121件中 71 - 80件表示
  • 後期高齢者医療制度

    後期高齢者医療制度から見た長妻昭長妻昭

    2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では、民主党は制度廃止をマニフェストに掲げた。しかし政権交代後、長妻昭厚生労働相は廃止の前提となる老人保健制度の復活は、全国の自治体や医療関係者の反対が強いため現実的でないとして断念。新制度を創設する方針を固めた。また2010年の第22回参議院議員通常選挙では2013年の制度廃止をマニフェストに掲げたが、2012年の提出予定法案では自民・公明両党の主張に歩み寄った一部修正にとどまった。2012年6月15日、民主・自民・公明3党は、廃止問題を事実上棚上げし、有識者や国会議員による「国民会議」で議論することに合意した(社会保障国民会議)。後期高齢者医療制度 フレッシュアイペディアより)

  • 松本文明

    松本文明から見た長妻昭長妻昭

    1985年、自民党から東京都議会議員選挙に立候補し初当選。都議を4期務め、都議会自民党幹事長等を歴任。2003年、第43回衆議院議員総選挙に東京7区から自民党公認で立候補したが、民主党公認の長妻昭に16,303票差で敗れ、落選。松本文明 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久津幸彦

    阿久津幸彦から見た長妻昭長妻昭

    長妻昭とは同期当選で現在も政策について語り合う仲である。阿久津幸彦 フレッシュアイペディアより)

  • 七奉行の会

    七奉行の会から見た長妻昭長妻昭

    海江田の後任を決める民主党代表選では岡田が海江田の意思を継ぎ出馬。安住・野田が推薦人に名を連ね、玄葉・枝野は岡田を支持する中、野党再建派の前原は対抗馬である細野を支援すると表明。野党再編に関しては岡田と同じ考えを持つリベラル系の長妻昭と3つ巴となる。投票の結果、野党再編派の細野が僅差で1位だったが、過半数に達していなかったため決選投票となり、1位の細野と僅差で差を縮めた岡田が細野を抜き勝利。9年ぶりに代表に返り咲いた。七奉行の会 フレッシュアイペディアより)

  • ホメオパシー

    ホメオパシーから見た長妻昭長妻昭

    日本では諸外国と同じく公的保険の対象にはなっていない。しかし2010年(平成22年)1月28日の予算委員会で民主党の長妻昭厚生労働大臣が統合医療の研究に関する発言において代替医療の1つとしてホメオパシーについて言及を行った。ホメオパシー フレッシュアイペディアより)

  • 高齢者所在不明問題

    高齢者所在不明問題から見た長妻昭長妻昭

    長妻昭厚生労働大臣は所在確認の出来ない年金受給者は2011年2月までに支給を差し止めると発表した。高齢者所在不明問題 フレッシュアイペディアより)

  • 黒岩宇洋

    黒岩宇洋から見た長妻昭長妻昭

    2015年1月22日、党の役員に就任、執行部入りで国民運動委員会委員長、兼青年委員会委員長を担当する。同年3月5日、党の「政治改革・国会改革推進本部」の本部長に枝野幸男幹事長、顧問に長妻昭代表代行と共に事務局長に就任する。同年4月10日、党の「政治資金規正法改正案」を政治改革推進本部の事務局長(筆頭提出者)として衆議院事務総長に提出。同年5月19日、衆院本会議において「刑事訴訟法等一部改正案」について代表質問を行った。黒岩宇洋 フレッシュアイペディアより)

  • ニュースJAPAN

    ニュースJAPANから見た長妻昭長妻昭

    2005年(平成17年)に国会で審議された「障害者自立支援法」に関連した企画。他のニュース番組でほとんど取り上げられることが無かったこの法案について、障害当事者の視点から、通常のニュースと一緒に取り上げた。障害者自立支援法の問題点を的確に抉り出していたことで評価する声がある反面、一部の障害者団体からは事実と違うと名指しで批判された。この問題は、番組内で継続して取り上げていたが、滝川が担当する最終日となる2009年(平成21年)9月25日の特集コーナーで、滝川は民社国連立政権に就任直後の厚生労働大臣長妻昭との単独インタビューを実施、「(滝川)ラストインタビュー」と題して放送され終了した。ニュースJAPAN フレッシュアイペディアより)

  • 増子輝彦

    増子輝彦から見た長妻昭長妻昭

    2015年の民主党代表選挙では長妻昭の推薦人に名を連ねるが、長妻は1回目の投票で最下位に終わった(当選者は岡田克也)。増子輝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年民主党代表選挙

    2009年民主党代表選挙から見た長妻昭長妻昭

    5月10日以前の民主党内では、西松事件に絡む小沢一郎の公設第一秘書逮捕に伴い小沢の求心力が低下していた。また各種世論調査でも党勢に陰りが見られた。これを受けて小沢は5月11日に辞任を表明、代表選が行われることとなった。代表選の日程については5月12日午前の党役員会・役員会後の常任幹事会・夕方の両院議員総会において5月16日に立候補受付・投開票とすることが決定した。党役員会の際、代表選の投票権者の範囲について、政調会長代理の長妻昭ら4名が執行部案の国会議員だけではなく、さらに広げるべきだと主張したが、小沢は「長妻、安住、野田、福山の4人組!お前らいつも反対反対と、最後くらい言うことを聞け!」と強く反対、副代表の北澤俊美による異論にも「北澤先生ともあろう方がこんなことを言うとは信じられない!」と言って押し切った。また常任幹事会、両院議員総会でも異論が出たが、最終的には執行部案のまま押し切られることとなった。2009年民主党代表選挙 フレッシュアイペディアより)

121件中 71 - 80件表示

「長妻昭」のニューストピックワード