1650件中 31 - 40件表示
  • 第166回国会

    第166回国会から見た都道府県知事都道府県知事

    2月4日 - 愛知県知事・北九州市長選挙。愛知県知事選では、自民・公明推薦の現職、神田真秋が野党候補に僅差で当選。北九州市長選挙では、民主・社民・国民新推薦の新人、北橋健治が当選。第166回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 第11回統一地方選挙

    第11回統一地方選挙から見た都道府県知事都道府県知事

    第11回統一地方選挙(だい11かいとういつちほうせんきょ)は、日本における地方自治体の首長(都道府県知事・指定市長・市区町村長)と地方議会(道府県議会・指定市議会・市区町村議会)の議員を全国一斉に改選するために、1987年4月12日と4月26日の2回に分けて投票が行われた地方選挙である。第11回統一地方選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第10回統一地方選挙

    第10回統一地方選挙から見た都道府県知事都道府県知事

    第10回統一地方選挙(だい10かいとういつちほうせんきょ)は、日本における地方自治体の首長(都道府県知事・指定市長・市区町村長)と地方議会(道府県議会・指定市議会・市区町村議会)の議員を全国一斉に改選するために、1983年4月10日と4月24日の2回に分けて投票が行われた地方選挙である。第10回統一地方選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県国家地方警察

    都道府県国家地方警察から見た都道府県知事都道府県知事

    都道府県国家地方警察(とどうふけんこっかちほうけいさつ)は、旧警察法(昭和22年法律第196号)により、都道府県知事の所轄の下に置かれた国家地方警察の組織のことである。都道府県国家地方警察 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田等

    柴田等から見た都道府県知事都道府県知事

    日本国憲法が施行された1947年(昭和22年)、旧知であった千葉県の元県議会議長・川口為之助が初代民選県知事となると、農業再建を掲げる川口の依頼で千葉県副知事となった。ところが、3年後の1950年(昭和25年)に川口が突如知事を辞任すると、国民民主党・日本社会党両党の支援を受けて県知事に初当選して以後3期務めた。だが、県議会の大半を抑えた自由党を野党にした事から県政運営に苦慮してきたが、当時は保守・革新両陣営ともに離合集散の時代が続き、県議会でもこれに中立な立場を取る立場を取る無所属会派「千葉クラブ」の台頭もあり、不安定ながらも知事の地位を維持してきた。1954年(昭和29年)の知事選挙では、柴田に不満を抱く川口前知事(当時自由党参議院議員)が独自候補の擁立を目指したために再選が危ういとも言われたものの、最終的には自由党が候補者を絞りきれずに独自候補擁立を断念したため、日本共産党の候補を圧倒して勝利を収めた(ただし、投票率は戦後の都道府県知事選挙でも最低水準の29・31%であった)。柴田等 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄代理署名訴訟

    沖縄代理署名訴訟から見た都道府県知事都道府県知事

    駐留軍用地特別措置法により国は在日米軍の軍用地の使用の関して、土地所有者がこれに応じない場合は、第一に市町村長(市町村長がこれを拒否した場合は都道府県知事)が代わって土地・物件調書に署名押印を行い、第二に市町村長(市町村長がこれを拒否した場合は都道府県知事)が代わって公告縦覧を行い、第三に都道府県収用委員会の公開審理を経て採決することで、国は使用権原を取得することができることとされ、この市町村長又は都道府県知事の行う一連の事務が機関委任事務とされていた。沖縄代理署名訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 土地収用

    土地収用から見た都道府県知事都道府県知事

    起業者は、事業のために土地を収用し、又は使用しようとするときは、国土交通省又は都道府県知事の事業認定を受けなければならず、認定を受ける前に、国土交通省令で定める説明会等で事業の内容を利害関係を有するものに説明しなければならない(土地収用法第15条の14、第16条、第17条)。ただし、都市計画法に定める都市計画事業については土地収用の事業の認定は不要であり、都市計画事業の認可又は承認をもって事業認定に代えるものとされる(都市計画法70条)。土地収用 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属の会

    無所属の会から見た都道府県知事都道府県知事

    (2001年、堂本・水野の2名は知事選出馬のため参院議員を辞職)無所属の会 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部市郎兵衛 (7代)

    阿部市郎兵衛 (7代)から見た県知事都道府県知事

    滋賀県議会議員弘世助三郎・馬場新三・高田義助、滋賀県知事中井弘等は京・三重県・滋賀県の有力者に呼び掛け、京より名古屋を直接結ぶ鉄道敷設を計画し、阿部市郎兵衛を始め、三重県桑名船馬町(現桑名市)の諸戸清六、京都市上京区春帯町の濱岡光哲、東京市華族井伊直憲等11名が発起人となり、明治20年(1887年)3月30日関西鉄道株式会社の設立を申請した。明治21年(1888年)3月1日、関西鉄道会社設立(資本金300万円)に対し免許が交付され、翌年滋賀県内の草津・三雲間が開通し、順次営業区間は広がっていった。阿部市郎兵衛 (7代) フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋泰文

    棚橋泰文から見た都道府県知事都道府県知事

    1987年に東大法学部を卒業し、通商産業省に入省。同期に泉田裕彦新潟県知事がいる。在職中に司法研修所に出向し、司法修習を修了した。1993年1月、通商産業省を退官。同年2月に弁護士登録し、大垣市内で法律事務所を開設。棚橋泰文 フレッシュアイペディアより)

1650件中 31 - 40件表示

「長崎県知事選」のニューストピックワード