112件中 61 - 70件表示
  • 長島昭久

    長島昭久から見た第45回衆議院議員総選挙

    2009年、第45回衆議院議員総選挙に東京都第21区から民主党公認で立候補し、3回目の当選を果たす。9月18日、鳩山由紀夫内閣の防衛大臣政務官に就任。2010年6月8日に発足した菅内閣においても防衛大臣政務官に再任された。同年9月菅第1次改造内閣の発足に伴い退任。その後、党の外交安全保障調査会事務局長に就任し、2010年末に政府が決定した防衛計画の大綱見直しに向け、与党の提言取りまとめに尽力し、南西方面の防衛力増強、日本版NSCの創設、武器輸出三原則やPKO五原則の緩和などに道筋をつけた。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見たワシントンD.C.

    1992年、大前研一が創設した平成維新の会に参加した。1993年からアメリカ合衆国テネシー州のヴァンタービルト大学客員研究員を務め、ジェームズ・アワーの指導を受けた。1995年からワシントンD\.C\.のジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で学び、国際関係論で修士号を取得する。1996年、論文「安全保障のビッグバン」で第3回読売論壇新人賞の最優秀賞を受賞する。1997年、米国外交問題評議会研究員(アジア政策担当)に就任し、朝鮮半島和平構想プロジェクトに参画、リチャード・アーミテージやマイケル・グリーンらの知己を得る。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た重複立候補

    2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙では小選挙区で敗れるも重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、再選。選挙後の代表選挙では前原誠司の推薦人に名を連ねる。前原新代表の下で「次の内閣」の防衛庁長官に抜擢されるとともに、安全保障委員会の野党側筆頭理事に就任、党内の安全保障政策の取りまとめにあたる。また、2003年より慶應義塾大学大学院で非常勤講師(国家安全保障政策担当)、2006年より中央大学大学院公共政策研究科で客員教授を務める。その後、前原誠司に代わり代表に就任した小沢一郎の「次の内閣」でも防衛庁長官に留任した。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た武器輸出三原則

    2009年、第45回衆議院議員総選挙に東京都第21区から民主党公認で立候補し、3回目の当選を果たす。9月18日、鳩山由紀夫内閣の防衛大臣政務官に就任。2010年6月8日に発足した菅内閣においても防衛大臣政務官に再任された。同年9月菅第1次改造内閣の発足に伴い退任。その後、党の外交安全保障調査会事務局長に就任し、2010年末に政府が決定した防衛計画の大綱見直しに向け、与党の提言取りまとめに尽力し、南西方面の防衛力増強、日本版NSCの創設、武器輸出三原則やPKO五原則の緩和などに道筋をつけた。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た東京財団

    その後、2000年に上席研究員に昇任し、ジョンズ・ホプキンス大学ライシャワー東アジア研究所の客員研究員を兼務。東京財団主任研究員として「アジアにおける米軍前方プレゼンスの将来像」研究プロジェクトを主宰し、2002年にその研究成果を著書『日米同盟の新しい設計図―変貌するアジアの米軍を見据えて』(日本評論社)として上梓した。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た警備

    治安維持のため、警察官を増員し、警備会社や元警察官などの協力を得て「空っぽ交番(空き交番)」を解消する長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た聖域なき構造改革

    構造改革に賛成。議員定数を衆参で400に削減し、公務員給与を2割カット長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た日本

    長島 昭久(ながしま あきひさ、1962年2月17日 - )は、日本の政治家。民主党所属の衆議院議員(4期)、日本スケート連盟副会長、国家基本問題研究所理事。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た朝鮮民主主義人民共和国

    北朝鮮の拉致問題や大量破壊兵器問題などを解決するため、北朝鮮への強力な経済制裁と日朝平壌宣言の白紙化を主張。多国間協議で取り組み、アジアに「不戦の共同体」を築く長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た保守

    保守の立場から、一貫して共産・社民との野党共闘に反対。2006年の沖縄県知事選では、民主党も含む野党統一候補となった糸数慶子が米軍基地反対派であるため「共産党と変わらない」と批判し、党執行部に対抗して糸数候補を批判した。糸数が落選すると「野党共闘路線は破綻した」として、教育基本法全部改正案などの審議拒否を止め、「面舵いっぱい」に右転換するよう主張。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

112件中 61 - 70件表示

「長島昭久」のニューストピックワード