22件中 11 - 20件表示
  • 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館

    国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館から見た長崎原爆資料館長崎原爆資料館

    長崎原爆資料館と長崎市平和会館に隣接している。原爆資料館から入館した場合、同一施設と錯誤する利用者も多いが、前者は長崎市立、同館は国立の施設である。また同館は原爆資料館とは異なり、無料で入館できる。国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 フレッシュアイペディアより)

  • 王小亭

    王小亭から見た長崎原爆資料館長崎原爆資料館

    日本でも長崎原爆資料館において、これらの写真が「虐殺された中国の人々」とのキャプションと共に長らく展示されていた。市民団体等から捏造資料であるとの指摘を受け、当時の橋本龍太郎首相は写真の信憑性の調査を関係省庁に指示し、結果的に信憑性に乏しい写真とされ上記写真をはじめ176カ所の展示を差し替えるに至り、また、ピースおおさかも「上海爆撃、泣き叫ぶ子供」とのキャプションを付けて展示していたが、「爆撃後の市街に赤ん坊1人だけでいる姿が不自然」と判断して撤去をしている。王小亭 フレッシュアイペディアより)

  • アリー・ラーリージャーニー

    アリー・ラーリージャーニーから見た長崎原爆資料館長崎原爆資料館

    何度か訪日している。広島や長崎に訪問しているほか、明治神宮に参拝したことがある。2010年の長崎来訪の際は、長崎原爆資料館を見学、同資料館について「米国が起こした戦争犯罪を世界に知らしめるという意味で意義深く価値がある」と指摘、「世界に一つでも核爆弾が存在すれば全人類の脅威。あらゆる大量破壊兵器は禁止されるべきだ」と述べた。また田上富久市長に対して、イランが核兵器製造を行わないことを伝えた。アリー・ラーリージャーニー フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市の地名

    長崎市の地名から見た長崎原爆資料館長崎原爆資料館

    1964年発足で、旧山里町。26街区。住宅地。長崎原爆資料館がある。長崎市の地名 フレッシュアイペディアより)

  • 被爆建造物

    被爆建造物から見た長崎原爆資料館長崎原爆資料館

    それに対して長崎市教育委員会は新聞上で「形あるものはいずれ風化する。平和教育の一環として、精神面で継承する方が効果的」との見解を示した。同校舎は同年8月より解体され、現在は長崎原爆資料館にて壁の一部と裏門の門柱のみが保存されている。被爆建造物 フレッシュアイペディアより)

  • 日本とイランの関係

    日本とイランの関係から見た長崎原爆資料館長崎原爆資料館

    2010年2月23日、イランのアリー・ラリジャニ国会議長が衆議院の招待で来日した。議長は、同月24日に岡田克也外務大臣と会談し、同月27日には長崎市を初めて訪れ、長崎原爆資料館を見学した。議長は記者団に「世界に一つでも原爆が存在すれば人類への脅威だ。人々は、核のない世界に向けて立ち上がるべきだ」と感想を述べた。見学後、田上富久長崎市長らと共に、資料館近くの爆心地公園にある原爆落下中心地碑に献花した。日本とイランの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 山王神社 (長崎市)

    山王神社 (長崎市)から見た長崎原爆資料館長崎原爆資料館

    山王神社の境内入口に南北に向かい合って立つ2本の楠。南側は胸高幹周8.2メートル、北側は同6メートル程で樹高はともに10メートル前後、樹齢はそれぞれ500年から600年とみられる(昭和44年(1969年)当時)。両木とも幹周に比べると樹高が10mと低いがそれも原爆の爆風により上部が欠損した為で、熱線により幹肌を焼かれた名残もある。原爆投下後、写真家の林重男やアメリカ戦略爆撃調査団が撮影した写真(ともに長崎原爆資料館所蔵)では立ち枯れているが、やがて樹勢を盛り返し、それぞれ大小の支幹から枝を張り出して東西40メートル、南北25メートルに及ぶ樹冠を形成し、今日でも豊かな緑を湛えており、神社ではその生命力に肖った「大くす守」と称する御守を出している。平成18年(2006年)の台風13号により枝が折れた為に樹木医による治療を受けたが、その際に幹の中に新たな空洞が見つかり、洞内から被爆当時のものと見られる表面が焼けた石や瓦礫などが見つかった。山王神社 (長崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た長崎原爆資料館長崎原爆資料館

    しかし一方で、日本国政府などの公式見解となる放射線影響研究所などの発表には以前より疑問の声が多くあり、各大学などでの調査・研究が続けられていたが、ついに2012年6月3日、長崎原爆資料館で開催された第53回原子爆弾後障害研究会、広島大学の鎌田七男名誉教授らによる「広島原爆被爆者の子どもにおける白血病発生について」の研究結果発表、すなわち広島大学原爆放射線医科学研究所研究グループの長期調査結果報告において、被爆二世の白血病発症率が高い、特に両親ともに被爆者の場合に白血病発症率が高いことが、50年に渡る緻密な臨床統計結果より明らかにされ、すなわち、少なくとも被爆二世については遺伝的な影響を否定できないとされた。鎌田は「これでようやく端緒についた。」と語っている。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 被爆者

    被爆者から見た長崎原爆資料館長崎原爆資料館

    一方で被爆二世の健康への影響を疑う意見も存在している。1988年に結成された全国被爆二世団体連絡協議会は、2004年に坂口厚生労働大臣に対して被曝2世、3世に健康に関する不安があり、なんらかの対応を求める請願書を提出した。同会の2006年の総会決議では原爆症と同じ症状で死去した2世が存在すると指摘している。2012年6月3日に長崎原爆資料館で開催された第53回原子爆弾後障害研究会で発表された広島大学の鎌田七男名誉教授らによる広島大学原爆放射線医科学研究所研究グループの長期調査結果報告である「広島原爆被爆者の子どもにおける白血病発生について」においては、被爆二世の白血病発症率は特に両親ともに被爆者の場合に高くなる遺伝的影響があるとされた。鎌田は「これでようやく端緒についた。」と語っている。被爆者 フレッシュアイペディアより)

  • 平和公園

    平和公園から見た長崎原爆資料館長崎原爆資料館

    1996年(平成8年)4月 - 長崎原爆資料館が開館。平和公園 フレッシュアイペディアより)

22件中 11 - 20件表示

「長崎原爆資料館」のニューストピックワード