265件中 91 - 100件表示
  • 構造用合板

    構造用合板から見た寿命寿命

    合板の寿命については、少なくとも20 - 30年程度は問題ないとされている。しかし、規格が定まってからの使用実績の期間が長くないため、何十年までなら十分な強度を保てるか、実績を根拠とした超長期の保証はなされていない。乾燥した環境であれば、終戦直後に建設された、耐水性の低いユリア系接着剤を用いた合板による木造建造物であっても、健全な状態で残っているのに対し、高湿度の環境では耐水性の高い材料を用いたものでも早く劣化する。構造用合板 フレッシュアイペディアより)

  • カロリー制限

    カロリー制限から見た寿命寿命

    カロリー制限 (Caloric restriction: CR) は、研究されている全ての生物、酵母などの単細胞生物から虫、ハエ、ネズミあるいは霊長類などの多細胞生物において、寿命の延長と老化に関連する病気の減少をもたらすことが示されている。カロリー制限 フレッシュアイペディアより)

  • ホンモロコ

    ホンモロコから見た寿命寿命

    繁殖期は3 - 7月頃で、この時期になると大群で湖岸や水路に押し寄せ、1匹のメスを数匹のオスが追尾して、湖岸に生えている柳の根、草の根やヨシなどに産卵する。産卵する水深は浅く、数cm で有るため水位変動の影響を受けやすい。孵化後、半年から1年で繁殖能力を備える。寿命は2 - 3年程度だが、産卵直後に死んでしまう個体も多い。ホンモロコ フレッシュアイペディアより)

  • 地球人

    地球人から見た寿命寿命

    頭部には思考を行うための器官である脳があり、目・鼻といった感覚器および、栄養の摂取と呼吸を行うための口を持つ。また、頭部には毛髪がある。右手、左手、右足、左足の1対の手と1対の脚を持ち、直立二足歩行を行う。男と女の二種類の性を持ち、有性生殖で子供をもうける。子供はおよそ20年ほどで成人する。肌の色は白色や茶褐色で人種によって異なる。寿命はおよそ80年。地球人 フレッシュアイペディアより)

  • 天外魔境II 卍MARU

    天外魔境II 卍MARUから見た寿命寿命

    1000年前の火の一族と根の一族との戦争の生き残り。1024歳。越前の押水村出身。恋人の人魚「千代(ちよ)」の涙を飲むことにより1000年の寿命を得るも、その罪により人魚らの手で996年もの間投獄されていた。非常に大柄な人物で、その体型から着けられる装備品は少ない。1000年前は主に、千代が装備品をあつらえていたとのこと。体型も大きいが怪力もすさまじく、卍丸にはどうにもできない岩を軽くぶっ飛ばすことができる。しかし人魚村に投獄された檻には、特殊な封印がかけられ、さすがの怪力でも脱獄出来なかった。投獄されている間の解放されるまでの300年間、一切声を出さなかったという証言がある。他には油(作中では「燃える水」)を口に含ませて火を噴いて敵を攻撃する特技がある。道具を卍丸・カブキより3つ多く持つ事が出来るが、術を使うことは苦手で技の値はほとんど増えない。身長208cm、体重202kg。O型。天外魔境II 卍MARU フレッシュアイペディアより)

  • 医学史

    医学史から見た寿命寿命

    チャラカが改編した『チャラカ・サンヒター』には、健康や病気は前もって決まっておらず、寿命は人の努力によって延ばせるとある。スシュルタに帰せられる『スシュルタ・サンヒター』では、医学の目的を、病気の症状を治し、健康を守り、寿命を延ばすことであると定義している。どちらの著作にも、数多くの病気に対しての検査・診察・処置・予後について書かれている。古代インド医学は内科を重視するが、『スシュルタ・サンヒター』は、鼻形成術・切れた耳たぶの形成・会陰部切石術・白内障手術などの様々な種類の外科処置法について書いていることが特徴的である。医学史 フレッシュアイペディアより)

  • ポイボス・カルテル

    ポイボス・カルテルから見た寿命寿命

    ポイボス・カルテル(Phoebus cartel、フェーバス・─、フィーバス・─)は、戦間期に白熱電球の生産と販売を支配するために結ばれた国際的な企業協約(カルテル)である。当該カルテルは、アメリカ、フランス、ハンガリー、イギリス、ドイツなどの、異なる国籍を持った企業の間で国家を超えて結ばれ、当該カルテル参加企業においては白熱電球の寿命が1,000時間を越えないようにするという計画的陳腐化が世界規模で実行された。約20年間、電球産業における正当な競争を減少させ、寿命の長い電球を製造するための技術開発を妨げた。ポイボス・カルテル フレッシュアイペディアより)

  • 生存曲線

    生存曲線から見た寿命寿命

    生物は種によって生きられる時間的限界があるものと考えられ、これを生理的寿命という。しかし野外においてはこれを全うできるものはごく少なく、それ以前に多くが死亡する。その死亡は生活史の様々な段階で生じる。これにはその種の齢別の死亡率の問題である。生存曲線 フレッシュアイペディアより)

  • ヘイフリック限界

    ヘイフリック限界から見た寿命寿命

    ヒトの分裂限界(PDL:population doubling level)(=ヘイフリック限界)は50で最大寿命は約120年、ウサギではPDL20で最大寿命は約10年、ラットではPDL15で最大寿命は約3年で、PDLと最大寿命とが直線的な関係がみられる。ヘイフリック限界 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類標識調査

    鳥類標識調査から見た寿命寿命

    鳥類標識調査(ちょうるいひょうしきちょうさ、またはBird banding)とは、鳥類研究の一環として地名や個体識別番号付きの金属またはプラスチック製の標識を鳥の足、翼またはその他の部位に装着することで、後で同一個体を再発見可能にすることである。これにより渡り、寿命、死亡率、個体数、縄張り意識、摂食行動、その他多くの様相を研究することが可能となる。鳥類標識調査 フレッシュアイペディアより)

265件中 91 - 100件表示

「長寿日本一」のニューストピックワード