1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 7月16日

    7月16日から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    1977年 - 長谷川昌幸、プロ野球選手7月16日 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤俊雄

    斉藤俊雄から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    初安打:2008年4月6日、対広島東洋カープ3回戦(広島市民球場)、3回表に長谷川昌幸から二塁内野安打斉藤俊雄 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋建

    高橋建から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    前半戦は無敗の8連勝を成し遂げ、最速149km/hのストレートと鋭いシュートを武器に防御率も1点台前半を記録した。前半不調だった黒田博樹、佐々岡真司、扁桃腺炎を患って戦線離脱した長谷川昌幸の穴を埋める活躍をして、左腕エースと呼ばれた。後述の“不可解な退場事件”後も完投勝利を収めるなど連勝を続けていたが、結局後半戦は1勝止まり。投手タイトルはもとより2年ぶりの二桁勝利すら逃してしまった。高橋建 フレッシュアイペディアより)

  • ドミンゴ・グスマン

    ドミンゴ・グスマンから見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    初打点:2002年10月1日、対広島東洋カープ24回戦(広島市民球場)、4回表に長谷川昌幸から右中間へ適時二塁打ドミンゴ・グスマン フレッシュアイペディアより)

  • 天谷宗一郎

    天谷宗一郎から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    は春季キャンプで監督のマーティ・ブラウンに「才能、打撃センス、スピードが魅力。ぜひ使いたい」と絶賛され、3月28日の開幕戦(対中日戦)で1番・中堅手として初の開幕スタメンを果たす。4月5日の対横浜戦での延長10回、那須野巧から自身初となるサヨナラ安打を放ち、4月半ばには首位打者に立つなど、課題だった打撃が大きく向上した。また、前年まで凡ミスが目立った外野守備も本来の広い守備範囲が生かされるようになり、阪神から移籍してきた赤松真人とともに鉄壁の外野を形成。最終的に規定打席にわずか3打席届かず、打率も.263にまで下がったものの、自己最多の135試合に出場。飛躍のシーズンになった。4月5日の横浜戦では自身初となるサヨナラ安打を放ち、その試合のヒーローインタビューでは、「おいしいお酒を飲んで明日も球場に来てください!」とユニークな発言をして球場のファンを沸かせた。翌4月6日の横浜戦でも長谷川昌幸とともにヒーローインタビューに立ち、「明日は月曜日で仕事があると思うのでお酒は控えめに」と発言した。天谷宗一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    初本塁打:2001年8月4日、対広島東洋カープ17回戦(広島市民球場)、5回表に長谷川昌幸から左越ソロ赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年

    1977年から見た長谷川昌幸長谷川昌幸

    7月16日 - 長谷川昌幸、プロ野球選手1977年 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「長谷川昌幸」のニューストピックワード