301件中 31 - 40件表示
  • ジェレマイア・ライト

    ジェレマイア・ライトから見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    『・・・我々は広島を爆撃した。我々は長崎を爆撃した。そして我々は核爆弾を落とし、このたびニューヨークとペンタゴンで殺された数千人よりもはるかに沢山の人々を殺害した。我々はこのことから目を背け続けている』ジェレマイア・ライト フレッシュアイペディアより)

  • 田上富久

    田上富久から見た長崎への原爆投下長崎市への原子爆弾投下

    6月30日に久間章生防衛大臣が長崎への原爆投下について「しょうがない」と発言したと伝えられたことを受け、「高校生平和大使」10周年記念会に出席していた田上は「事実とすれば、被爆地として容認できない」と強く非難した。さらには7月3日に上京、久間と面会し「被爆者の心情を踏みにじるものとして看過できない」という内容の要請文を手渡した。久間からは釈明の場を設けて欲しい旨の提案があったという。午後には安倍晋三首相に面会し、政府に抗議した。安倍は田上に対し、核廃絶を目指す政府の方針を改めて表明した。久間はこの日の午後、辞意を表明したが、夕方に長崎市役所で行った記者会見で田上は「決着がついたわけではない」と強調した。なお、7月7日に行われた「平和宣言文」起草委員会では抗議をすべしという意見が相次いだ。しかし委員長である田上は、久間の発言に特化することなく、核廃絶と逆の方向に向かう意見に対する抗議を述べるほうが良いと考えたため、8月9日の平和祈念式典で読み上げられた平和宣言文には、発言を直接的に批判する言葉は盛り込まれていない。田上富久 フレッシュアイペディアより)

  • 菱川文博

    菱川文博から見た長崎原爆長崎市への原子爆弾投下

    兵庫県明石市出身。旧制明石中学時代は、吹奏楽部で大太鼓を担当した。県の選抜演奏チームにも選ばれ、中学校野球大会(今の高校野球)の入場行進は、5年間出場した。軍国主義に反対し、陸軍士官学校で放校処分を受ける。1945年8月6日、駐屯先に行く途中の列車の中で、広島で投下された原子爆弾により被爆。さらに3日後の8月9日、駐屯地の長崎でも原爆が投下され、再び被爆する。特に長崎では爆心地から約2.5kmの所に居て、何mか跳ね飛ばされた。このため被爆手帳は長崎での被爆で取得した。翌日から所属する中隊は長崎市内で救助活動を行ったが、中隊長に駐屯地の留守役を小隊長と2名で行うよう命じられる。駐屯地が郊外にあったため、浴びた放射能の量が少なかった。他の隊員の多くは被爆の後遺症で短命の者が多かったという。菱川文博 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎高等学校 (旧制)

    長崎高等学校 (旧制)から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    太平洋戦争最末期の1945年(昭和20年)8月9日、長崎市への原子爆弾投下によって壊滅的な損失を被り、1947年(昭和22年)3月に「B級」判定を受けて廃止された旧制長崎医科大学附属医学専門部の在校生を救済するために設置された、いわゆる「戦後特設高等学校」である(A級B級判定については、旧制医学専門学校を参照)。長崎高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ローズ

    リチャード・ローズから見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    いまだ冷戦体制が続いていた1986年に出版された『原子爆弾の誕生』(The Making of the Atomic Bomb) では、1930年代の核分裂、核連鎖反応の発見に始まり、マンハッタン計画を経て、1945年の広島と長崎への原子爆弾投下に至るまでを中心として原子爆弾の誕生の物語を明らかにする。 科学者、政治家、軍人、そして被爆者に関する数多くの事実と証言をおよそ600件の文献とインタビューを元に幅広く網羅するとともに、そのつながりを明らかにし、批評を廃してそこに存在した多くの物語を冷静なタッチで描き出している。 原書で900ページ近いこの著作は、1988年に一般ノンフィクション部門でピューリッツァー賞を受賞したのを始め、全米図書賞、全米批評家協会賞を受賞し、原書は数十万部を売上げるとともに、10か国語以上に翻訳され、この著作はこのテーマにおいてそれを最も包括的に扱った代表的なもののひとつとなっている。リチャード・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 八幡市 (福岡県)

    八幡市 (福岡県)から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    太平洋戦争中の1944年6月16日に、初めてB-29を使用した日本本土空襲の対象となる(八幡空襲)。空襲はこのあと同年8月20日におこなわれたあとは1年近くなかったが、終戦直前の1945年8月8日の空襲で大きな被害を受けた。この空襲により発生した煙は、八幡市へもさらなる壊滅的打撃を与えたであろう小倉市への原子爆弾投下を妨げることとなった(詳細は「長崎市への原子爆弾投下」の項参照)。八幡市 (福岡県) フレッシュアイペディアより)

  • 小倉陸軍造兵廠

    小倉陸軍造兵廠から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    このため1945年(昭和20年)にアメリカ軍が2度目の原子爆弾投下の際に、この風船爆弾工場を第一投下目標としたが、3度も爆撃航程に失敗したため第二投下目標であった長崎県長崎市に投下されている。詳しくは長崎市への原子爆弾投下の項を参照。小倉陸軍造兵廠 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立ろう学校

    長崎県立ろう学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月9日 - 長崎市への原子爆弾投下により、長崎出張中の多比良校長が被爆し死亡、浦上校舎も原爆の直撃を受け壊滅的な被害を受ける。長崎県立ろう学校 フレッシュアイペディアより)

  • 核爆弾

    核爆弾から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    人類史上初めてかつ唯一実戦で核爆弾を使用したのがアメリカ合衆国であり、投下先は日本の広島、長崎である。 核爆弾 フレッシュアイペディアより)

  • 山口仙二

    山口仙二から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1930年、長崎市に生まれる。1945年8月9日、長崎県立長崎工業学校1年時の14歳の時に、学徒動員で通っていた三菱長崎兵器製作所大橋工場裏(長崎原爆の爆心地から1.4kmの地点)で、防空壕を掘る作業中に原子爆弾に被爆した。周囲で多くの学生が死亡し、自身も顔と全身に大火傷を負った。大村海軍病院に搬送され40日間にわたる高熱等に苦しめられたが、奇跡的に回復して翌1946年3月9日に退院した。山口仙二 フレッシュアイペディアより)

301件中 31 - 40件表示

「長崎原爆」のニューストピックワード