前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • 朝鮮通信使交流議員の会

    朝鮮通信使交流議員の会から見た長島昭久長島昭久

    長島昭久(民主党)(比・東京/東京)朝鮮通信使交流議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 外交問題評議会

    外交問題評議会から見た長島昭久長島昭久

    日本における会員・関係者としては、佐藤栄作首相の「密使」として知られる若泉敬や、長島昭久(上席研究員を経験)、International Advisory Board(IAB、国際諮問委員会)のメンバーには行天豊雄(元財務官)、小林陽太郎(三極委員会太平洋アジアグループ委員長)、緒方貞子(元国連難民高等弁務官)らがいる。また、橋本龍太郎は1996年9月24日、外交問題評議会(ニューヨーク)において講演を行った。外交問題評議会 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た長島昭久長島昭久

    網屋信介((比)九州)、荒井聰(北海道3)、五十嵐文彦(埼玉9)、池田元久(神奈川6)、石井登志郎(兵庫7)、石毛えい子((比)東京都)、石田勝之(埼玉2)、石津政雄(茨城2)、泉健太(京都3)、磯谷香代子((比)東海)、市村浩一郎(兵庫6)、井戸まさえ(兵庫1)、糸川正晃((比)北陸信越)、稲富修二(福岡2)、稲見哲男(大阪5)、今井雅人((比)東海)、打越あかし((比)九州)、生方幸夫(千葉6)、枝野幸男(埼玉5)、江端貴子(東京10)、大泉ひろこ(茨城6)、大串博志(佐賀2)、逢坂誠二(北海道8)、大島敦(埼玉6)、大谷信盛(大阪9)、大西健介(愛知13)、大西孝典((比)近畿)、大畠章宏(茨城5)、岡田克也(三重3)、岡田康裕(兵庫10)、緒方林太郎(福岡9)、岡本充功(愛知9)、小川淳也(香川1)、奥田建(石川1)、奥野総一郎(千葉9)、奥村展三(滋賀4)、小野塚勝俊(埼玉8)、小原舞((比)近畿)、海江田万里(東京1)、柿沼正明(群馬3)、勝又恒一郎((比)南関東)、加藤公一(東京20)、金森正((比)東海)、鹿野道彦(山形1)、神山洋介(神奈川17)、川口浩((比)北関東)、川口博(秋田2)、川越孝洋((比)九州)、川端達夫(滋賀1)、川村秀三郎(宮崎1)、菅直人(東京18)、城井崇(福岡10)、菊田真紀子(新潟4)、岸本周平(和歌山1)、北神圭朗(京都4)、吉良州司(大分1)、櫛渕万里(東京23)、楠田大蔵(福岡5)、沓掛哲男((比)北陸信越)、工藤仁美((比)北海道)、黒岩宇洋(新潟3)、桑原功((比)北関東)、玄葉光一郎(福島3)、郡和子(宮城1)、古賀一成((比)九州)、小平忠正(北海道10)、後藤斎(山梨3)、後藤祐一(神奈川16)、小宮山洋子(東京6)、小室寿明((比)中国)、小山展弘(静岡3)、近藤和也(石川3)、近藤昭一(愛知3)、近藤洋介(山形2)、斉木武志((比)東海)、斉藤進(静岡8)、齋藤勁((比)南関東)、坂口岳洋(山梨2)、阪口直人(和歌山2)、佐々木隆博(北海道6)、笹木竜三((比)北陸信越)、柴橋正直(岐阜1)、下条みつ(長野2)、城島光力(神奈川10)、白石洋一(愛媛3)、神風英男(埼玉4)、末松義規(東京19)、杉本かずみ(愛知10)、首藤信彦(神奈川7)、仙谷由人(徳島1)、園田康博(岐阜3)、高井崇志((比)中国)、高井美穂(徳島2)、高木義明(長崎1)、高野守((比)北関東)、高橋昭一(兵庫4)、高橋英行((比)四国)、高邑勉((比)中国)、高山智司(埼玉15)、滝実(奈良2)、竹田光明((比)東京都)、武正公一(埼玉1)、田島一成(滋賀2)、田嶋要(千葉1)、田中けいしゅう(神奈川5)、田中眞紀子(新潟5)、田中美絵子((比)北陸信越)、田名部匡代((比)東北)、玉木朝子((比)北関東)、玉木雄一郎(香川2)、田村謙治(静岡4)、樽床伸二(大阪12)、津川祥吾(静岡2)、津島恭一((比)東北)、辻元清美(大阪10)、筒井信隆(新潟6)、津村啓介(岡山2)、手塚仁雄(東京5)、寺田学(秋田1)、道休誠一郎((比)九州)、富岡芳忠((比)北関東)、中井洽(三重1)、永江孝子((比)四国)、長尾敬(大阪14)、中川正春(三重2)、長島昭久(東京21)、長島一由(神奈川4)、中塚一宏(神奈川12)、長妻昭(東京7)、中根康浩(愛知12)、中野寛成(大阪8)、中野譲(埼玉14)、仲野博子((比)北海道)、中林美恵子(神奈川1)、中屋大介((比)九州)、長安豊(大阪19)、中山義活(東京2)、仁木博文((比)四国)、西村智奈美(新潟1)、野木実((比)北関東)、野田国義((比)九州)、野田佳彦(千葉4)、橋本博明(広島3)、鉢呂吉雄(北海道4)、花咲宏基((比)中国)、浜本宏((比)近畿)、早川久美子((比)東京都)、伴野豊(愛知8)、樋口俊一((比)近畿)、平岡秀夫(山口2)、平野博文(大阪11)、藤井裕久((比)南関東)、藤田一枝(福岡3)、藤田大助((比)東海)、藤田憲彦(東京4)、藤村修(大阪7)、古川元久(愛知2)、古本伸一郎(愛知11)、細川律夫(埼玉3)、細野豪志(静岡5)、本多平直(埼玉12)、前原誠司(京都2)、牧野聖修(静岡1)、松岡広隆((比)近畿)、松崎公昭(千葉8)、松原仁(東京3)、松宮勲((比)北陸信越)、松本大輔(広島2)、松本剛明(兵庫11)、松本龍(福岡1)、馬淵澄夫(奈良1)、三日月大造(滋賀3)、三谷光男(広島5)、三井辨雄(北海道2)、皆吉稲生((比)九州)、三村和也((比)南関東)、宮島大典(長崎4)、向山好一(兵庫2)、村越祐民(千葉5)、室井秀子((比)近畿)、1](神奈川14)、森岡洋一郎(埼玉13)、森本和義(愛知15)、森本哲生(三重4)、森山浩行(大阪16)、矢崎公二(長野4)、谷田川元(千葉10)、山尾志桜里(愛知7)、山口和之((比)東北)、山口壯(兵庫12)、山崎誠((比)南関東)、山崎摩耶((比)北海道)、山田良司((比)東海)、山井和則(京都6)、山花郁夫(東京22)、山本剛正((比)九州)、柚木道義(岡山4)、湯原俊二((比)中国)、横光克彦(大分3)、吉川政重(奈良3)、吉田泉(福島5)、吉田おさむ(大阪4)、吉田公一((比)東京都)、吉田統彦((比)東海)、笠浩史(神奈川9)、若井康彦(千葉13)、若泉征三((比)北陸信越)、鷲尾英一郎(新潟2)、和嶋未希((比)東北)、和田隆志(広島7)、渡部恒三(福島4)、渡辺周(静岡6)2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た長島昭久長島昭久

    網屋信介((比)九州)、荒井聰(北海道3)、五十嵐文彦(埼玉9)、池田元久(神奈川6)、石井登志郎(兵庫7)、石毛えい子((比)東京都)、石田勝之(埼玉2)、石津政雄(茨城2)、泉健太(京都3)、磯谷香代子((比)東海)、市村浩一郎(兵庫6)、井戸まさえ(兵庫1)、糸川正晃((比)北陸信越)、稲富修二(福岡2)、稲見哲男(大阪5)、今井雅人((比)東海)、打越あかし((比)九州)、生方幸夫(千葉6)、枝野幸男(埼玉5)、江端貴子(東京10)、大泉ひろこ(茨城6)、大串博志(佐賀2)、逢坂誠二(北海道8)、大島敦(埼玉6)、大谷信盛(大阪9)、大西健介(愛知13)、大西孝典((比)近畿)、大畠章宏(茨城5)、岡田克也(三重3)、岡田康裕(兵庫10)、緒方林太郎(福岡9)、岡本充功(愛知9)、小川淳也(香川1)、奥田建(石川1)、奥野総一郎(千葉9)、奥村展三(滋賀4)、小野塚勝俊(埼玉8)、小原舞((比)近畿)、海江田万里(東京1)、柿沼正明(群馬3)、勝又恒一郎((比)南関東)、加藤公一(東京20)、金森正((比)東海)、鹿野道彦(山形1)、神山洋介(神奈川17)、川口浩((比)北関東)、川口博(秋田2)、川越孝洋((比)九州)、川端達夫(滋賀1)、川村秀三郎(宮崎1)、菅直人(東京18)、城井崇(福岡10)、菊田真紀子(新潟4)、岸本周平(和歌山1)、北神圭朗(京都4)、吉良州司(大分1)、櫛渕万里(東京23)、楠田大蔵(福岡5)、沓掛哲男((比)北陸信越)、工藤仁美((比)北海道)、黒岩宇洋(新潟3)、桑原功((比)北関東)、玄葉光一郎(福島3)、郡和子(宮城1)、古賀一成((比)九州)、小平忠正(北海道10)、後藤斎(山梨3)、後藤祐一(神奈川16)、小宮山洋子(東京6)、小室寿明((比)中国)、小山展弘(静岡3)、近藤和也(石川3)、近藤昭一(愛知3)、近藤洋介(山形2)、斉木武志((比)東海)、斉藤進(静岡8)、齋藤勁((比)南関東)、坂口岳洋(山梨2)、阪口直人(和歌山2)、佐々木隆博(北海道6)、笹木竜三((比)北陸信越)、柴橋正直(岐阜1)、下条みつ(長野2)、城島光力(神奈川10)、白石洋一(愛媛3)、神風英男(埼玉4)、末松義規(東京19)、杉本かずみ(愛知10)、首藤信彦(神奈川7)、仙谷由人(徳島1)、園田康博(岐阜3)、高井崇志((比)中国)、高井美穂(徳島2)、高木義明(長崎1)、高野守((比)北関東)、高橋昭一(兵庫4)、高橋英行((比)四国)、高邑勉((比)中国)、高山智司(埼玉15)、滝実(奈良2)、竹田光明((比)東京都)、武正公一(埼玉1)、田島一成(滋賀2)、田嶋要(千葉1)、田中けいしゅう(神奈川5)、田中眞紀子(新潟5)、田中美絵子((比)北陸信越)、田名部匡代((比)東北)、玉木朝子((比)北関東)、玉木雄一郎(香川2)、田村謙治(静岡4)、樽床伸二(大阪12)、津川祥吾(静岡2)、津島恭一((比)東北)、辻元清美(大阪10)、筒井信隆(新潟6)、津村啓介(岡山2)、手塚仁雄(東京5)、寺田学(秋田1)、道休誠一郎((比)九州)、富岡芳忠((比)北関東)、中井洽(三重1)、永江孝子((比)四国)、長尾敬(大阪14)、中川正春(三重2)、長島昭久(東京21)、長島一由(神奈川4)、中塚一宏(神奈川12)、長妻昭(東京7)、中根康浩(愛知12)、中野寛成(大阪8)、中野譲(埼玉14)、仲野博子((比)北海道)、中林美恵子(神奈川1)、中屋大介((比)九州)、長安豊(大阪19)、中山義活(東京2)、仁木博文((比)四国)、西村智奈美(新潟1)、野木実((比)北関東)、野田国義((比)九州)、野田佳彦(千葉4)、橋本博明(広島3)、鉢呂吉雄(北海道4)、花咲宏基((比)中国)、浜本宏((比)近畿)、早川久美子((比)東京都)、伴野豊(愛知8)、樋口俊一((比)近畿)、平岡秀夫(山口2)、平野博文(大阪11)、藤井裕久((比)南関東)、藤田一枝(福岡3)、藤田大助((比)東海)、藤田憲彦(東京4)、藤村修(大阪7)、古川元久(愛知2)、古本伸一郎(愛知11)、細川律夫(埼玉3)、細野豪志(静岡5)、本多平直(埼玉12)、前原誠司(京都2)、牧野聖修(静岡1)、松岡広隆((比)近畿)、松崎公昭(千葉8)、松原仁(東京3)、松宮勲((比)北陸信越)、松本大輔(広島2)、松本剛明(兵庫11)、松本龍(福岡1)、馬淵澄夫(奈良1)、三日月大造(滋賀3)、三谷光男(広島5)、三井辨雄(北海道2)、皆吉稲生((比)九州)、三村和也((比)南関東)、宮島大典(長崎4)、向山好一(兵庫2)、村越祐民(千葉5)、室井秀子((比)近畿)、本村賢太郎(神奈川14)、森岡洋一郎(埼玉13)、森本和義(愛知15)、森本哲生(三重4)、森山浩行(大阪16)、矢崎公二(長野4)、谷田川元(千葉10)、山尾志桜里(愛知7)、山口和之((比)東北)、山口壯(兵庫12)、山崎誠((比)南関東)、山崎摩耶((比)北海道)、山田良司((比)東海)、山井和則(京都6)、山花郁夫(東京22)、山本剛正((比)九州)、柚木道義(岡山4)、湯原俊二((比)中国)、横光克彦(大分3)、吉川政重(奈良3)、吉田泉(福島5)、吉田おさむ(大阪4)、吉田公一((比)東京都)、吉田統彦((比)東海)、笠浩史(神奈川9)、若井康彦(千葉13)、若泉征三((比)北陸信越)、鷲尾英一郎(新潟2)、和嶋未希((比)東北)、和田隆志(広島7)、渡部恒三(福島4)、渡辺周(静岡6)消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 川田悦子

    川田悦子から見た長島昭久長島昭久

    その後川田が中村との関係をますます強め、「自分と共産党との関係は初めから一切無い。支援を受けたことも求めたことも無く、向こうが勝手にやっているだけ」と、共産党に近いスタンスに見られることに不快感を示す発言を繰り返したり、著書で「政党助成金がいらないなら受給した上で私たち無党派議員に配ればいい。それが出来ないのはエゴ」と書くなど、共産党に批判的な言動が目立つようになっていった。これを重大な裏切りと見た共産党は2003年になってから『しんぶん赤旗』2月7日号にて批判するに至った。結局、2003年の総選挙では共産党が独自候補(田川豊)を擁立した。中村のいたさきがけ(後のみどりの会議)に近い民主党などの支持も得られず(民主は長島昭久を擁立して当選)、川田は共産の田川と共倒れの形で落選することとなった。川田悦子 フレッシュアイペディアより)

  • 国益を考える会

    国益を考える会から見た長島昭久長島昭久

    吉良州司元外務大臣政務官、長島昭久元防衛大臣政務官ら保守系の若手国会議員らにより結成された。菅直人内閣総理大臣の東日本大震災への対応に批判的であり、2011年(平成23年)4月25日の会合で福島第一原子力発電所事故への対応を批判、7月13日に菅の即時退陣を求める要望書を首相官邸に提出、7月15日に菅の即時退陣を求める決起集会を開催するなど、菅おろしの一翼を担った。国益を考える会 フレッシュアイペディアより)

  • 糸数慶子

    糸数慶子から見た長島昭久長島昭久

    長島昭久など、民主党内で野党共闘に否定的な勢力からは、「敗れた方が良かった」との意見を述べるものもあった。長島ほどではないが、鈴木宗男など共産党との「相乗り」を敗因に挙げる意見もあり、保守勢力を含めた共闘の難しさを浮き彫りにした。自由連合は糸数を推薦したとはいえ、代表の徳田毅が離党した上で仲井眞支援を表明し、かなりの自連支持者が仲井眞に流れたといわれている。「そうぞう」は当初代表の下地幹郎の擁立を強く主張しており、下地の出馬辞退の代わりに、糸数に「これまでの政策を全て撤回し、自衛隊・安保堅持を主張せよ」という要求を突きつけ、統一候補決定を大きく遅らせる原因ともなった。その上、『週刊金曜日』12月1日号(高江洲千里「“他力本願”戦術と裏切りが致命傷に」)によると、直前の豊見城市長選などでは野党が分裂したため、糸数陣営のねじれ現象を産んだ。同記事によるとそうぞうは選挙戦では糸数支援でまとまったが、保守を嫌う革新支持者との軋轢を生んだり、そうぞうが糸数支援に力を入れるほど、衆院選で下地と真っ向から対決した公明党・創価学会も対抗して仲井眞支援に拍車が掛かる構図になっていたという。糸数慶子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川友一

    小川友一から見た長島昭久長島昭久

    2005年の総選挙に、解散直後に比例区に鞍替えした高木陽介(公明党)に代わって、急遽東京21区(立川市、日野市、昭島市)から自由民主党公認・公明党推薦で出馬し、前職の長島昭久(民主党)に1万票以上の差をつけ、いわゆる小泉チルドレンとして初当選。自由民主党清和政策研究会(町村派)、83会、伝統と創造の会(副会長)、国家戦略本部所属。小川友一 フレッシュアイペディアより)

  • 山花郁夫

    山花郁夫から見た長島昭久長島昭久

    2005年3月、ママチャリに同乗する児童にヘルメット着用を義務付ける法案を原口一博、青木愛、長島昭久、宇佐美登と共に議員立法として提出した。山花郁夫 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働委員会

    厚生労働委員会から見た長島昭久長島昭久

    長島昭久(民主党・無所属クラブ)厚生労働委員会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示

「長島昭久」のニューストピックワード