421件中 81 - 90件表示
  • 竹山広

    竹山広から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年、肺結核で喀血し、長崎市浦上第一病院に入院した。退院予定日の8月9日、長崎市に原子爆弾が投下され、爆心地から1.4キロメートルの地点にあった病院にて被爆した。奇跡的に軽傷で済むが、退院する竹山を迎えに来るはずだった兄を目の前で喪った。竹山広 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立平戸高等学校

    長崎県立平戸高等学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    8月 - 平和学習(9日 長崎原爆の日)、夏季補習、中学生1日体験入学オープンスクール)長崎県立平戸高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 高等商業学校

    高等商業学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    なお官立経専の中で戦災(空襲)によって校舎の大半を焼失したのは高松経専のみである(長崎経専は原爆に被災したが、爆心地からは山の陰となる場所に位置していたため爆風による校舎の倒壊は回避された)。高等商業学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立美術博物館

    長崎県立美術博物館から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    8月9日(長崎原爆の日)- 美博講座を開始。長崎県立美術博物館 フレッシュアイペディアより)

  • シールズ・ウォーレン

    シールズ・ウォーレンから見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    放射性降下物についての最初の体系的な調査を行い、のち海軍将校として広島市への原子爆弾投下や長崎市への原子爆弾投下による存命被害者を研究した。1956年、外科学者・アメリカ陸軍大佐アシュレー・オーターソンとの共編で調査報告書『日本における原子爆弾の医学的効果』をまとめた。シールズ・ウォーレン フレッシュアイペディアより)

  • 放射線生物学

    放射線生物学から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1895年に発見されたX線は、その利用が急速に進んだが、19世紀末から20世紀にかけて、医療従事者を中心に皮膚障害などの放射線障害が多発した。また、第一次世界大戦後には蛍光塗料を扱う作業者やラジウム鉱山でラジウム中毒が発生して、放射線が物理的・化学的効果を起こすよりもはるかに少量で、人体に大きな障害を起こすことが明らかになった。このような生体に対する放射線の影響について、20世紀初頭から研究が行われ、"細胞は分化の度が低いほど、また分裂が盛んなほど、放射線の感受性が高い"というベルゴニー・トリボンドーの法則(1906年)や、ハーマン・J・マラーのX線照射によるショウジョウバエの突然変異誘発実験(1927年)など、多くの知見が蓄積された。その後、1945年の広島市への原爆投下・長崎市への原子爆弾投下による原爆症の発生を契機に、放射線の生体に対する影響についての研究が進展し、1950年代後半から1960年代にかけて放射線生物学が確立されるに至った。放射線生物学 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立島原商業高等学校

    長崎県立島原商業高等学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    オープンスクール(「商業科デー」、「家政科デー」と称し、中学生対象の体験授業、体験実習を行う他、高校生が学科・学習内容のプレゼンテーションや部活動のアトラクション等を行う)、平和学習(9日 長崎原爆の日)、資格試験(漢字検定)長崎県立島原商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎女子商業高等学校

    長崎女子商業高等学校から見た長崎への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    8月9日 - 長崎への原子爆弾投下後に発生した火災の延焼で校舎が全焼。長崎女子商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立盲学校

    長崎県立盲学校から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月9日 - 長崎市への原子爆弾投下により、夏休みで市内に帰省していた生徒4名と長崎出張中の多比良校長が被爆し死亡。浦上校舎も原爆の直撃により壊滅的な被害を受ける。長崎県立盲学校 フレッシュアイペディアより)

  • 倉場富三郎

    倉場富三郎から見た長崎市への原子爆弾投下長崎市への原子爆弾投下

    太平洋戦争開戦後、イギリス人との混血児だった富三郎はスパイ嫌疑をかけられ、官憲の監視の下で不自由な生活を強いられた。武蔵建造の機密保持を理由にグラバー邸を退去させられたり、ワカに先立たれるなど不幸な晩年を送り、更に原爆投下により故郷が壊滅した事が追い打ちとなり、終戦直後の1945年8月26日に長崎の自宅で首吊り自殺を図り、死亡した(自殺の理由については、スパイの疑いを晴らすために積極的に戦争に協力した姿勢により、連合国から戦犯として裁かれるのを恐れたとする説もある)。享年74。倉場富三郎 フレッシュアイペディアより)

421件中 81 - 90件表示

「長崎原爆」のニューストピックワード