前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示
  • 徳山昌守

    徳山昌守から見た長谷川穂積長谷川穂積

    2000年8月27日、世界初挑戦。WBC世界スーパーフライ級王者の曺仁柱(韓国)に挑み、12回判定勝ちで王座奪取に成功した。その後、8度の防衛に成功。連続防衛8回は、日本ジム所属の選手としては、具志堅用高(13回)・内山高志(11回)・山中慎介(11回)・長谷川穂積(10回)・勇利アルバチャコフ(9回)などに続く歴代6位の記録である。ジェリー・ペニャロサという元王者たる指名挑戦者を僅差の判定で退けた(ペニャロサとの初の対戦は2001年9月24日、試合直前の公開練習やスパーリングは両選手とも新日本木村ジムで実施)。徳山昌守 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ボクシングコミッション

    日本ボクシングコミッションから見た長谷川穂積長谷川穂積

    その後、高山勝成を始めIBF・WBOの世界王座挑戦の機会を求め、国内ライセンスを放棄して海外に拠点を移す選手も目立つようになり、非加盟のままではIBF・WBOへの挑戦を希望する選手の海外流出が加速し、現行のクラブ制度が崩壊しかねないとの声も関係者内で広がっていた。西日本ボクシング協会は2010年10月にIBF・WBO両団体への加盟を申し入れることを表明した。10月30日の日JPBA定例理事会で協議されたが、継続審議となり、12月23日に改めて検討されることになった。これによりIBF・WBO加盟問題について初めて本格的な議論が持たれた。協議の結果、「世界王座の権威を保つ」と言う前提も含め、WBA・WBCとの統一王座に限定して王座挑戦を認める方針を示し、2011年2月に決定された。ただし、認められたのはあくまでも統一戦を行うことであり、防衛戦については当面認められなかった(当時事務局長を務めていた安河内剛は展開次第で、まず海外で防衛戦、そして国内防衛戦と段階を踏んで許容していく見通しであるとの見解を示していた)。この規定に先立つ2010年4月30日、当時WBC世界バンタム級王者の長谷川穂積(真正)とWBO世界同級王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)の「事実上の統一戦」が実施された。この時は長谷川が勝利した場合WBO王座は即返上することになっていたが、長谷川が敗れたためモンティエルが統一を果たした。また規定成立後の2012年10月13日には、WBC世界スーパーバンタム級を長期防衛し名誉王者に認定された西岡利晃(帝拳)とWBO世界同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とのWBCダイヤモンドベルトとWBO王座の統一戦がアメリカで実施。こちらも西岡が勝利の場合はWBO王座を返上する予定だったが、ドネアに敗れた。結果としてIBFとWBO認定前の統一戦はこの2例のみで、日本国内での正式な統一戦は実現しなかった。日本ボクシングコミッション フレッシュアイペディアより)

  • せやねん!

    せやねん!から見た長谷川穂積長谷川穂積

    当コーナーの後半では、長谷川穂積や太田雄貴など、関西で活躍する選手の密着ドキュメントを随時放送。特別番組として、本編と別枠で放送することもある。滋賀県出身の太田や、奈良県出身の村田諒太には、いずれもオリンピックでメダルを獲得する直前から当コーナーで取材を続けてきた。2016年12月10日放送分の当コーナーでは、前日に現役引退を表明したばかりの長谷川がスタジオへ生出演。当番組で過去に取材・放送した映像のダイジェストを流すとともに、長谷川が視聴者に向けて引退の挨拶を述べた。せやねん! フレッシュアイペディアより)

  • 千里馬啓徳

    千里馬啓徳から見た長谷川穂積長谷川穂積

    8回戦時代の1980年10月11日には、トミーズ雅(北村雅英)との対戦もあり。現在トミーズ雅は千里馬ジムの後援会名誉会長。千里馬のジムから生まれた世界王者長谷川穂積の防衛戦にはセコンドとして雅も参加していた(長谷川が真正ボクシングジム移籍後もセコンドについている)。千里馬啓徳 フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・レノン・ジュニア

    ジミー・レノン・ジュニアから見た長谷川穂積長谷川穂積

    日本のリングに初登場をしたのが1990年2月11日、帝拳ボクシングジム主催のビッグマッチであるWBA・WBC・IBF世界ヘビー級統一王者マイク・タイソンVSジェームス・ダグラス戦で初のビッグマッチのリングアナウンサーを担当した。帝拳主催の興行で日本にほぼ毎年のようにWOWOW無料の日のスペシャル興行で登場している。西岡利晃の日本国内外での防衛戦では7度防衛中5度リングアナウンサーを担当。山中慎介は2度、長谷川穂積は2度、ホルヘ・リナレスはノンタイトル戦と世界戦を含めて4回担当している。ジミー・レノン・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ゴンサレス

    ジョニー・ゴンサレスから見た長谷川穂積長谷川穂積

    2011年4月8日に行われた長谷川穂積との試合の1か月前に東北地方太平洋沖地震が起こったが、3月23日には「スポーツ報知」が、「長谷川と戦って日本の人達を元気づけたい。いつものように試合を行えば『日本は大丈夫』という正しいメッセージが世界に伝わるだろう」というゴンサレスの言葉を伝えていた。この発言は試合をプロモートした本田明彦(帝拳プロモーション)によって公表されたものだが、同じエピソードはESPN.comでも紹介されており、そちらには、「私は豚インフルエンザがメキシコを完全に荒廃させていた時、西岡利晃が防衛戦のためにメキシコを訪れ、私と戦ったことを決して忘れないだろう。私も同じようにモチベーションと誇りをもって戦う」といった言葉も掲載されている。ジョニー・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • 黒木優子

    黒木優子から見た長谷川穂積長谷川穂積

    12月20日、福岡市九電記念体育館にてにて前IBF王者でWBC4位のナンシー・フランコ()を迎え、3度目の防衛戦。試合は3-0の判定で勝利し3度目の防衛に成功。この試合はテレビ西日本にて当日深夜枠で録画中継された(解説:長谷川穂積、実況:坂梨公俊)。黒木優子 フレッシュアイペディアより)

  • 国際ボクシング連盟

    国際ボクシング連盟から見た長谷川穂積長谷川穂積

    JBCではIBFに参加した選手およびトレーナーは、JBCの認定するライセンスを無期限停止すると云った厳しい対応をした。ただし、これは「1国1コミッションという方針」のもと、日本国内のみの処置で、IBFを認めている諸外国でライセンスを取得し、日本国内でタイトルマッチを行わなければ、ライセンスの剥奪は無い。しかし、まだこれを実行した選手は今の所実質いない(※唯一の例外として1995年11月12日に当時WBC・IBF統一王者だったサマン・ソーチャトロンに細野雄一が挑戦したケースがあるが、海外挑戦ということと、王座を奪取した場合IBF王座は即返上という条件で事実上黙認された。また、WBA・WBC・IBFの統一王者マイク・タイソンが日本で2度防衛戦を行った際は、管轄のJBCはあくまでWBA・WBCの2つのタイトルの防衛戦として扱ったが、IBFはこれを防衛戦と認めたため、記録上は3団体統一王座戦となっている)。2009年にWBA・WBC・IBF世界スーパーフライ級王者ビック・ダルチニアンがWBCを通じて長谷川穂積に対戦オファーを出していた際には、JBCも「世界王座統一戦に限り、未公認団体王者との対戦を認める」という意向を表明していたが、ダルチニアンが王座を失ったため実現しなかった。日本のジムに所属する選手では仙台ジム(現・新日本仙台ボクシングジム)にて佐藤健太のリングネームで活動したエリック・チャベスがIBF世界ミニフライ級王座を獲得した経験がある。国際ボクシング連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 真正ボクシングジム

    真正ボクシングジムから見た長谷川穂積長谷川穂積

    長谷川穂積が千里馬神戸の所属選手だった時代に世界王座に導いた山下正人トレーナーが長谷川を引き連れ独立し2007年に中央区港島中町で設立。同年10月2日、西日本ボクシング協会に加盟した。真正ボクシングジム フレッシュアイペディアより)

  • 粟生隆寛

    粟生隆寛から見た長谷川穂積長谷川穂積

    また、元世界3階級王者長谷川穂積は兄貴分のような存在であり、よく一緒に合同合宿を行ったり長谷川の自宅に遊びに行くなどしている。粟生隆寛 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示

「長谷川穂積」のニューストピックワード

  • ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ

  • ボクシング村田諒太inラスベガス〜WBA世界ミドル級選手権・村田諒太×ブラント〜

  • 自民党への政治献金だったと認識している