1650件中 41 - 50件表示
  • 公職選挙法

    公職選挙法から見た都道府県知事都道府県知事

    本法律における「公職」とは「衆議院議員」「参議院議員」「地方公共団体の議会の議員」「地方公共団体の長(=都道府県知事・市町村長)」であり(第3条)、これら「公職」を選出する選挙に関して規定した法律である(第2条)。なお、特別区および政令指定都市の行政区・総合区(以上、市に関する規程に準拠)、ならびに地方公共団体の組合(一部事務組合または広域連合。所属する自治体に関する規程に準拠)については議会議員並びに長の選挙に当たって本法律の規定を適用し(第267条・第269条)、財産区については議会選挙に関してのみ本法律の規程に準じるとされている(第268条)。公職選挙法 フレッシュアイペディアより)

  • 増田寛也

    増田寛也から見た都道府県知事都道府県知事

    官僚出身の知事としては珍しく、地方分権に極めて積極的なスタンスを取った。「国→都道府県→市町村」への権限委譲を主張し、全国知事会会長選挙に立候補して「闘う知事会」を主張した。また、全国紙に論説を寄稿したり、県の権限を「パッケージ」単位にして市町村へ積極的に委譲したりした。道州制導入にも積極的な態度を示し、実際に働きかけを行った。増田寛也 フレッシュアイペディアより)

  • 清棲家教

    清棲家教から見た都道府県知事都道府県知事

    清棲 家教(きよす いえのり、文久2年5月22日(1862年6月19日) - 大正12年(1923年)7月13日)は、皇族(伏見宮家)出身の日本の華族(伯爵)。佛光寺第26代管長を務めたあと還俗し、貴族院議員、官選県知事などを務めた。清棲家教 フレッシュアイペディアより)

  • 石川嘉延

    石川嘉延から見た都道府県知事都道府県知事

    地方自治体は従来のように国の方針をただ受け入れるのではなく、首長が自らあるべき地域像を提示しその実現を目指すべきだと主張しており、都道府県知事は地域を経営する観点に立つべきだと提言している。この理念の下、行政学に基づく「新公共経営」(New Public Management)を全国に先駆けて導入した。さらに、電子県庁化を積極的に進め、数値目標を明記した業務棚卸表を導入し政策の立案、評価を実施した。また、長期人材育成システムを導入し、NPM総括リーダーやNPMリーダーといった専門性の高い人材を職員の中から育成した。石川嘉延 フレッシュアイペディアより)

  • 大日本武徳会

    大日本武徳会から見た都道府県知事都道府県知事

    会員から会費(義金)を募ることでその運営を行い、会員数が目標に達した地域から順次支部を建設していった。府県支部長は府県知事、郡支部長は郡長、市町村支部長は市町村長がその地位に就いた。明治期にあって同様の組織形態をとる団体に、日本赤十字社、帝国水難救済会、日本海員掖済会、帝国海事協会、愛国婦人会などがあった。他団体の募金活動は、府県庁、郡役所、市役所、町村役場の一般職員が担当したのに対して、武徳会の募金活動は主に警察官が担当した。大日本武徳会 フレッシュアイペディアより)

  • 岩男三郎

    岩男三郎から見た都道府県知事都道府県知事

    岩男 三郎(いわお さぶろう、1851年6月8日(嘉永4年5月9日) - 1909年(明治42年)7月15日)は、幕末期の肥後熊本藩士、維新後は官吏、各県知事などを歴任した。岩男三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小野田元熈

    小野田元熈から見た都道府県知事都道府県知事

    小野田 元熈(おのだ もとひろ、1848年3月15日(弘化5年2月11日) - 1919年6月12日)は、幕末の館林藩士、明治から大正期の警察・内務官僚、政治家。官選県知事、貴族院議員、錦鶏間祗候。旧姓・藤野、幼名・貞治。小野田元熈 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤直人 (内務官僚)

    遠藤直人 (内務官僚)から見た都道府県知事都道府県知事

    遠藤 直人(えんどう なおと、1898年(明治31年)2月3日 - 1986年(昭和61年)4月6日)は、日本の内務官僚。メナド州知事などを務め、兵庫県最後の官選知事であった。戦後は帰農した一方で、福島県公安委員長などの公職を務めた。遠藤直人 (内務官僚) フレッシュアイペディアより)

  • 守屋武昌

    守屋武昌から見た都道府県知事都道府県知事

    1995年(平成7年)、防衛政策課長時代に発生した阪神・淡路大震災の自衛隊の出動においては、自衛隊法第81条1項での県知事要請(国会同意の必要なし)を待つ形でなく、自衛隊法78条1項での内閣総理大臣命令(20日以内に国会同意の必要有)なども視野に即時の自衛隊を全力投入することを、上司である次官に強硬に主張した。当時の与党は左派色が強い自社さ連立政権の村山内閣であり、もし国会同意が得られなければ責任を取って防衛庁幹部だけでなく、内閣総辞職をしかねないほどの政治的リスクが恐れられていたために退けられた。1996年(平成8年)、内閣審議官として「沖縄特別行動委員会(Special Action Committee on Okinawa、SACO)」で、懸案の沖縄基地移設問題に関与。防衛庁調達実施本部背任事件で額賀福志郎防衛庁長官が参議院で問責決議を可決されて辞任となり、証拠隠滅の疑いで事務次官や官房長などの防衛庁幹部が次々と引責辞任する中で、退任する額賀長官が置き土産を残す形で防衛施設庁施設部長から“3階級特進”で防衛庁長官官房長に昇進。守屋武昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山岳救助

    山岳救助から見た都道府県知事都道府県知事

    警察は警察法、消防は消防組織法に基づいて遭難者捜索及び救助活動を行っている。自衛隊は、自衛隊法に基づき、都道府県知事の災害派遣要請等を受け、捜索・救助活動に参加する。遭難の通報は、110番にかかってくることもあれば、119番にかかってくることもあるが、110番にかかってきたから警察が動くわけでも、119番にかかってきたから消防が動くわけでもない。発生地域や気象、部隊配置を検討して、より適当と思われる部隊に出動命令が下り、その他の部隊も必要に応じて、次の命令に備え出動準備を行っている。山岳救助 フレッシュアイペディアより)

1650件中 41 - 50件表示

「長崎県知事選」のニューストピックワード