133件中 81 - 90件表示
  • 長妻昭

    長妻昭から見た第45回衆議院議員総選挙

    2000年(平成12年)6月25日、東京7区に立候補していた第42回衆議院議員総選挙において自民党・大勇会の現職・粕谷茂を破って初当選。続く第43回総選挙(2003年11月9日)でも同小選挙区で再選された。第44回総選挙(2005年9月11日)では松本文明に敗北したものの、比例復活により3選を果たした。2009年(平成21年)8月、第45回衆議院議員総選挙では次点となった松本にダブルスコアの大差を付けて4選し、2012年(平成24年)12月、第46回衆議院議員総選挙でも選挙区で勝利し5選を果たした。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た民主党 (日本 1998-)

    長妻 昭(ながつま あきら、1960年〈昭和35年〉6月14日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(5期)。現在、民主党に所属している。厚生労働大臣(第11・12代)を歴任した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た重複立候補

    1995年(平成7年)、第17回参議院議員通常選挙に平成維新の会公認候補として立候補するも落選。その後、新党さきがけを経て旧民主党結党に参加した。1996年(平成8年)、第41回衆議院議員総選挙・東京10区及び比例東京ブロックに重複立候補したが自民党元職で当時清和研で後に志帥会旗揚げ参加の小林興起に完敗し落選、次点も小選挙区のみ出馬の新進党現職鮫島宗明に奪われた。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た花斉会

    特定の党内グループには属していないが、国のかたち研究会や凌雲会、花斉会所属議員を中心にシンパが多数存在する。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た新進党

    1995年(平成7年)、第17回参議院議員通常選挙に平成維新の会公認候補として立候補するも落選。その後、新党さきがけを経て旧民主党結党に参加した。1996年(平成8年)、第41回衆議院議員総選挙・東京10区及び比例東京ブロックに重複立候補したが自民党元職で当時清和研で後に志帥会旗揚げ参加の小林興起に完敗し落選、次点も小選挙区のみ出馬の新進党現職鮫島宗明に奪われた。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た鈴木宗男事件

    2002年(平成14年)3月に鈴木宗男事件が発覚した際、鈴木宗男を2回も総理特使とした小泉内閣に対して、外務省疑惑と絡めて鈴木宗男が総理特使に不適格ではないかとする観点で質問主意書を内閣に出している。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た代替医療

    2010年(平成22年)8月24日、日本学術会議はホメオパシーに関する会長談話を発表した。これを受けて、長妻は「本当に効果があるのかないのか、厚労省で研究していく」と述べ、ホメオパシーを含む代替医療に関し、聖路加国際病院の福井次矢院長を主任研究者とする研究班を設置した。これに関して、既に科学的に否定されているホメオパシーに関して、国が予算を出して「研究」することは、血税の無駄遣いだとの批判が出ている。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た証人喚問

    2005年(平成17年)11月17日に発覚した耐震強度偽造問題では参考人質疑・証人喚問・政治倫理審査会において伊藤公介元国土庁長官などを同じ民主党議員の馬淵澄夫などと共に追及した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た日本

    長妻 昭(ながつま あきら、1960年〈昭和35年〉6月14日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(5期)。現在、民主党に所属している。厚生労働大臣(第11・12代)を歴任した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長妻昭

    長妻昭から見た朝鮮民主主義人民共和国

    2006年(平成18年)10月15日、自民党の政調会長だった中川昭一がテレビ番組内で当時の北朝鮮による核兵器実験を受け、日本の核武装について「議論を尽くすべき」とコメントしたことについて「非常に不謹慎」と述べた。また「北朝鮮に核実験をさせた責任の一端が日本の国会にないとは言えない」として「どういうところに問題があり、その核実験が強行されてしまったのか」と質問した。長妻昭 フレッシュアイペディアより)

133件中 81 - 90件表示