112件中 91 - 100件表示
  • 長島昭久

    長島昭久から見た護衛艦

    2006年9月より、外務委員会理事、外交・安全保障担当の政策調査副会長および国会対策副委員長に就任した。防衛庁の省昇格法案の審議では、法案賛成に向け党内論議をリードし防衛省内の信頼を確固としたものにする。また、麻生政権時代には、野党でありながらソマリア沖に蔓延り我が国はじめ世界各国の商船を苦しめていた海賊に対処するための海上自衛艦隊艦艇の派遣を提唱、再三質問に立ち国会論議を主導し、2008年3月からの護衛艦部隊派遣の原動力となった。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た海賊

    2006年9月より、外務委員会理事、外交・安全保障担当の政策調査副会長および国会対策副委員長に就任した。防衛庁の省昇格法案の審議では、法案賛成に向け党内論議をリードし防衛省内の信頼を確固としたものにする。また、麻生政権時代には、野党でありながらソマリア沖に蔓延り我が国はじめ世界各国の商船を苦しめていた海賊に対処するための海上自衛艦隊艦艇の派遣を提唱、再三質問に立ち国会論議を主導し、2008年3月からの護衛艦部隊派遣の原動力となった。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た再軍備

    横田飛行場(横田基地)に付随し、在日米軍が制空権を握っている「横田空域」の返還。再軍備を達成し、日米対等の同盟を結び、対等な関係を構築する長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た公共政策

    2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙では小選挙区で敗れるも重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、再選。選挙後の代表選挙では前原誠司の推薦人に名を連ねる。前原新代表の下で「次の内閣」の防衛庁長官に抜擢されるとともに、安全保障委員会の野党側筆頭理事に就任、党内の安全保障政策の取りまとめにあたる。また、2003年より慶應義塾大学大学院で非常勤講師(国家安全保障政策担当)、2006年より中央大学大学院公共政策研究科で客員教授を務める。その後、前原誠司に代わり代表に就任した小沢一郎の「次の内閣」でも防衛庁長官に留任した。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た公設秘書

    神奈川県横浜市生まれ(本籍地は東京都立川市)。幼稚舎から一貫して慶應義塾で学び、慶應義塾大学法学部法律学科及び政治学科を卒業し、1990年に慶大大学院法学研究科博士課程を単位取得退学。大学院博士課程在学中、自由民主党の石原伸晃衆議院議員事務所に入所し、石原の公設第一秘書を務めるかたわら、東京文化短期大学で憲法学の講義を行っていた。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た第43回衆議院議員総選挙

    2000年帰国し、衆議院補欠選挙に立候補するが落選。2003年、第43回衆議院議員総選挙に東京21区から民主党公認で立候補し、当選する。民主党では「次の内閣」の防衛庁副長官、衆議院安全保障委員会理事、拉致問題特別委員会理事となる。また、イラク復興特別委員会、武力攻撃事態対処特別委員会、文部科学委員会に所属した。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た地方参政権

    永住外国人への地方参政権の付与に反対長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た治安

    治安維持のため、警察官を増員し、警備会社や元警察官などの協力を得て「空っぽ交番(空き交番)」を解消する長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会

    「生活者の利益に軸足を置きつつ、さらに徹底した改革を標榜する保守層へ食い込むような政策立案や運動を展開すべき」としている。党内では人権擁護法案から人権を守る会、永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会、慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会など、主に保守派の議員で構成される勉強会に参加している。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見たロシア

    インドやASEAN諸国、ロシアなどと協力し、中国に対日政策転換を迫る長島昭久 フレッシュアイペディアより)

112件中 91 - 100件表示

「長島昭久」のニューストピックワード