421件中 31 - 40件表示
  • 1945年

    1945年から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    午前11時02分、米軍が長崎市へ原子爆弾投下1945年 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立長崎西高等学校

    長崎県立長崎西高等学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月9日 - 長崎市への原子爆弾投下により、34名が死亡。長崎県立長崎西高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • B-29 (航空機)

    B-29 (航空機)から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    同年8月、広島市・長崎市に、原子爆弾(新型爆弾)を投下、広島・長崎あわせ30万人以上の市民を殺戮した。広島に原子爆弾を投下したB-29はエノラ・ゲイ、長崎に原子爆弾を投下した機はボックスカーと呼ばれる。広島にはウラン型「リトルボーイ」、長崎にはプルトニウム型「ファットマン」が投下された(詳細は広島市への原子爆弾投下、長崎市への原子爆弾投下参照)。B-29 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 下村脩

    下村脩から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    京都府福知山市に陸軍軍人の家に生まれる。父の生家は長崎県雲仙市瑞穂町にあり代々庄屋を勤めた名家。下村も数年間居住し、現在も兄弟が在住している。満州国、長崎県佐世保市、大阪府等在住を経て、旧制中学生のとき母の実家・長崎県諫早市に疎開し、勤労動員生活を送る。旧制長崎県立佐世保中学校(佐世保南高校、佐世保北高校の前身)、大阪府立住吉中学校を経て、16歳の時、諫早市にて原爆に遭遇(爆心から20km先)。終戦後、長崎県立諫早中学校を卒業。下村脩 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎への原子爆弾投下

    長崎への原子爆弾投下から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    長崎への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎大虐殺

    長崎大虐殺から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    長崎大虐殺 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の核武装論

    日本の核武装論から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    「その可能性は大きい。日本はその気になれば90日以内に核爆弾を製造し、ミサイルに搭載できる技術的能力を持っている。われわれはすでに大陸間弾道弾(ICBM)水準のミサイル(ロケット)を保有しており、50トン以上のプルトニウムを備蓄している。核爆弾2,000基を製造できる分量だ。日本はすでに30〜40年前、原爆製造に必要なあらゆる実験を終えた。日本が核武装をしないのは国民情緒のためだ。9割の日本人が核兵器の開発に反対している。広島と長崎の悪夢のためだ。しかしわれわれが北朝鮮核兵器の実質的脅威を受ける状況になれば、世論は急変するはずだ」(2005年2月25日 大前研一)日本の核武装論 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市立南小学校・中学校

    長崎市立南小学校・中学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    8月 - 平和祈念集会(9日 長崎原爆の日)長崎市立南小学校・中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎電気軌道の4輪単車

    長崎電気軌道の4輪単車から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    車庫火災や原爆投下で被災した車両以外は戦後まで残ったが、1950年代からボギー車への置き換えが進められ順次廃車解体された。保存された車両も存在しない。長崎電気軌道の4輪単車 フレッシュアイペディアより)

  • 長与町立長与中学校

    長与町立長与中学校から見た長崎への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1948年(昭和23年)9月 - 長崎市への原爆投下後、長与村に疎開移転していた長崎県立盲学校が大村市に移転したため、その校舎を移築し、4教室を増築。長与町立長与中学校 フレッシュアイペディアより)

421件中 31 - 40件表示