421件中 11 - 20件表示
  • カトリック浦上教会

    カトリック浦上教会から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)の長崎への原爆投下によって破壊されたが、1959年(昭和34年)に再建された。1962年(昭和37年)以降、カトリック長崎大司教区の司教座聖堂となっており、所属信徒数は約7千人で、建物・信徒数とも日本最大規模のカトリック教会である。カトリック浦上教会 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市立城山小学校

    長崎市立城山小学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1923年(大正12年)に開校した「城山尋常小学校」を前身とする。1945年(昭和20年)長崎市への原子爆弾投下により、爆心地に一番近い小学校(当時・国民学校)であった当校は甚大な被害を受けた。1947年(昭和22年)の学制改革による新制小学校発足の際には復興が間に合わず休校となったが、翌1948年(昭和23年)に開校にこぎつけた。2008年(平成20年)に創立85周年を迎えた。長崎市立城山小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市立長崎商業高等学校

    長崎市立長崎商業高等学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    8月9日 - 原爆投下により、現在の油木町にあった校舎・寮などを焼失。そのため、被爆直後は上長崎国民学校・東青年学校を仮校舎として授業を再開。長崎市立長崎商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎駅

    長崎駅から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月の原爆投下により駅舎は焼失し、1949年(昭和24年)にステンドグラスを備えた三角屋根が特徴の3代目駅舎が建てられた。1988年(昭和63年)には大規模な改装工事が行われたが、老朽化と新駅舎建設のため1999年(平成11年)に取り壊された。長崎駅 フレッシュアイペディアより)

  • 都築正男

    都築正男から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月、広島・長崎に原子爆弾が投下。広島で被爆した女優・仲みどりが東大病院に入院すると、都築は担当医としてその治療にあたったが、仲は8月24日に死去した。仲の死因を急性放射能症と診断した都築は世界で最初にカルテに「原子爆弾症」と記載した(原爆症第1号)。これをきっかけに彼は被爆者・原爆症患者の治療に関わることとなり、文部省学術研究会議の原子爆弾災害調査研究特別委員会の医学部門の責任者として8月30日に広島市内に入り、現地調査・被爆者救護にあたった。10月には雑誌『総合医学』に放射能障害に関する論文を発表、「原爆症」の実態を広く訴えた。都築正男 フレッシュアイペディアより)

  • 高射砲第134連隊

    高射砲第134連隊から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    しかし、昭和20年8月9日の長崎市への原子爆弾投下により甚大な被害を被り、負傷者の救護等に従事中に終戦を迎える。高射砲第134連隊 フレッシュアイペディアより)

  • 山王神社 (長崎市)

    山王神社 (長崎市)から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下において鎮座地が爆心地から約800メートルの地点に位置したために被爆し、その跡を残す一本柱鳥居や、熱線により裸同然となりながらも豊かな緑を取り戻した楠で有名。山王神社 (長崎市) フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・パイル1号

    シカゴ・パイル1号から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    CP-1は原子爆弾材料のプルトニウム239生成用原子炉を設計するための実験炉として開発された。このCP-1の成果を元につくられた原子炉で生成したプルトニウムは1945年8月9日、長崎に投下された原爆に利用され、数万人が死亡した。シカゴ・パイル1号 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋停留場

    大橋停留場から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月9日 - 原爆投下により全線不通、車庫も被災。大橋停留場 フレッシュアイペディアより)

  • 広島原爆をテーマとした作品

    広島原爆をテーマとした作品から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下 - 長崎原爆をテーマとした作品についてはこちらを参照。広島原爆をテーマとした作品 フレッシュアイペディアより)

421件中 11 - 20件表示