205件中 21 - 30件表示
  • 長妻昭

    長妻昭から見た野中広務

    2007年10月の衆議院厚生労働委員会における長妻の「与党というものは一度でも(政府の)不祥事を追及したことがあるのか」という発言が、自由民主党の茂木敏充厚生労働委員長により会議録から削除されていたことが判明した。これに対し、長妻は2008年2月8日、衆議院予算委員会で「今は戦前ですか?戦時中ですか!」と与党を批判し、削除された発言の復帰を求めた。その後も国会において再三抗議し、記録の回復を求めた。2008年3月26日、茂木敏充厚生労働委員長は長妻の発言は議場からの不規則発言に対して発言したものであるため、「発言者は、私語に応酬することができない」としている本会議先例集に基づき削除したと説明した。通常こうした行為は理事会の合意を得て行うのが慣例であり、委員長の職権で削除したのは極めて異例。国会の会議録削除は野中広務の発言以降、11年ぶりであった。2008年5月14日・28日の厚生労働委員会では、長妻が同委員会に配布予定にしていた資料(「発言者は、私語に応酬することができない」という理由で委員の発言を削除した先例は衆議院と参議院でもなかったとする資料2枚)を理事会が配布しなかったことについて抗議し、説明を求めた。茂木敏充委員長は理由として「理事会で不適切と判断された」「他の委員や参考人は(資料を)自分で配っている」などと説明した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た手塚仁雄

    消えた年金問題で知り合った山井和則と特に親しく、長妻は自著のあとがきで山井を「一生の友」と称している。また枝野幸男、手塚仁雄らと親しい。また、樽井良和は側近格だった。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た赤松広隆

    同年12月末、元農林水産大臣赤松広隆ら党内リベラル勢力の支援を受けて2015年1月の民主党代表選挙に出馬を表明。支持基盤が重なっている元農林水産副大臣篠原孝との候補1本化に成功し、推薦人に赤松や篠原の他、政界での盟友(後述)山井和則、慶応大の後輩で平成維新の会へも共に参加した風間直樹らが名を連ねたが、3位となり決選投票に進めず敗北。岡田発足後は党代表代行に就任した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た前原誠司

    大前研一は、官僚と上手に折り合いをつけていた前原誠司に比べて長妻には真面目すぎる側面があるため、官僚からの受けは良くなかっただろうとしている。その一方でマスコミの論調は長妻を非難する傾向が強いが、長妻の政治家としての力量とは無関係に報道機関の企業体質に依るところも大きいと指摘。国民はこうした報道機関と政治家の関係を知った上でニュースを読み解くように心がけるべきであり、報道内容をそのまま鵜呑みにしてしまうと大きな勘違いをしてしまうと忠告している。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た政治献金

    政党支部への企業団体献金の禁止に賛成。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た日本電気

    東京都練馬区生まれ。東京都立練馬高等学校、慶應義塾大学法学部卒業。大学卒業後、日本電気(NEC)に入社し、大型コンピューターの営業職を務める。その後日経ビジネスの記者に転職し、主に金融、行政、政治分野を担当した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た政治家

    長妻 昭(ながつま あきら、1960年〈昭和35年〉6月14日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(7期)、立憲民主党代表代行・政務調査会長・東京都総支部連合会代表。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た厚生労働省

    2009年9月17日に厚生労働省に初登庁したが、出迎えた職員からは拍手もなく、終始緊張感のただよう初登庁であった。その後の訓示では、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)の冊子を手にしながら、マニフェストを「ある意味、国民と新しい政府との契約書、あるいは命令書と考えてもよい」と訓示した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た鳩山由紀夫内閣

    厚生労働大臣(第11代・第12代)、民進党代表代行、民主党幹事長代行、民主党代表代行などを歴任した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た官僚

    2004年8月5日の記者会見で、細田博之内閣官房長官(当時)は長妻の質問主意書を手に取り、「『自分は質問主意書日本一だ』と自慢して、選挙公報に出している人までいる。非常に行政上の阻害要因になっている」と指摘した。また翌2005年2月7日の衆議院予算委員会における審議中、細田官房長官は質問主意書の答弁書作成について「これが大変なサービス残業になって、しかも、エリートでない官僚のことで」と発言。長妻はこれに対し、2008年12月1日に「質問主意書の答弁書作成等に関する質問主意書」を提出した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

205件中 21 - 30件表示

「長妻昭」のニューストピックワード