前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
421件中 1 - 10件表示
  • 長崎高等商業学校

    長崎高等商業学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    しかし戦局の悪化とともに1944年5月以降、学徒動員が開始され、生徒たちが三菱兵器製作所、三菱造船所、川南造船所などに交替して出勤するようになると、経専・工経専での教育は次第に形骸化していった。戦争末期の1945年8月9日の原爆投下に際しては、経専の校地は爆心地から離れていたため学校自体の被害は僅少で、壊滅状態となった長崎医大の臨時本部が設置されることとなったが、動員先での被爆により27名の犠牲者を出した(後出)。長崎高等商業学校 フレッシュアイペディアより)

  • 8月9日

    8月9日から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年 - 第二次世界大戦: 長崎市への原子爆弾投下。約7万4千人が死亡。8月9日 フレッシュアイペディアより)

  • トリニティ実験

    トリニティ実験から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    この実験はアメリカ・ニューメキシコ州ソコロの南東48km(北緯33.675度、西経106.475度)の地点で行なわれた。実験場は現在ではアラモゴードに本部を持つアメリカ陸軍ホワイトサンズ・ミサイル実験場の一部となっている。トリニティ実験は爆縮型プルトニウム原子爆弾の爆発実験で、同型の爆弾『ファットマン』が、後に日本の長崎県長崎市に投下された。この実験による核爆発は、約20ktのTNTの爆発と同規模のもので、この核実験を以ってしばしば「核の時代」の幕開けとされる。トリニティ実験 フレッシュアイペディアより)

  • 浦上燔祭説

    浦上燔祭説から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    浦上燔祭説(うらかみはんさいせつ)は、長崎市への原子爆弾投下および原子爆弾にまつわる永井隆(医学博士)の思想を指した定義のひとつであり、永井の言説および著作(『長崎の鐘』など)に関する論評のひとつである。高橋眞司長崎大学名誉教授によって命名された。浦上燔祭論(うらかみはんさいろん)。浦上燔祭説 フレッシュアイペディアより)

  • 山口仙二

    山口仙二から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    山口 仙二(やまぐち せんじ、1930年10月3日 - 2013年7月6日)は、長崎原爆の被爆者、日本の反核平和運動家。山口仙二 フレッシュアイペディアより)

  • 福済寺

    福済寺から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    福済寺(ふくさいじ)は、長崎県長崎市筑後町にある黄檗宗の寺院。山号は分紫山。1628年(寛永5年)に建立され、崇福寺、興福寺とともに「長崎三福寺」、さらに聖福寺も加えて「長崎四福寺」に数えられる唐寺である。本寺の檀信徒には、福建省の中でも漳州と泉州出身の華僑が多く、漳州寺や泉州寺と称せられた。本堂(大雄宝殿)などの建造物は、第二次大戦以前、国宝に指定されていたが、長崎市への原子爆弾投下で焼失した。福済寺 フレッシュアイペディアより)

  • この子を残して

    この子を残してから見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    永井は、旧制長崎医科大学(現在の長崎大学医学部)で放射線医学担当の助教授・医局員となり、第二次世界大戦が始まる前から放射線に被曝し、1945年6月には白血病と診断されていた。さらに、1945年8月9日11時2分、原爆によって被爆し、妻を亡くす。この著書は、自分の子供を残して死んでゆく悔しさと、自分の専門にかかわる病気と戦争で死ぬ悔しさを訴えたものである。この子を残して フレッシュアイペディアより)

  • 長崎医科大学 (旧制)

    長崎医科大学 (旧制)から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    原爆に被災した世界唯一の医科大学である(同じ被爆地の広島では、原爆被災の時点で医専(広島県立医専)は発足していたものの、医科大学は存在していなかった)。長崎医科大学 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 道ノ尾駅

    道ノ尾駅から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年8月9日の原爆投下時には、浦上駅から当駅まで臨時の救護列車が運転され当駅付近で救護活動が行われていた。道ノ尾駅 フレッシュアイペディアより)

  • ハンフォード・サイト

    ハンフォード・サイトから見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1943年にHanford Engineer Works(HEW)の実際の建設が開始されて、一時は5万人の人々がハンフォード・サイトで働いた。1945年8月に第二次大戦が終わるまでに、3基の原子炉(105-B、105-D、105-F)、3基のプルトニウム処理施設(221-T、221-B、221-U、各250メートル)が完成している。ここで作られた原料からプルトニウム型原子爆弾がロスアラモス研究所(当時は、サイトYと呼ばれた。)で製造され、ニューメキシコ州、アラモゴード爆撃試験場での核実験(トリニティ実験)に使われた。その後に長崎で実戦使用された(長崎市への原子爆弾投下)。ハンフォード・サイト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
421件中 1 - 10件表示