421件中 21 - 30件表示
  • フランシスコ (ローマ教皇)

    フランシスコ (ローマ教皇)から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    2014年11月、トルコから帰国する機内での記者会見で、フランシスコは第二次世界大戦終結から翌年でちょうど70年を迎えてなお世界が核の脅威にさらされていることに関して「人類はヒロシマ、ナガサキから何も学んでこなかった。…原子力エネルギーは人類に莫大な利益をもたらしたが、科学は人間性を破壊することにも使われてきた…核兵器が使用されている今日、まさに広島と長崎のように我々はゼロからスタートしなければならないだろう」と発言した。フランシスコ (ローマ教皇) フレッシュアイペディアより)

  • マンハッタン計画

    マンハッタン計画から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    マンハッタン計画(マンハッタンけいかく、)は、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツなどの一部枢軸国の原子爆弾開発に焦ったアメリカ、イギリス、カナダが原子爆弾開発・製造のために、科学者、技術者を総動員した計画である。計画は成功し、原子爆弾が製造され、1945年7月16日世界で初めて原爆実験を実施した。さらに、広島に同年8月6日・長崎に8月9日に投下、合計数十万人が犠牲になり、また戦争後の冷戦構造を生み出すきっかけともなった。マンハッタン計画 フレッシュアイペディアより)

  • 浦上駅

    浦上駅から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月9日、この駅は長崎市への原子爆弾投下により被爆した。爆心地にかなり近かったため辺りは相当な被害となったが、諫早駅等との間で被災者をピストン輸送する拠点として機能し続けた。被爆後の駅舎は原爆により焼失しバラック建てによる仮復旧の後、1953年(昭和28年)に建てられたものである。浦上駅 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田壽吉

    岡田壽吉から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    岡田 壽吉(おかだ ひさきち、1887年1月 - 1949年3月6日以降)は、長崎市長(2期)。1945年8月9日の長崎原爆投下時の市長でもあった。名前は寿吉とも表記される。岡田壽吉 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱兵器住吉トンネル工場跡

    三菱兵器住吉トンネル工場跡から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月9日の原爆投下直後には、トンネル内において被爆者への救護活動が行われた被爆遺構でもあり、長崎市が作成した「被爆建造物等ランク付一覧表」では、上から2番目に重要度の高い「Bランク」とされている。三菱兵器住吉トンネル工場跡 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    核兵器は、人類が開発した最も強力な兵器の一つであり、その爆発は一発で都市を壊滅させる事も可能である。そのような威力ゆえに、20世紀後半に配備数が増えるにつれ核戦争の脅威が想定されるようになり、単なる兵器としてだけではなく、国家の命運、人類の存亡にも影響するものとして、開発・配備への動きのみならず、規制・廃棄の動きなど様々な議論の対象となってきた。また、実戦使用されたのがアメリカ合衆国による、第二次世界大戦における二発(広島・長崎)のみであり、使用ではなく、主に配備による抑止力として、その意義が評価されている側面を持つ。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎四郎

    岩崎四郎から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    岩崎 四郎(いわさき しろう、1933年 - 2010年3月4日)は、日本の法務官僚、刑務官。元名古屋矯正管区長。退官後は長崎原爆の研究に取り組んだ。岩崎四郎 フレッシュアイペディアより)

  • ファットマン

    ファットマンから見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    イギリスの保守党の政治家であるチャーチル首相にちなんで名づけられたという噂もあるが、マンハッタン計画に参加した物理学者ロバート・サーバー(Robert Serber)によると、彼は映画「マルタの鷹」のキャラクター「Kasper Gutman」から名づけたのであるという。アメリカ軍の分類番号はMk.3であり、大戦後も製造が継続された。最初の一発は1945年8月9日に長崎市に投下され、実戦使用された核兵器であり、この長崎に投下された原子爆弾、「インプロージョン方式プルトニウム活性実弾 F31」だけを指すこともある。ファットマン フレッシュアイペディアより)

  • 反核運動

    反核運動から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    2011年3月11日の東日本大震災によって日本の東海岸の原子力発電所が被災し、福島第一原子力発電所事故が発生すると、「反原発運動」という形で反核運動が起こるようになった。福島第一原発の爆発事故は、「被爆地」として反核兵器運動を推進して来た広島市民と長崎市民にも衝撃を与え、「ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ」というキャッチフレーズを生んだ。反核運動 フレッシュアイペディアより)

  • アトミック・カフェ

    アトミック・カフェから見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    使われている素材は、人類史上最初の核実験、広島・長崎への原爆投下、ビキニ核実験などの実際の映像のほか、アメリカ政府制作の反共プロパガンダ映画、ニュース映画、大統領の演説音声、ラジオ放送、民間防衛のための広報フィルムなど多岐にわたる。素材はいずれも編集されているが、全て実際に撮影・製作・放送されたものである。アトミック・カフェ フレッシュアイペディアより)

421件中 21 - 30件表示

「長崎原爆」のニューストピックワード