88件中 31 - 40件表示
  • 寿命

    寿命から見た休眠

    生物の中には、その生活史の中に非常に不活発で、生理作用も低レベルとなった状態である程度の時間を過ごす例がある。それを休眠と言うが、往々にして環境条件の悪化を耐え忍ぶために現れる。これは生活環の中で定期的、一定期間で行われるものもあるが、中には不定期に長期間をその形で過ごす例がある。その場合、この期間を含む寿命は非常に長くなる。例えば植物種子の中には条件が整えば半永久的な寿命を持つのではないかと考えられる例が存在する(植物種子は休眠個体であって決して卵ではない)。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たパン酵母

    一般に単細胞生物には寿命の概念がない。ただし例外的に繊毛虫(ゾウリムシの仲間)では分裂後の隔離を繰り返して自家生殖・接合を行わせないと細胞分裂ができなくなる現象が起こる。パン酵母にも同様の現象がある。同じく動物の正常な体細胞では一定回数以上分裂できない現象がある。動物体細胞では細胞分裂時に短くなる染色体上のテロメアと呼ばれる配列をこれらの細胞では延長できず、ある程度以上テロメアが短くなれば分裂できなくなる。これをヘイフリック限界といい、生理的寿命の原因であろうとされている。原核細胞(細菌・古細菌)、多くの動物以外の真核細胞および動物の生殖細胞や癌細胞はこのヘイフリック限界を持たないため、無限に分裂できる。よく誤解されるが細菌や多細胞種を含む植物細胞や菌(カビやキノコ)細胞、さらに動物の中でも上記の海綿動物、腔腸動物や扁形動物の細胞ではこのヘイフリック限界のような現象は多くの場合認められていない。ただし、もちろん、これらの分類群の中にも上記の繊毛虫や酵母のように明確に分裂回数が有限であるものも存在する。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たノルウェー

    2008年の統計のうち、平均寿命が80歳以上の国は日本、スイス、サンマリノ、オーストラリア、モナコ、アイスランド、イタリア、スウェーデン、スペイン、フランス、カナダ、アンドラ、イスラエル、シンガポール、ノルウェー、ニュージーランド、オーストリアの順で17か国。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たキノコ

    一般に単細胞生物には寿命の概念がない。ただし例外的に繊毛虫(ゾウリムシの仲間)では分裂後の隔離を繰り返して自家生殖・接合を行わせないと細胞分裂ができなくなる現象が起こる。パン酵母にも同様の現象がある。同じく動物の正常な体細胞では一定回数以上分裂できない現象がある。動物体細胞では細胞分裂時に短くなる染色体上のテロメアと呼ばれる配列をこれらの細胞では延長できず、ある程度以上テロメアが短くなれば分裂できなくなる。これをヘイフリック限界といい、生理的寿命の原因であろうとされている。原核細胞(細菌・古細菌)、多くの動物以外の真核細胞および動物の生殖細胞や癌細胞はこのヘイフリック限界を持たないため、無限に分裂できる。よく誤解されるが細菌や多細胞種を含む植物細胞や菌(カビやキノコ)細胞、さらに動物の中でも上記の海綿動物、腔腸動物や扁形動物の細胞ではこのヘイフリック限界のような現象は多くの場合認められていない。ただし、もちろん、これらの分類群の中にも上記の繊毛虫や酵母のように明確に分裂回数が有限であるものも存在する。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たアンドラ

    2008年の統計のうち、平均寿命が80歳以上の国は日本、スイス、サンマリノ、オーストラリア、モナコ、アイスランド、イタリア、スウェーデン、スペイン、フランス、カナダ、アンドラ、イスラエル、シンガポール、ノルウェー、ニュージーランド、オーストリアの順で17か国。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見た人間

    平均寿命はある集団に生まれた人間が平均して何年生きられるかの期待値であり、0歳児の平均余命であるとも言える。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たDNA修復

    また、低カロリーの摂食は多くの動物の平均寿命と最長寿命を延ばすと言われている。栄養の不足は、細胞中でのDNA修復の増加した状態を引き起こし、休眠状態を維持し、新陳代謝を減少させ、ゲノムの不安定性を減少させて、寿命の延長を示すと言われている。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見た細胞分裂

    一般に単細胞生物には寿命の概念がない。ただし例外的に繊毛虫(ゾウリムシの仲間)では分裂後の隔離を繰り返して自家生殖・接合を行わせないと細胞分裂ができなくなる現象が起こる。パン酵母にも同様の現象がある。同じく動物の正常な体細胞では一定回数以上分裂できない現象がある。動物体細胞では細胞分裂時に短くなる染色体上のテロメアと呼ばれる配列をこれらの細胞では延長できず、ある程度以上テロメアが短くなれば分裂できなくなる。これをヘイフリック限界といい、生理的寿命の原因であろうとされている。原核細胞(細菌・古細菌)、多くの動物以外の真核細胞および動物の生殖細胞や癌細胞はこのヘイフリック限界を持たないため、無限に分裂できる。よく誤解されるが細菌や多細胞種を含む植物細胞や菌(カビやキノコ)細胞、さらに動物の中でも上記の海綿動物、腔腸動物や扁形動物の細胞ではこのヘイフリック限界のような現象は多くの場合認められていない。ただし、もちろん、これらの分類群の中にも上記の繊毛虫や酵母のように明確に分裂回数が有限であるものも存在する。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見たカナダ

    2008年の統計のうち、平均寿命が80歳以上の国は日本、スイス、サンマリノ、オーストラリア、モナコ、アイスランド、イタリア、スウェーデン、スペイン、フランス、カナダ、アンドラ、イスラエル、シンガポール、ノルウェー、ニュージーランド、オーストリアの順で17か国。寿命 フレッシュアイペディアより)

  • 寿命

    寿命から見た新陳代謝

    また、低カロリーの摂食は多くの動物の平均寿命と最長寿命を延ばすと言われている。栄養の不足は、細胞中でのDNA修復の増加した状態を引き起こし、休眠状態を維持し、新陳代謝を減少させ、ゲノムの不安定性を減少させて、寿命の延長を示すと言われている。寿命 フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示

「長寿日本一」のニューストピックワード