前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示
  • 熟山竜一

    熟山竜一から見た長谷川穂積長谷川穂積

    1999年11月神戸チキンジョージにてプロデビュー。(同日同会場では長谷川穂積もプロデビュー)結果は1ラウンド20秒でのKO勝ちで、プロボクサー人生の幕を開けた。1999年12月高砂総合体育館でプロ2戦目をまたも1ラウンドKOで勝利。2000年1月にはフィリピンのリングにも上がった。熟山竜一 フレッシュアイペディアより)

  • せやねん!

    せやねん!から見た長谷川穂積長谷川穂積

    当コーナーの後半では、長谷川穂積や太田雄貴など、関西で活躍する選手の密着ドキュメントを随時放送。特別番組として、本編と別枠で放送することもある。滋賀県出身の太田や、奈良県出身の村田諒太には、いずれもオリンピックでメダルを獲得する直前から当コーナーで取材を続けてきた。せやねん! フレッシュアイペディアより)

  • 徳山昌守

    徳山昌守から見た長谷川穂積長谷川穂積

    2000年8月27日、世界初挑戦。WBC世界スーパーフライ級王者の曺仁柱(韓国)に挑み、12回判定勝ちで王座奪取に成功した。その後、8度の防衛に成功。連続防衛8回は、日本ジム所属の選手としては、具志堅用高(13回)・長谷川穂積(10回)・勇利アルバチャコフ(9回)に続く歴代4位の記録である。ジェリー・ペニャロサという元王者たる指名挑戦者を僅差の判定で退けた(ペニャロサとの初の対戦は2001年9月24日、試合直前の公開練習やスパーリングは両選手とも新日本木村ジムで実施)。徳山昌守 フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ゴンサレス

    ジョニー・ゴンサレスから見た長谷川穂積長谷川穂積

    2011年4月8日に行われた長谷川穂積との試合の1か月前に東北地方太平洋沖地震が起こったが、3月23日には「スポーツ報知」が、「長谷川と戦って日本の人達を元気づけたい。いつものように試合を行えば『日本は大丈夫』という正しいメッセージが世界に伝わるだろう」というゴンサレスの言葉を伝えていた。この発言は試合をプロモートした本田明彦(帝拳プロモーション)によって公表されたものだが、同じエピソードはESPN.comでも紹介されており、そちらには、「私は豚インフルエンザがメキシコを完全に荒廃させていた時、西岡利晃が防衛戦のためにメキシコを訪れ、私と戦ったことを決して忘れないだろう。私も同じようにモチベーションと誇りをもって戦う」といった言葉も掲載されている。ジョニー・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • ジェス・マーカ

    ジェス・マーカから見た長谷川穂積長谷川穂積

    黒星の多いボクサーであるが、その中にはセーン・ソー・プルンチット、ジェリー・ペニャロサ、ウィラポン・ナコンルアンプロモーション、池仁珍、長谷川穂積など、実に7人もの世界王者経験者が含まれている他、後の世界王者川嶋勝重には勝利している。ジェス・マーカ フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た長谷川穂積長谷川穂積

    2010年12月26日、アンセルモ・モレノのスーパー王者昇格に伴い空位となっていたWBA世界バンタム級王座を、元WBA世界スーパーフライ級王者アレクサンデル・ムニョスと争い、12回判定(3-0)勝ちを収めて、WBA世界ライトフライ級・WBC世界フライ級に続き、WBA世界バンタム級王座の獲得に成功し、日本人選手としては初となる世界王座3階級制覇を達成した。さらに、長谷川穂積以来となる飛び級による複数階級制覇も同時に達成した。同年2月7日に弟・大毅がWBA世界フライ級王座を獲得したことで「日本人初の兄弟王者」となっていたが、この日の自身の王座獲得で「日本人初の同時兄弟王者」も果たした。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 粟生隆寛

    粟生隆寛から見た長谷川穂積長谷川穂積

    また、元世界2階級王者長谷川穂積は兄貴分のような存在であり、よく一緒に合同合宿を行ったり長谷川の自宅に遊びに行くなどしている。粟生隆寛 フレッシュアイペディアより)

  • 帝拳プロモーション

    帝拳プロモーションから見た長谷川穂積長谷川穂積

    近年では新井田豊、長谷川穂積、名城信男、内山高志の世界戦に関わっている。帝拳プロモーション フレッシュアイペディアより)

  • 千里馬啓徳

    千里馬啓徳から見た長谷川穂積長谷川穂積

    8回戦時代の1980年10月11日には、トミーズ雅(北村雅英)との対戦もあり。現在トミーズ雅は千里馬ジムの後援会名誉会長。千里馬のジムから生まれた世界王者長谷川穂積の防衛戦にはセコンドとして雅も参加していた(長谷川が真正ボクシングジム移籍後もセコンドについている)。千里馬啓徳 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ボクシングコミッション

    日本ボクシングコミッションから見た長谷川穂積長谷川穂積

    周知のようにボクシングは心身を非常に消耗する競技であり、特に選手のレベルが上がるチャンピオンクラスでは試合数を年間2 - 3試合程度に抑えるのが一般的である。つまり、日本チャンピオンといえどもファイトマネーのみで生計を成り立たせるのは極めて難しく、ほとんどのチャンピオンや選手は他に副業を持っている。これは現在の日本でボクシングが多くの客を呼べない=金にならないからであるが、それゆえ星野敬太郎以降セレス小林や長谷川穂積など、現役の世界チャンピオンであっても副業を持っている例もある(彼らは必ずしも生活維持のためだけではないが)。日本ボクシングコミッション フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示

「長谷川穂積」のニューストピックワード