301件中 61 - 70件表示
  • 長崎西洋館

    長崎西洋館から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    所在地は長崎原爆が落下した中心地に近接、国道206号沿いであるほか、南側には建物内を通り抜けている長崎電気軌道浜口町電停が隣接している。長崎西洋館 フレッシュアイペディアより)

  • 淵神社

    淵神社から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    明治元年(1868年)の神仏分離令により、弁財天は市杵島姫命の本地仏であるので、祭神を宗像三女神に改め、「淵神社」を称する神社となった。明治7年5月に村社に列格し、昭和18年、県社に昇格した。昭和20年(1945年)8月9日、原爆により本殿が倒壊し、昭和35年(1960年)に再建された。淵神社 フレッシュアイペディアより)

  • 中町教会

    中町教会から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月9日 長崎市への原子爆弾投下により、爆心地の2.6キロメートル南南東に位置する当教会も被災。爆風により天井の崩落など損壊し、その後発生した火災により側壁と尖塔以外が焼失した。中町教会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本赤十字社長崎原爆病院

    日本赤十字社長崎原爆病院から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年8月9日に原爆が投下された長崎市における原爆症に関する治療と研究を主たる使命とするが、原爆症以外の病気に関する診察・治療も行っており、長崎市及び長崎県南部における拠点病院の一つでもある。日本赤十字社長崎原爆病院 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱長崎病院

    三菱長崎病院から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月 - 原爆投下時には被害軽微であったため、罹災者の治療にあたる。三菱長崎病院 フレッシュアイペディアより)

  • 諸谷義武

    諸谷義武から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    熊本県出身。長崎高等商業学校卒業後、長崎市内で底引き網の網元の支配人となる。1945年(昭和20年)8月9日、長崎市内の自宅で原爆投下に遭遇。水を求めながら亡くなった被爆者を多数目撃した体験から、市長就任後に平和公園内に「平和の泉」を造らせている。1947年(昭和22年)より長崎市議会議員を2期、1955年(昭和30年)より長崎県議会議員を3期務め、この間1963年5月?1964年12月まで副議長になった。1967年(昭和42年)4月の統一地方選挙で執行された長崎市長選に出馬し当選、以後1979年(昭和54年)4月の市長選で本島等に敗れるまで3期12年間長崎市長を務めた。諸谷義武 フレッシュアイペディアより)

  • 小値賀町立小値賀中学校

    小値賀町立小値賀中学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    8月 - 夏休み、平和集会(9日長崎原爆の日)小値賀町立小値賀中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市立稲佐小学校

    長崎市立稲佐小学校から見た長崎への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月9日 - 長崎市に投下された原子爆弾により、全木造校舎が倒壊するなど大きな被害を受ける。長崎市立稲佐小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥飼欣一

    鳥飼欣一から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    核兵器への認識としては、1945年8月の広島市と長崎市への原子爆弾投下が日本を降伏させたという「原爆終戦説」を否定していた。もしも、原爆投下がアジア・太平洋戦争末期に死に物狂いで戦った日本を和平に向かわせ、降伏を決断させたのであれば、原子爆弾は、平和をもたらす兵器(peace maker)となってしまう。つまり、原爆投下の理由として、原爆終戦説を認めれば、核兵器の保有・開発は平和をもたらす行為と解釈せざるをえない。これでは、核兵器の開発・製造・保有も核実験も非難することはきない。このように考えて、原爆終戦説という俗説には、終始批判的であった。鳥飼欣一 フレッシュアイペディアより)

  • 高等商業学校

    高等商業学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    なお官立経専の中で戦災(空襲)によって校舎の大半を焼失したのは高松経専のみである(長崎経専は原爆に被災したが、爆心地からは山の陰となる場所に位置していたため爆風による校舎の倒壊は回避された)。高等商業学校 フレッシュアイペディアより)

301件中 61 - 70件表示

「長崎原爆」のニューストピックワード