111件中 11 - 20件表示
  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た大原博夫

    祖父・大原博夫広島県知事、孫・藤田雄山広島県知事(大原の娘が藤田の母・31年間の空白期間あり)都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た広瀬勝貞

    現職では広瀬勝貞大分県知事(1942年6月25日生まれ、2018年3月7日現在75歳)都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た天野久

    父・天野久山梨県知事、子・天野建山梨県知事(父子2代・24年間の空白期間あり)都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た天野建

    父・天野久山梨県知事、子・天野建山梨県知事(父子2代・24年間の空白期間あり)都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た原敬

    もっとも、人事が完全に省内で完結するようになったわけではなく、第1次西園寺公望内閣・第2次西園寺公望内閣時代に原敬内務大臣の下で立憲政友会(政友会)の影響が強まって以降、二大政党による政権交代がみられた大正後期から昭和初期の政党内閣期には内務官僚も政友会ともう一方の大政党である憲政会・立憲民政党(民政党)のそれぞれの系列に分かれ、それが知事人事にも反映した。都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た松方正義

    初期の知事・県令には、日田県知事の松方正義や兵庫県知事の伊藤博文、神奈川県知事(令)の陸奥宗光(兵庫県知事も歴任)など後に元勲と呼ばれる人々をはじめとする藩閥系の人々が多く任じられた。その後、政党との提携を模索していた第2次伊藤博文内閣後期から最初の政党内閣である第1次大隈重信内閣(隈板内閣)にかけては政党員が知事に任命される例が続いた。1899年(明治32年)、第2次山県有朋内閣によって文官任用令が改正されて知事が政治任用ポストから外され、政党員が排除されてもっぱら内務省官僚が任命されるようになり、省内出世のコースの一つとなっていった。大正から昭和にかけては高等文官試験合格者から毎年30〜40名ほどが採用されていたのに対して道府県の知事ポストは47あるため、彼らの誰もが到達可能な最も高いポストとして出世の目標とされた。都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た衆議院議員

    都道府県知事は、衆議院議員又は参議院議員と兼ねることができない。また、地方公共団体の議会の議員並びに常勤の職員及び短時間勤務職員と兼ねることができない(第141条)。都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た条例

    府県制下における知事は、地方長官として管轄する府県の区域内で国の一般行政を担任し、内務大臣を上官とした。ただし知事の管轄権限は幅が広く内務省以外の各省の管轄事務にも及ぶので、運用上は内閣総理大臣および各省大臣のいずれもが知事に対する上級官庁としての地位を有した。同時に知事は地方自治体としての府県の長でもあり、議決機関である府県会および府県参事会の議決に基づき条例等を執行した。府県会・府県参事会の議決権の範囲が限定的であるのに対して、知事は府県会の招集権を一方的に有するなど、議決機関に対する知事の権限は強大であった。政治任用が行われた時期も含め知事の在任期間は一般的に短く、1年半〜2年ほどで交替するのが普通で、内務官僚の知事の場合は他府県や本省との間で異動を繰り返した。府県知事は勅任官であったが(東京府知事も含む)、東京都長官はそれよりも一段地位の高い親任官とされていた。都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た地方公務員

    都道府県知事は、都道府県を統括し、これを代表する(第147条)独任制の執行機関であり、地方公務員法の適用がない特別職の地方公務員である。都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た東京都知事

    議会の議決と総務大臣の同意を取り付ければ新たな租税(地方税)を創設することができる。例えば、石原慎太郎東京都知事が作り出したホテル税や三重県の産業廃棄物税がこれに当たる。都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「長崎県知事選」のニューストピックワード