301件中 51 - 60件表示
  • 九州の鉄道

    九州の鉄道から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    第二次世界大戦(太平洋戦争)では九州各地の産炭地からの石炭輸送や兵員輸送等に鉄道が酷使される一方、一部の不急不要とされた路線は休廃止された。戦争末期には空襲で特に都市部の鉄道が多く被災した。1945年(昭和20年)8月9日には長崎市浦上に原爆が投下され、国鉄長崎本線と長崎電気軌道線が大きな被害を受けた。九州の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市立朝日小学校

    長崎市立朝日小学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    8月9日 - 長崎市への原子爆弾投下による爆風で校舎が損壊。長崎市立朝日小学校 フレッシュアイペディアより)

  • レオ・シラード

    レオ・シラードから見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    シラードは広島と長崎への原爆投下のニュースによってその努力が報われなかったことを知った。後の妻ゲルトルート・ヴァイスへの8月6日付けの手紙の中では、この行為が「10年単位の現実的な観点で見ても、人道的な見地においても、史上最悪の過ち」であると述べている。長崎への原爆投下直後には大学礼拝堂付きの牧師へ2つの都市の犠牲者に対する祈祷と生存者への献金の呼びかけを願い出で、またシカゴ大学学長であったロバート・ハッチンス (Robert Hutchins) を通じて戦後世界における原子爆弾の意味について討議する有識者会合を9月に行った。さらにアメリカとソ連の科学者による討論によってソ連との協定づくりがより現実的なものとなると考え、双方の会議を構想したが国務長官バーンズの反対で実現はしなかった。レオ・シラード フレッシュアイペディアより)

  • 長崎電気軌道の4輪単車

    長崎電気軌道の4輪単車から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    車庫火災や原爆投下で被災した車両以外は戦後まで残ったが、1950年代からボギー車への置き換えが進められ順次廃車解体された。保存された車両も存在しない。長崎電気軌道の4輪単車 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立美術博物館

    長崎県立美術博物館から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    8月9日(長崎原爆の日)- 美博講座を開始。長崎県立美術博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 311

    311から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月9日の長崎市への原子爆弾投下の後、長崎本線で運行された救援列車第一号。311 フレッシュアイペディアより)

  • 富山大空襲

    富山大空襲から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    富山大空襲(とやまだいくうしゅう)は、1945年(昭和20年)8月1日から8月2日にかけてアメリカ軍が富山県富山市に対して行った空襲。当時の市街地の99.5%を焼失し、広島、長崎への原子爆弾投下を除く地方都市への空襲としては最も被害が大きかった。富山大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ワグナー

    ピーター・ワグナーから見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1990年 来日し、米国が行った広島と長崎への原爆投下を、日比谷公会堂において、日本人に対して謝罪した。ピーター・ワグナー フレッシュアイペディアより)

  • 田川務

    田川務から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    市長在任中、1955年(昭和30年)にアメリカ合衆国セントポール市と日本国内では初となる姉妹都市提携を結んだ。また、1958年(昭和33年)に原爆投下時に全壊した浦上天主堂(浦上教会)の廃墟の撤去を決定。撤去後の跡地に翌1959年(昭和34年)に被爆前の天主堂を模した新しい天主堂が建てられた。撤去に至る経過については浦上教会を参照。田川務 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎縣護國神社

    長崎縣護國神社から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    昭和20年8月、原爆投下により全ての建造物を失い、遷座前の佐古招魂社跡(梅ヶ崎天満宮)を仮宮とする。昭和38年10月に再建された。長崎縣護國神社 フレッシュアイペディアより)

301件中 51 - 60件表示

「長崎原爆」のニューストピックワード