133件中 51 - 60件表示
  • 長妻昭

    長妻昭から見た年金

    2002年(平成14年)9月の民主党代表選挙では菅直人の推薦人に名を連ね 、2009年(平成21年)5月の民主党代表選挙では、若手の有力候補として名が上がったものの出馬せず、岡田克也の推薦人となった。民主党内では2007年(平成19年)9月から「次の内閣」年金担当大臣を務め、年金記録問題に関して政府を追及し「ミスター年金」の異名をとった。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た自公政権

    2009年(平成21年)10月4日、 2008年(平成20年)6月に、民主党が参議院で可決させた「後期高齢者医療制度を即時廃止し、老健を復活させる法案」の実現を諦め、自公政権の政策(後期高齢者医療制度の継続と老人保健制度の復活の断念すること)を発表した。。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見たサンデープロジェクト

    テレビ朝日系列の『サンデープロジェクト』に出演した際には、田原総一朗から、「民主党は長妻さんに5000万くらいボーナスを出すべきですよ」と冗談を受けた。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た事務次官

    2007年(平成19年)8月、WikiScannerでの検索により、2006年(平成18年)4月5日に厚生労働省から接続のIPユーザーより当項目に書込みがあったことが発覚。長妻を誹謗中傷する内容であったため、厚生労働事務次官が「遺憾である」とコメントした。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た消えた年金

    中でも、消えた年金問題で知り合った山井和則と特に親しく、長妻は自著のあとがきで山井を「一生の友」と称している。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た労働者派遣事業

    2009年12月6日、労働者派遣事業における製造業の単純業務への派遣・受け入れを労働者派遣法で禁止したい旨表明。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た日本学術会議

    2010年(平成22年)8月24日、日本学術会議はホメオパシーに関する会長談話を発表した。これを受けて、長妻は「本当に効果があるのかないのか、厚労省で研究していく」と述べ、ホメオパシーを含む代替医療に関し、聖路加国際病院の福井次矢院長を主任研究者とする研究班を設置した。これに関して、既に科学的に否定されているホメオパシーに関して、国が予算を出して「研究」することは、血税の無駄遣いだとの批判が出ている。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見たマニフェスト

    2009年(平成21年)9月17日、厚生労働大臣として初登庁したが、職員からの拍手もなくピリピリムードの船出となった。その後の訓示では、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)の冊子を手にしながら、マニフェストを「ある意味、国民と新しい政府との契約書、あるいは命令書と考えてもよい」と訓示した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見たターミナルケア

    2008年(平成20年)5月11日、フジテレビの報道番組で、「終末期医療について患者の意思を聞く厚労省の方針は間違っている。患者の意思に関わらずできる限りの終末期医療を行うべき」との趣旨の内容を述べた。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た行政刷新会議

    2009年(平成21年)11月14日、行政刷新会議で厚生省の立場を説明するために局長級の官僚を派遣。その議論の様子をテレビで見た「仕分け人に対する局長級の説明能力が低い」と指摘した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

133件中 51 - 60件表示