会から見た長妻昭長妻昭

    12日 - 安倍が内閣総理大臣の辞意を表明。衆議院において午後1時から予定されていた民主党政策調査会長代理長妻昭、民主党幹事長鳩山由紀夫の代表質問(国務大臣の演説に対する質疑)は議院運営委員会での協議の結果「会議を開くに至らない」事態に。安倍は自由民主党総裁も辞任し、国会は9月25日に首班指名が行われるまで事実上機能を停止した。第168回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 粕谷茂

    粕谷茂から見た長妻昭長妻昭

    2000年の第42回衆議院議員総選挙で東京都第7区から出馬し、民主党の長妻昭に敗れ落選。落選後も再出馬の意向を示し、選挙区に大量のポスターを掲示して遊説を行っていたが、年齢制限により次回選では公認しない旨の通告を、小泉総裁の意を受けた武部勤幹事長から下され、政界引退を表明した。かつて「東京の知事は東京の人間が決める」と豪語して公然と党本部の意向と違う知事候補を擁立し勝利を収めた粕谷が、党本部から年齢制限により公認しないと言い渡されて出馬断念に追い込まれたことは、中選挙区制から小選挙区制への移行による力関係の変化を象徴する出来事であった(このとき、粕谷のような元職でなく前職であれば山中貞則・相澤英之など80代の候補が公認されていた)。粕谷茂 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次安倍内閣 (改造)

    第1次安倍内閣 (改造)から見た長妻昭長妻昭

    9月10日召集の第168回国会で安倍は「職責を果たし全力を尽くす」と所信表明演説を行なった。しかし9月12日の正午過ぎにテロ対策特別措置法の延長が厳しくなったこと、野党との党首会談で問題を解決できそうもないことなどを受け国会対策委員長の大島理森に首相辞任の意向を伝え、午後2時からの記者会見で正式に首相辞任の意向を表明した。当日は、午後1時から所信表明演説に対する民主党の鳩山由紀夫、長妻昭から代表質問が行われる予定だったが、それを目前にしての辞任表明であったため、政権交代を目指す民主党議員たちからも大いに驚きを持って受け止められた。第1次安倍内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • 第3次安倍内閣

    第3次安倍内閣から見た長妻昭長妻昭

    2015年5月、民主党衆議院議員の長妻昭の質問主意書に対して、1991年及び1992年の国連平和維持活動協力法の審議において当時首相を務めていた宮澤喜一が示していた海外での武力行使は「許されない」との見解を変更し、5月19日の閣議において武力行使の新3要件を満たすものであれば他国領域での武力行使も許されないわけではないとする政府答弁書を決定した。第3次安倍内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 日本年金機構

    日本年金機構から見た長妻昭長妻昭

    しかし、厚生労働大臣となった長妻昭は、民間からの内定者がいることや、不動産契約なども進んでいることから、これを凍結すれば現場が混乱が生じると判断し、日本年金機構を、予定通り2010年(平成22年)1月1日に発足させ、同日、社会保険庁は廃止された。日本年金機構 フレッシュアイペディアより)

121件中 61 - 70件表示

「長妻昭」のニューストピックワード