前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    は70試合に登板し、7勝1敗14ホールド、防御率3.29と活躍した。唯一の1敗は開幕第3戦の広島戦で、新井貴浩に逆転2ラン本塁打を打たれたことによるものだった。また打撃では9月3日の対広島戦(広島市民球場)で、7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェイバー公示申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2010

    プロ野球スピリッツ2010から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    迎祐一郎(オリックス・バファローズ)⇔長谷川昌幸、喜田剛(広島東洋カープ)プロ野球スピリッツ2010 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川元浩 (野球)

    吉川元浩 (野球)から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    2008年シーズンは二軍でチームトップの9本塁打を打って結果を残し、支配下登録期限間際の7月31日に支配下選手に登録されることが決まった。8月13日のファームでの広島戦で、広島先発の長谷川昌幸からソロ本塁打を放ち、イースタン・ウエスタンと合わせてファーム通算100号本塁打を記録した。8月17日、骨折した長谷川勇也に替わって一軍登録、7番DHにて今季初スタメン出場を果たした。8月29日の対西武戦、1点リードされた延長11回裏に代打で登場、アレックス・グラマンからプロ初となる同点ソロ本塁打を放ちチームの負けを救った。苦節11年で初の本塁打となった。吉川元浩 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ジャレッド・フェルナンデス

    ジャレッド・フェルナンデスから見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    2007年4月8日の東京ヤクルトスワローズ戦で来日初登板初先発を果たすが、5回途中10失点でKO。デビュー戦は乱調に終わった。しかし、4月28日の阪神タイガース戦ではKOされた長谷川昌幸の後を投げ4回無失点、日本球界での初勝利を挙げた。5月4日の阪神戦でも先発し2勝目をあげたが、この試合で本塁ベースカバーに入ろうとした際にふくらはぎを負傷した。ジャレッド・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • 吉年滝徳

    吉年滝徳から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    同年のドラフト会議にて広島東洋カープから2位指名を受け、契約金と年俸それぞれ7,000万円、500万円(いずれも推定)で入団。担当スカウトは佐伯和司で、同年ドラフト1位の長谷川昌幸と将来の左右のエース候補として期待されていた。入団会見では大野豊を目標に挙げている。吉年滝徳 フレッシュアイペディアより)

  • 窪田淳

    窪田淳から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    市立銚子高校では長谷川昌幸の控え投手であった。窪田淳 フレッシュアイペディアより)

  • レス・ウォーランド

    レス・ウォーランドから見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    初安打:2009年4月16日、対広島東洋カープ3回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、6回表に長谷川昌幸から右越二塁打レス・ウォーランド フレッシュアイペディアより)

  • 宮田征典

    宮田征典から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    引退後はからまでアール・エフ・ラジオ日本解説者。に巨人の一軍投手コーチに就任するが最下位に低迷し、翌は二軍投手コーチを務め解任された。その後は卓越した投球理論や投手育成法が評価され、日本ハム( - 二軍投手コーチ)、からまで文化放送解説者。西武(一軍投手コーチ, 二軍投手コーチ)、巨人( - 二軍投手コーチ、 - ・一軍投手コーチ, 二軍投手総合コーチ, 一・二軍統括投手総合コーチ)、中日(一軍投手コーチ)でコーチを歴任。西武時代には当時若手であった工藤公康・郭泰源を指導したほか、年齢の壁にぶつかっていた高橋直樹を立ち直らせた。工藤は球速を10キロアップさせ、エースへと成長した。巨人ではコーチ2期目に桑田真澄を立ち直らせ、3期目には上原浩治らを指導した。中日のコーチになったのは星野仙一監督に招聘されたものであり、ルーキー時代の川上憲伸や、肩の故障から伸び悩んでいた野口茂樹らを指導。野口は1998年14勝、防御率トップのエース級へ育てた。3年連続で4点台と低迷していたチーム防御率を3.14とした(12球団1位)。中日のコーチを体調不良を理由に1年で辞任、その後巨人の投手コーチに復活したが星野によると巨人の上層部から「なぜ中日のピッチャーが急によくなったんだ。なぜ宮田を出した。絶対に奪い返せ」という大号令があったのだという。木田優夫は「宮田さんには、つきっきりで投げ方の指導や、すべてを教わりました。1年目が終わったオフは12月末まで練習して、1月5日くらいから始動。マンツーマンでもうキャッチボールの初球から「投げ方が違う!」と怒られました。それくらい徹底して教えてもらいました。また、抑え投手のルーティンなどが書かれたメモも見せてもらうなど、いろいろ教えてもらいましたね。」と述べている。巨人で選手、コーチで同僚だった関本四十四は「コーチとしても素晴らしい再生屋だった。一度フォームをバラバラに解体して、投手を作り直す。オレも巨人で一緒に投手コーチをやったが、宮田さんの見事な再生屋ぶりには、感嘆するしかなかったね。今でこそ誰も持っている、チャックのついた手帳を最初に使ったのも、宮田さんだった。ブルペンでの投球数から始まり、事細かに書き付けた宮田さんのチャック付きの手帳は、これまた元祖だったね。」と述べている。広島の長谷川昌幸も低迷時に球団の了承のもと当時解説者の宮田の指導を仰ぎ、翌年二桁勝利を挙げた。宮田征典 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋建

    高橋建から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    開幕から8連勝を成し遂げ、最速149km/hのストレートと鋭いシュートを武器に防御率も1点台前半を記録した。前半不調だった黒田博樹、佐々岡真司、扁桃腺炎を患って戦線離脱した長谷川昌幸の穴を埋める活躍をして、左腕エースと呼ばれた。しかし、後半戦は1勝止まり。投手タイトルはもとより2年ぶりの2桁勝利すら逃した。高橋建 フレッシュアイペディアより)

  • 銚子市立銚子高等学校

    銚子市立銚子高等学校から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    長谷川昌幸 - 元・プロ野球選手(投手)銚子市立銚子高等学校 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示