265件中 51 - 60件表示
  • 生活史 (生物)

    生活史 (生物)から見た寿命寿命

    したがって、その段階から、その種の生活史を明らかにするのは、往々にしてアマチュアの仕事であった。たとえば日本の昭和初期から中期において、チョウの生活史解明は、アマチュア昆虫採集家の大きな使命と考えられた時代があった。日本産のチョウ全種の生活史の解明が目標として掲げられた。ちなみに、この場合の生活史には、どのような卵をどこに産み、いつ孵化し、どのような幼虫になってどのように暮らし、どこでどんな風に蛹になり、どれだけの期間で成虫になるか、寿命はどれだけか、などといった情報が含まれる。生活史 (生物) フレッシュアイペディアより)

  • みおにっき

    みおにっきから見た寿命寿命

    実音の姉。亡き母のファンシーショップを受け継いで前田家の収入を支える大黒柱。年不相応な賢さと堅実さを見せる実音に困惑しているが、本人はかなりの天然ボケで家事も実音任せ。特に料理のまずさは実音いわく「寿命が50年縮む」ほど。みおにっき フレッシュアイペディアより)

  • イオンポンプ

    イオンポンプから見た寿命寿命

    陰極をスパッタするという動作原理のため、当然ながらイオンポンプには寿命が存在する。また、作動圧力環境に制限があるため、通常は粗引き用のポンプを併用する。代表的な装置では、超高真空チャンバーにイオンポンプを設置し、試料交換室にターボ分子ポンプとロータリーポンプを設置している。イオンポンプ フレッシュアイペディアより)

  • ジュウシマツ

    ジュウシマツから見た寿命寿命

    体長約12cm、体重12-18g。寿命は、短ければ3年程度、長くても8年程度である。普段の鳴き声は「プッ、プッ」と電子音を思わせる声である。雄は繁殖期に雌に対し、羽毛を逆立てながら「ププピー?」とさえずる。尾は長めで、嘴は太く、真っすぐである。嘴、羽毛、足の色は多様で、親子で遺伝する。※遺伝しない場合ありジュウシマツ フレッシュアイペディアより)

  • 溶融亜鉛めっき

    溶融亜鉛めっきから見た寿命寿命

    環境条件が良好であれば数十年に渡る防食効果が期待できる一方、重工業地帯や海浜地区などでは、寿命は著しく短くなるといわれている。溶融亜鉛めっき フレッシュアイペディアより)

  • 選択触媒還元脱硝装置

    選択触媒還元脱硝装置から見た寿命寿命

    SCRシステムは通常運転時や問題が発生した際の汚れや詰まりの感受性が高い。多くのSCRには処理するガスの汚れの蓄積による寿命がある。市場で優性を占める触媒は多孔質材料を用いている。SCR触媒の容姿を表す良い例として素焼鉢がある。多孔性はの還元に寄与する触媒の表面積を多くする。しかし孔は排出ガス中に含まれる様々な物質により詰まりやすい。触媒を詰まらせる物質の例として、微粒子、アンモニア硫黄化合物、硫化水素アンモニウム(ABS)やシリコン化合物である。多くの付着物はプラント運転中に炉用送風機などにより除去が可能である。定期点検中や出口温度を上げることにより清掃することもできる。SCRの性能についてもっとよく考慮すべき事項に触媒毒があり、触媒の反応性を阻害しの還元に対して効果を無くしたりアンモニアを酸化しを形成する酸化の原因となる。これらの触媒毒にはハロゲン、アルカリ金属、ヒ素、リン、アンチモン、クロム、銅がある。選択触媒還元脱硝装置 フレッシュアイペディアより)

  • エキスパンションジョイント

    エキスパンションジョイントから見た寿命寿命

    また、コンクリートや鉄は温度差によって膨張や収縮を繰り返す。このため、壁や床にひびが入り、建物の寿命を短くしてしまう。横に細長い巨大な建造物等ではこれが顕著であるため、これを防ぐ目的で20-100mmの隙間(クリアランス)を設け、外側から見える床には、隙間を隠して建物のデザイン性を保つアルミやステンレスなどの「エキスパンションジョイントカバー」と呼ばれるカバーを取り付けて建物同士を接合する。エキスパンションジョイント フレッシュアイペディアより)

  • ヤリマンボウ

    ヤリマンボウから見た寿命寿命

    マンボウは卵生で、魚類の中で最も多くの卵を産むと言われる。幼生の肌は粗く、とげに覆われている。このとげは成長に従い減少し、消えていくが、体長70mmに達する頃まで痕跡が残る。その体色は体背面が焦げ茶で、側面から覆面にかけて明るい色になる。本種の寿命はおよそ、オスで85年、メスで105年とされている。ヤリマンボウ フレッシュアイペディアより)

  • 主夫

    主夫から見た寿命寿命

    米国の保険会社が2002年に行った職業別の平均寿命調査では、主夫が最も短命な職業であるとする報告がある。ただし、「慢性病などを患ったために元の職を退き、療養をしながら主夫に就く」といった事情を抱えている人も多いと推察されるため、すなわちこの数値は統計上の共変性を示しているだけであり、専業主夫という社会的条件が寿命に影響を及ぼすという因果関係を示しているのではないことに留意する必要がある。従って専業主夫の負担が他の職に比べて極めて重いといった結論を出すのは早計である。主夫 フレッシュアイペディアより)

  • ハーテビースト

    ハーテビーストから見た寿命寿命

    成体の体高は1メートル強、体長は150?245センチメートル。オスの体重は125?218キログラム、メスの体重は116?185キログラム。体色は、砂色のニシハーテビースト(Western hartebeest)から大部分が黒いスウェインハーテビースト(Swayne’s hartebeest)まで、亜種によって様々に異なる。両性とも45?70センチメートルまで成長する角を持ち、形は体色と同様亜種によって大きく異なる。野生環境では11?20年の寿命を持ち、飼育下では19年まで生きる。ハーテビースト フレッシュアイペディアより)

265件中 51 - 60件表示

「長寿日本一」のニューストピックワード