224件中 91 - 100件表示
  • 長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下から見た

    長崎市は周りがで囲まれた特徴ある地形であったため、熱線や爆風が山によって遮断された結果、広島よりも被害は軽減されたが、周りが平坦な土地であった場合の被害想定は、広島に落とされた原爆「リトルボーイ」の威力を超えたとも言われている。長崎市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下から見た浦上教会

    信仰の自由を得た浦上の信徒らは、1914年、約30年の歳月を費やし、東洋一のロマネスク様式の名建築とも評された浦上天主堂を建立する。1920年に浦上が長崎市に編入された後も、長崎電気軌道の延伸などもあり、三菱製鋼所や三菱兵器工場などの工場施設、長崎医科大学や長崎商業学校、鎮西学院などの文教施設、競馬場、刑務所などの公的施設が整備、拡充されていった。長崎市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下から見た小倉陸軍造兵廠

    午前9時40分、大分県姫島方面から小倉市の投下目標上空へ爆撃航程を開始し、9時44分投下目標である小倉陸軍造兵廠上空へ到達。しかし爆撃手カーミット・ビーハン陸軍大尉が目視による投下目標確認に失敗する。その後、別ルートで爆撃航程を少し短縮して繰り返すものの再び失敗、再度3度目となる爆撃航程を行うがこれも失敗。この間およそ45分間が経過した。長崎市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下から見たボックスカー

    スウィーニーの搭乗機は通常はグレート・アーティストであったが、この機体には広島原爆投下作戦の際に観測用機材が搭載されていた。これをわざわざ降ろして別の機体に搭載し直すという手間を省くため、ボック大尉の搭乗機と交換する形で、爆弾投下機はボックスカーとなったのである。長崎市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下から見たリトルボーイ

    長崎原爆「ファットマン」はTNT火薬換算で22,000t(22kt)相当の規模にのぼる。この規模は、広島に投下されたウラン235の原爆「リトルボーイ」(TNT火薬15,000t相当)の1.5倍の威力であった。長崎市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下から見たファットマン

    スウィーニーは直ちに自動操縦に切り替えてビーハンに操縦を渡した。工業地帯を臨機目標として、高度9,000mからMk-3核爆弾ファットマンを手動投下した。ファットマンは放物線を描きながら落下、約1分後の午前11時2分、長崎市街中心部から約3kmもそれた別荘のテニスコート上空、高度503mプラスマイナス10mで炸裂した(長崎市松山町171番地)。長崎市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下から見た原子爆弾

    長崎市への原子爆弾投下(ながさきしへのげんしばくだんとうか)では、第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)8月9日午前11時02分に、アメリカ軍が日本の長崎県長崎市に対して投下した原子爆弾(以下『原爆』と記す)に関する記述を行う。これは実戦で使われた二発目の核兵器である。この一発の兵器により当時の長崎市の人口24万人(推定)のうち約14万9千人が死没、建物は約36%が全焼または全半壊した。長崎市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下から見た五式戦闘機

    この小倉上空での3回もの爆撃航程失敗のため残燃料に余裕がなくなり、その上ボックスカーは燃料系統に異常が発生したので予備燃料に切り替えた。その間に天候が悪化、日本軍高射砲からの対空攻撃が激しくなり、また、陸軍芦屋飛行場から飛行第59戦隊の五式戦闘機、海軍築城基地から第203航空隊の零式艦上戦闘機10機が緊急発進してきた事も確認されたので、目標を小倉市から第二目標である長崎県長崎市に変更し、午前10時30分頃、小倉市上空を離脱した。長崎市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下から見たテニス

    スウィーニーは直ちに自動操縦に切り替えてビーハンに操縦を渡した。工業地帯を臨機目標として、高度9,000mからMk-3核爆弾ファットマンを手動投下した。ファットマンは放物線を描きながら落下、約1分後の午前11時2分、長崎市街中心部から約3kmもそれた別荘のテニスコート上空、高度503mプラスマイナス10mで炸裂した(長崎市松山町171番地)。長崎市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市への原子爆弾投下

    長崎市への原子爆弾投下から見たシカゴ・パイル1号

    1942年5月、プルトニウム増殖の技術研究の原子炉シカゴ・パイル1号 (CP-1) の開発が開始した。原子炉CP-1はシカゴ大学キャンパス内のアメフト場 (Stagg Field) に作られ、その年の12月にはパイルは臨界実験に成功する。1942年8月には、シーボーグは計量可能量のプルトニウムの分離に成功する。しかしCP-1はプルトニウムの実生産にはスケールが小さすぎるため、直ちに実生産プラントの計画が始まった。プルトニウム原爆の製造に必要量のプルトニウムを生産するためには、巨大設備が必要であることが判明した。長崎市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

224件中 91 - 100件表示

「長崎原爆」のニューストピックワード