1650件中 101 - 110件表示
  • 民力涵養運動

    民力涵養運動から見た県知事都道府県知事

    民力涵養運動(みんりょくかんよううんどう)とは、第一次世界大戦後の1919年(大正8年)3月、当時の床次竹二郎内務大臣から各府県知事宛に発せられた訓令をきっかけに始められた、様々な戦後経営事業の総称。民力涵養運動 フレッシュアイペディアより)

  • ダイオキシン類対策特別措置法

    ダイオキシン類対策特別措置法から見た都道府県知事都道府県知事

    都道府県知事は、ダイオキシン類による土壌の汚染の状況が土壌の汚染に関する基準を満たさない地域であって、当該地域内の土壌のダイオキシン類による汚染の除去等をする必要があるものとして政令で定める要件に該当するものをダイオキシン類土壌汚染対策地域(以下「対策地域」という。)として指定することができる。(法第29条)ダイオキシン類対策特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • ウェルポイント施工技能士

    ウェルポイント施工技能士から見た都道府県知事都道府県知事

    ウェルポイント施工技能士(うぇるぽいんとせこうぎのうし)とは、国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事(問題作成等は中央職業能力開発協会、試験の実施等は都道府県職業能力開発協会)が実施する、ウェルポイント施工に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。ウェルポイント施工技能士 フレッシュアイペディアより)

  • 触法少年

    触法少年から見た都道府県知事都道府県知事

    刑法41条は「14歳に満たない者の行為は、罰しない」と規定し、刑事未成年者である触法少年を処罰対象から除外している。児童福祉法による処置が原則として行われるが、都道府県知事または児童相談所長から送致を受けた場合に限って、家庭裁判所の審判の対象となる(少年法3条2項)。この場合、家庭裁判所は触法少年に対して保護処分を決定する(少年法24条1項)。触法少年 フレッシュアイペディアより)

  • 笹子トンネル

    笹子トンネルから見た都道府県知事都道府県知事

    戦後の1952年(昭和27年)制定の新道路法では再び笹子峠越えの区間が一級国道20号に指定され、難所のトンネル貫通が求められていた。戦後山梨県初の県人知事として1951年(昭和26年)に当選し、「富める山梨」を掲げ総合開発計画を実施していた天野久時代には野呂川総合開発と並ぶ事業として計画され、当初は県債財源の有料トンネル案であった。1954年(昭和29年)には調査測量が開始されるものの県財政の悪化より事業は危ぶまれるが、天野知事の運動もあり、翌1955年(昭和30年)10月には建設省(現:国土交通省)の直轄工事として採用され、日本道路公団の設立に伴い公団直轄事業となった。国道20号改築工事として1956年(昭和31年)12月11日に工事を開始し、総工費は12億8500万円。事業には37戸の移転と工事中に7人の犠牲者が発生したものの、1957年(昭和32年)12月に完成し、1958年(昭和33年)11月23日に工事が完了。同年12月8日に日本道路公団が管理する一般有料道路「笹子トンネル」として供用開始される。その後料金収入は増加し、償還予定期間の20年間を待たず、1971年(昭和46年)4月24日に償還完了により無料開放された。笹子トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 内水面漁場管理委員会

    内水面漁場管理委員会から見た都道府県知事都道府県知事

    内水面漁場管理委員会は、原則として10人の委員で組織され、委員は、当該都道府県の区域内に存する内水面において漁業を営む者を代表すると認められる者、該当内水面において水産動植物の採捕を営む者を代表すると認められる者及び学識経験者の中から都道府県知事が選任したものを充てる。委員の任期は4年。内水面漁場管理委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 郡参事会

    郡参事会から見た都道府県知事都道府県知事

    郡参事会は、郡会議員互選による3人と知事選任の1人、それに議長をつとめる郡長の5人で構成された。同会は、郡会提出議案の事前審査、郡会委任事項や臨時急施事項の議決のほか、町村監督事務への参与など、広範な権限を有していた。郡参事会 フレッシュアイペディアより)

  • 受胎調節実地指導員

    受胎調節実地指導員から見た都道府県知事都道府県知事

    都道府県によって違う。受講資格を満たした上で講習を修了し、都道府県知事に指定の申請を行えば、免許が交付される。受胎調節実地指導員 フレッシュアイペディアより)

  • 余地ダム

    余地ダムから見た都道府県知事都道府県知事

    余地ダム建設の最中である2001年(平成13年)、当時の長野県知事・田中康夫は脱ダム宣言を表明。建設が計画されていた長野県営ダムの多くが中止となった。脱ダム宣言後も、ダム本体工事が着手済みとなっていた事業については続行されており、余地ダムは史上最後に完成した長野県営ダムとなった。余地ダム フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県雇用開発協会

    都道府県雇用開発協会から見た都道府県知事都道府県知事

    都道府県雇用開発協会(とどうふけんこようかいはつきょうかい)は、各都道府県において高年齢者等および障害者の雇用に関し、相談・援助・給付などの各種事業を行うことにより、職業の安定と福祉の向上に寄与することを目的として、都道府県知事または都道府県労働局長の許可により設立された社団法人または財団法人である。都道府県雇用開発協会 フレッシュアイペディアより)

1650件中 101 - 110件表示

「長崎県知事選」のニューストピックワード