前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
265件中 1 - 10件表示
  • 生物学における不老不死

    生物学における不老不死から見た寿命寿命

    多くの動物を含む一部の真核細胞生物では、その個体の生命活動期間がいわゆる寿命によって生理的に制限されているように見える種がある。そういった生物で不老不死を実現するためには、老化・寿命を取り除く必要がある。よく誤解されるが、動物以外の大多数の多細胞生物にはいわゆる老化や寿命といった現象は認められていない。寿命や老化が認められるのは真核細胞生物の一部種のみであり、属するおそらくは大多数の種において老化や寿命が認められる分類群は動物のみである。動物においても腔腸動物や扁形動物など属するほとんどの種に寿命が認められていない分類群は多く存在する(ちなみにベニクラゲの特異性はクラゲ(有性生殖状態:寿命有り)からポリプ(栄養状態・無性増殖状態:寿命が認められていない)に戻ることであって、不老性そのものではない)。動物以外では、ゾウリムシや酵母などで動物の老化とよく似た現象が認められるが、そのプロセスは様々である。以下に記述された論は哺乳類を含む一部動物の老化・寿命の原因としての仮説や知見である。生物学における不老不死 フレッシュアイペディアより)

  • 老化

    老化から見た寿命寿命

    例えばヒト(哺乳類)の老化では加齢とともに胸腺の萎縮の他、様々な変化、機能低下が見られる。老年疾患・老人病には、骨粗鬆症、認知症、動脈硬化性疾患などがある。多くの動物ではいくら環境条件などを整えてもこのような生理機能の低下が起き(老化し)誕生以来一定期間以内に死に至る寿命が存在する。老化 フレッシュアイペディアより)

  • 命

    から見た寿命寿命

    あらゆるものに命は宿っており、使命を持っているとする考え方であり、寿命が尽きても新たな命を育むと考えられている。この様な場合には、「魂」と同様に用いられている。狭義には、生物の根源である生命と同義である。命あるものとないものの境界は必ずしも明確ではなく、例えば、ウイルスが生命体であるか否かは諸説ある。 フレッシュアイペディアより)

  • ベニクラゲ

    ベニクラゲから見た寿命寿命

    有性生殖能を獲得するまでに発生が進んだ個体(クラゲ類ではクラゲ)が未成熟の状態(クラゲ類ではポリプ)に戻る例は、後生動物としては本種と軟クラゲ目のヤワラクラゲ(Laodicea undulata)でのみ報告されている。動物におけるこのような細胞の再分化は分化転換(transdifferentiation)と呼ばれる。論理的にはこの過程に制限はなく、これらのクラゲは通常の発生と分化転換を繰り返すことで個体が無限の寿命を持ち得ると予想されている。そのため、「不老不死(のクラゲ)」と称される場合もある。ただしこれは、老化現象が起こらないわけではなく若い状態に戻るだけなので、より厳密にいえば若返りである。ちなみに腔腸動物でポリプに老化現象や寿命が認められないことは珍しくなく、むしろ大多数の種で老化や寿命はないであろうと思われている。ベニクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • 抗酸化物質

    抗酸化物質から見た寿命寿命

    ビタミンは、生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではあるが生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物であり、各種ビタミン欠乏症は寿命を縮めることがあるが、過剰なビタミンが寿命を延ばすとの報告はほとんどない。抗酸化物質 フレッシュアイペディアより)

  • 貧困

    貧困から見た寿命寿命

    貧困、特に著しい貧困は病気や飢餓、短い寿命をもたらす。貧困によって十分な食糧・清潔な水・必要な医薬品などを得られない場合、多くの人々(とりわけ弱者である子供)に様々な病気がもたらされる。中には治療の困難な病気もあるが、多くの人々が下痢による脱水症状、百日咳、肺炎、マラリアなどの治療され得るもので死んでいる。また、飢餓によって餓死したり、栄養不足で失明したり、ヨード欠乏症などになるものも多い。貧困 フレッシュアイペディアより)

  • 目玉おやじ

    目玉おやじから見た寿命寿命

    『まぼろしの汽車』(アニメ第2作第26話)にて使用。時を遡る汽車を召喚し、乗った者の状態を過去に戻す。吸血鬼ピーに吸血鬼にされた鬼太郎や村人達をこれで元に戻した。この術は親が子を思う強い心があってこそ可能。「逆モチ殺し」よりさらに消耗が激しく、1ヶ月は起き上がれないほどのダメージを受ける上に、寿命が10年縮む。使用後に目玉は倒れ、次回まで入院する破目になった。アニメ第3,4作ではこの汽車は閻魔大王の管理下にあり、使用者が消耗する様子は見られない。目玉おやじ フレッシュアイペディアより)

  • 原子核崩壊図

    原子核崩壊図から見た寿命寿命

    崩壊する原子核が半数になるまで崩壊する時間を半減期、1/e(ネイピア数分の1)になるまでの時間を寿命と呼ぶ。崩壊を起こす核を不安定核、起こさない核(もしくは太陽系の年齢より十分長い寿命を持つ核)を安定核という。原子核崩壊図 フレッシュアイペディアより)

  • スパイラル蛍光灯

    スパイラル蛍光灯から見た寿命寿命

    スパイラル蛍光灯は、水銀灯の省エネルギー化ランプとして開発された。省エネルギーにはLEDランプが主流ではあるが、コストが高い事もあり、導入され難い状況である。そこで、比較的安価な蛍光灯タイプの水銀灯の代替品として注目されている。水銀灯に比べて1/4程度まで省電力となり、LED並みの省電力である。寿命は水銀灯と同等レベルが少し短めであるが、コストが安価で導入しやすい。スパイラル蛍光灯 フレッシュアイペディアより)

  • 吸収缶

    吸収缶から見た寿命寿命

    しばしば、問題の気体が充満した室内に、開封された状態で 吸収缶が保存されている現場が在るが、それでは吸収缶の寿命を減じてしまう。保管にも気を遣う必要がある。吸収缶 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
265件中 1 - 10件表示

「長寿日本一」のニューストピックワード