前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    に巨人と契約して、同年7月度のJA全農Go・Go賞(救援賞)を初めて獲得。右のセットアッパーとして活躍し、在籍した2年間は共にチーム最多登板を果たした。防御率も2点台に向上して信頼度も上げ、堀内恒夫時代の手薄な巨人のブルペンを岡島秀樹らと共に支えた。また、2005年9月3日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)では7回表に長谷川昌幸から2点タイムリー二塁打を放ち、来日5年目で初安打も記録した。しかし、シーズン終了後、原辰徳が監督に就任すると戦力外通告を受け、本人が日本でのプレー続行を希望したため球団がウェーバー申請を行った。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • 吉年滝徳

    吉年滝徳から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    1995年のドラフト会議にて2位指名を受け、広島東洋カープに入団。同年ドラフト1位の長谷川昌幸と将来の左右のエース候補として注目されていた。入団当初に目標としていたのは大野豊。吉年滝徳 フレッシュアイペディアより)

  • ジャレッド・フェルナンデス

    ジャレッド・フェルナンデスから見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    2007年4月8日の東京ヤクルトスワローズ戦で来日初登板初先発を果たすが、5回途中10失点でKO。デビュー戦は乱調に終わった。しかし、4月28日の阪神タイガース戦ではKOされた長谷川昌幸の後を投げ4回無失点、日本球界での初勝利を挙げた。5月4日の阪神戦でも先発し2勝目をあげたが、この試合で本塁ベースカバーに入ろうとした際にふくらはぎを負傷した。ジャレッド・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • 波崎町

    波崎町から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    長谷川昌幸 - プロ野球選手波崎町 フレッシュアイペディアより)

  • 窪田淳

    窪田淳から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    市立銚子高校では長谷川昌幸の控え投手であった。窪田淳 フレッシュアイペディアより)

  • レス・ウォーランド

    レス・ウォーランドから見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    初安打:2009年4月16日、対広島東洋カープ3回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、6回表に長谷川昌幸から右越二塁打レス・ウォーランド フレッシュアイペディアより)

  • 吉川元浩 (野球)

    吉川元浩 (野球)から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    2008年シーズンは二軍でチームトップの9本塁打を打って結果を残し、支配下登録期限間際の7月31日に支配下選手に登録されることが決まった。8月13日のファームでの広島戦で、広島先発の長谷川昌幸からソロ本塁打を放ち、イースタン・ウエスタンと合わせてファーム通算100号本塁打を記録した。8月17日、骨折した長谷川勇也に替わって一軍登録、7番DHにて今季初スタメン出場を果たした。8月29日の対西武戦、1点リードされた延長11回裏に代打で登場、アレックス・グラマンからプロ初となる同点ソロ本塁打を放ちチームの負けを救った。苦節11年で初の本塁打となった。吉川元浩 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 武内晋一

    武内晋一から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    の春季キャンプでは外野守備の不安定さも大分影を潜め、また本職の一塁ではアダム・リグスをしのぐ動きを見せた。開幕は二軍スタートとなったが、リグスの故障により4月22日に一軍合流。5月3日の広島東洋カープ戦で長谷川昌幸からシーズン初安打となる2ラン本塁打を放った。しかし、一軍では打撃の確実性に苦しみその後は一軍と二軍を行き来する事になった。二軍では打率.367、7本塁打、44打点で、首位打者、最高出塁率、最高長打率を記録したが、一塁にはリグス、外野には同じ左打ちのガイエルがおり、トータルで両外国人選手を凌駕するには至らず、一軍に定着することはできなかった。武内晋一 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎憲晴

    山崎憲晴から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    初打点:2009年4月16日、対広島東洋カープ3回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、6回表に長谷川昌幸から二塁ゴロの間に記録山崎憲晴 フレッシュアイペディアより)

  • 池山隆寛

    池山隆寛から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    試合は1-1の同点で迎えた10回に広島が1点を勝ち越したが、その裏ヤクルトは「池山にもう一度打順を回そう」と、飯田哲也がセーフティバント、更に稲葉篤紀も同様にセーフティを企図(結果は犠打)するなど2死二塁とし、「本塁打が出れば逆転サヨナラ」の場面で池山に打順が回った。池山は長谷川昌幸が投じた球速150km超の直球に3球続けて空振りし、1-2で試合終了。池山はマウンドに歩み寄り、長谷川らと握手を交わした。池山隆寛 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「長谷川昌幸」のニューストピックワード