76件中 41 - 50件表示
  • エリック・モレル

    エリック・モレルから見た長谷川穂積長谷川穂積

    2009年12月18日、神戸でWBC世界バンタム級王者長谷川穂積に挑戦することが発表されていたが、過去に刑事事件で逮捕歴があることが発覚、日本への入国が難しい状況となったために試合がキャンセルされた。エリック・モレル フレッシュアイペディアより)

  • 山口賢一

    山口賢一から見た長谷川穂積長谷川穂積

    2009年5月には日本バンタム級7位・OPBF東洋太平洋同級7位にランクされていたが(いずれも4月度)、日本王座挑戦の機会を待ちかねて日本未公認団体であるWBOの地域王座への挑戦を選択した。定年前の健康な選手でありながら任意引退を決意し、同年5月下旬にJBCへ引退届を提出した。その後、同年齢・同階級の長谷川穂積が所属する真正ボクシングジムの山下正人会長の支援を受け、1か月間真正ジムの寮で生活した。かねて山下からアドバイスを受けていたこともあり、長谷川の合宿にも度々同行した。山口賢一 フレッシュアイペディアより)

  • ダイナミックグローブ

    ダイナミックグローブから見た長谷川穂積長谷川穂積

    長谷川穂積、粟生隆寛、山中慎介らの世界タイトルマッチになると、報知新聞社は「ワールドプレミアムボクシング」の名称で興行を後援する。この模様は地上波のプライムタイム枠で中継される。ダイナミックグローブ フレッシュアイペディアより)

  • 高山勝成

    高山勝成から見た長谷川穂積長谷川穂積

    2009年7月14日、神戸ワールド記念ホールで前年9月に新井田からWBA世界ミニマム級王座を奪取したローマン・ゴンザレス(ニカラグア)に挑戦。中盤は左ボディでゴンザレスを失速させる場面もあったが、前月の練習中に2度にわたりカットして9針縫った左目上の傷がヒッティングを受けて6Rに開くなどして終盤は追い込まれ、0-3の判定で敗れて2年3か月ぶりの世界王座復帰は果たせなかった。なお、この日は同じ会場で同門の長谷川穂積が自身の保持するWBC世界バンタム級王座の9度目の防衛に成功した。高山勝成 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡利晃

    西岡利晃から見た長谷川穂積長谷川穂積

    2009年1月3日、パシフィコ横浜にて初防衛戦。1階級下のWBC世界バンタム級王者(当時)長谷川穂積に挑戦経験を持つ同級7位ヘナロ・ガルシア(メキシコ)と対戦し、2度のダウンを奪った末の最終12回TKO勝ちを収めた。西岡利晃 フレッシュアイペディアより)

  • 田中聖二

    田中聖二から見た長谷川穂積長谷川穂積

    その後、一時期容態が安定したが、2005年4月15日19時頃に容態が急変。意識を取り戻すことなく、同日20時43分に死亡した。同月18日に大阪・平野区で行われた告別式には、世界王座を獲得して間もない元スパーリングパートナーの長谷川穂積、同じ金沢ジムの徳山昌守、石田順裕、小島英次ら約200人が参列した。田中聖二 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンツダボクシングクラブ

    グリーンツダボクシングクラブから見た長谷川穂積長谷川穂積

    同年5月、所属選手の高山勝成が4月7日新井田豊とのWBA世界ミニマム級王座統一戦で得られる予定のファイトマネー350万円のうち、330万円が支払われないとグリーンツダジムをJBCへ訴えた。JBCの聞き取りの結果、グリーンツダジムには4200万円ほどの負債があり支払い能力がないことが判明。高山は、グリーンツダジムからWBC世界バンタム級王者:長谷川穂積のチーフトレーナーを務めていた山下正人が旗揚げする真正ボクシングジムに移籍することが正式決定した。また興行を行うグリーンツダプロモーション社が6月末で解散を決定した。プロモーションは解散するがジムは、縮小し維持される。負債の解消を目的として、グリーン部分の命名権を販売することにしたが、2012年7月現在まで命名権売却が、おこなわれていない。グリーンツダボクシングクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 池原信遂

    池原信遂から見た長谷川穂積長谷川穂積

    2008年1月10日、WBA世界バンタム級王者ウラジミール・シドレンコに挑戦。12R判定で敗れ戴冠ならず。同日にはWBC世界バンタム級タイトルマッチ長谷川穂積対シモーネ・マルドロットも行われ、ダブルタイトルマッチ戦であった。池原信遂 フレッシュアイペディアより)

  • 小関桃

    小関桃から見た長谷川穂積長谷川穂積

    2013年3月3日、後楽園ホールにおける「G Legend 5」にてトリプル世界戦のメインとして、安藤麻里のWBA王座に挑戦したことのある14位のマリア・ヒメネス(メキシコ)と10度目の防衛戦。小関にとってアジア地域外の選手との対戦はアマチュア時代を含めて初となる。試合は3人のジャッジ全員がフルマーク(100-90)をつける圧勝で、具志堅用高(13度)に次いで長谷川穂積と並ぶ2位タイ、そしてアジア女子では最多となる10度目の防衛に成功した。小関桃 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木優子

    黒木優子から見た長谷川穂積長谷川穂積

    憧れの選手に同じサウスポースタイルの長谷川穂積を挙げている。黒木優子 フレッシュアイペディアより)

76件中 41 - 50件表示