88件中 11 - 20件表示
  • 寿命

    寿命から見た繊毛虫

    一般に単細胞生物には寿命の概念がない。ただし例外的に繊毛虫(ゾウリムシの仲間)では分裂後の隔離を繰り返して自家生殖・接合を行わせないと細胞分裂ができなくなる現象が起こる。パン酵母にも同様の現象がある。同じく動物の正常な体細胞では一定回数以上分裂できない現象がある。動物体細胞では細胞分裂時に短くなる染色体上のテロメアと呼ばれる配列をこれらの細胞では延長できず、ある程度以上テロメアが短くなれば分裂できなくなる。これをヘイフリック限界といい、生理的寿命の原因であろうとされている。原核細胞(細菌・古細菌)、多くの動物以外の真核細胞および動物の生殖細胞や癌細胞はこのヘイフリック限界を持たないため、無限に分裂できる。よく誤解されるが細菌や多細胞種を含む植物細胞や菌(カビやキノコ)細胞、さらに動物の中でも上記の海綿動物、腔腸動物や扁形動物の細胞ではこのヘイフリック限界のような現象は多くの場合認められていない。ただし、もちろん、これらの分類群の中にも上記の繊毛虫や酵母のように明確に分裂回数が有限であるものも存在する。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見た生殖細胞

    一般に単細胞生物には寿命の概念がない。ただし例外的に繊毛虫(ゾウリムシの仲間)では分裂後の隔離を繰り返して自家生殖・接合を行わせないと細胞分裂ができなくなる現象が起こる。パン酵母にも同様の現象がある。同じく動物の正常な体細胞では一定回数以上分裂できない現象がある。動物体細胞では細胞分裂時に短くなる染色体上のテロメアと呼ばれる配列をこれらの細胞では延長できず、ある程度以上テロメアが短くなれば分裂できなくなる。これをヘイフリック限界といい、生理的寿命の原因であろうとされている。原核細胞(細菌・古細菌)、多くの動物以外の真核細胞および動物の生殖細胞や癌細胞はこのヘイフリック限界を持たないため、無限に分裂できる。よく誤解されるが細菌や多細胞種を含む植物細胞や菌(カビやキノコ)細胞、さらに動物の中でも上記の海綿動物、腔腸動物や扁形動物の細胞ではこのヘイフリック限界のような現象は多くの場合認められていない。ただし、もちろん、これらの分類群の中にも上記の繊毛虫や酵母のように明確に分裂回数が有限であるものも存在する。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たアユ

    生物学における寿命には2つの考え方がある。たとえばアユを海水で育てると2年以上生き延びることが知られている。そこで、アユの寿命は実は2年くらい、というのは確かに正しいのであるが、実際の河川では、アユはほぼすべて1年で死亡する。一年草も自然条件では1年で開花・結実枯死するが、開花条件を満たさなければ何年も生きるものが多い。つまり、アユや一年草の寿命は1年とも、2年(もしくはそれ以上)ともいうことができる。そこで、条件を整えてやった場合に実現する寿命を生理的寿命、その生物が実際に生活している場で見られる寿命を生態的寿命として区別する。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たテロメア

    一般に単細胞生物には寿命の概念がない。ただし例外的に繊毛虫(ゾウリムシの仲間)では分裂後の隔離を繰り返して自家生殖・接合を行わせないと細胞分裂ができなくなる現象が起こる。パン酵母にも同様の現象がある。同じく動物の正常な体細胞では一定回数以上分裂できない現象がある。動物体細胞では細胞分裂時に短くなる染色体上のテロメアと呼ばれる配列をこれらの細胞では延長できず、ある程度以上テロメアが短くなれば分裂できなくなる。これをヘイフリック限界といい、生理的寿命の原因であろうとされている。原核細胞(細菌・古細菌)、多くの動物以外の真核細胞および動物の生殖細胞や癌細胞はこのヘイフリック限界を持たないため、無限に分裂できる。よく誤解されるが細菌や多細胞種を含む植物細胞や菌(カビやキノコ)細胞、さらに動物の中でも上記の海綿動物、腔腸動物や扁形動物の細胞ではこのヘイフリック限界のような現象は多くの場合認められていない。ただし、もちろん、これらの分類群の中にも上記の繊毛虫や酵母のように明確に分裂回数が有限であるものも存在する。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たカビ

    一般に単細胞生物には寿命の概念がない。ただし例外的に繊毛虫(ゾウリムシの仲間)では分裂後の隔離を繰り返して自家生殖・接合を行わせないと細胞分裂ができなくなる現象が起こる。パン酵母にも同様の現象がある。同じく動物の正常な体細胞では一定回数以上分裂できない現象がある。動物体細胞では細胞分裂時に短くなる染色体上のテロメアと呼ばれる配列をこれらの細胞では延長できず、ある程度以上テロメアが短くなれば分裂できなくなる。これをヘイフリック限界といい、生理的寿命の原因であろうとされている。原核細胞(細菌・古細菌)、多くの動物以外の真核細胞および動物の生殖細胞や癌細胞はこのヘイフリック限界を持たないため、無限に分裂できる。よく誤解されるが細菌や多細胞種を含む植物細胞や菌(カビやキノコ)細胞、さらに動物の中でも上記の海綿動物、腔腸動物や扁形動物の細胞ではこのヘイフリック限界のような現象は多くの場合認められていない。ただし、もちろん、これらの分類群の中にも上記の繊毛虫や酵母のように明確に分裂回数が有限であるものも存在する。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たジャンヌ・カルマン

    最長の人間の寿命は、生没年月日が判明している者では、ジャンヌ・カルマンの122年164日が最長である。そのため、120年前後ではないかとする説もある。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見た夭折

    言葉としては、寿命が短いことを短命(たんみょう・たんめい)、長いことを長命(ちょうみょう・ちょうめい)という。もちろん相対的な概念であり、絶対的な区別はない。有名人が短命に終わった場合、夭折という。なお、短命に終わったものがその分野で大きな仕事を残した場合、往々にして天才と呼ばれる。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見た真核生物

    一般に単細胞生物には寿命の概念がない。ただし例外的に繊毛虫(ゾウリムシの仲間)では分裂後の隔離を繰り返して自家生殖・接合を行わせないと細胞分裂ができなくなる現象が起こる。パン酵母にも同様の現象がある。同じく動物の正常な体細胞では一定回数以上分裂できない現象がある。動物体細胞では細胞分裂時に短くなる染色体上のテロメアと呼ばれる配列をこれらの細胞では延長できず、ある程度以上テロメアが短くなれば分裂できなくなる。これをヘイフリック限界といい、生理的寿命の原因であろうとされている。原核細胞(細菌・古細菌)、多くの動物以外の真核細胞および動物の生殖細胞や癌細胞はこのヘイフリック限界を持たないため、無限に分裂できる。よく誤解されるが細菌や多細胞種を含む植物細胞や菌(カビやキノコ)細胞、さらに動物の中でも上記の海綿動物、腔腸動物や扁形動物の細胞ではこのヘイフリック限界のような現象は多くの場合認められていない。ただし、もちろん、これらの分類群の中にも上記の繊毛虫や酵母のように明確に分裂回数が有限であるものも存在する。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たヒト

    脊椎動物全般では、心拍数によって決まるという説もある。これは心拍数に上限があり、その上限が哺乳類は20億回で、それに達すると寿命だという。ただ、この値は指数関数的な概数であり厳密に当てはまるものではない。例えば一分間の脈拍60 - 80回程度の人間(ヒト)を当てはめると45 - 65年程度の寿命になる。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見た植物

    一般に単細胞生物には寿命の概念がない。ただし例外的に繊毛虫(ゾウリムシの仲間)では分裂後の隔離を繰り返して自家生殖・接合を行わせないと細胞分裂ができなくなる現象が起こる。パン酵母にも同様の現象がある。同じく動物の正常な体細胞では一定回数以上分裂できない現象がある。動物体細胞では細胞分裂時に短くなる染色体上のテロメアと呼ばれる配列をこれらの細胞では延長できず、ある程度以上テロメアが短くなれば分裂できなくなる。これをヘイフリック限界といい、生理的寿命の原因であろうとされている。原核細胞(細菌・古細菌)、多くの動物以外の真核細胞および動物の生殖細胞や癌細胞はこのヘイフリック限界を持たないため、無限に分裂できる。よく誤解されるが細菌や多細胞種を含む植物細胞や菌(カビやキノコ)細胞、さらに動物の中でも上記の海綿動物、腔腸動物や扁形動物の細胞ではこのヘイフリック限界のような現象は多くの場合認められていない。ただし、もちろん、これらの分類群の中にも上記の繊毛虫や酵母のように明確に分裂回数が有限であるものも存在する。寿命 フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示

「長寿日本一」のニューストピックワード