129件中 81 - 90件表示
  • 長谷川穂積

    長谷川穂積から見た真正ボクシングジム

    長谷川 穂積(はせがわ ほづみ、1980年12月16日 - )は、日本のプロボクサー。兵庫県西脇市出身。真正ボクシングジム所属。現WBC世界スーパーバンタム級第5位。現WBO世界スーパーバンタム級第3位。元WBC世界バンタム級・フェザー級の2階級制覇王者。長谷川穂積 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川穂積

    長谷川穂積から見た総合格闘技

    K-1や総合格闘技など、他の格闘技も見ており、格闘技専門誌を定期購読している。格闘技通信に長谷川のインタビューが載ったこともある。他競技で一番好きな格闘家として五味隆典を挙げており、「キックやタックル、投げ技や寝技などを警戒しながら、あれだけ思い切りパンチで勝負が出来るのは凄い」と語っていた。また、7度目の防衛戦の約2週間前に行われたK-1 WORLD MAX 2008 FINALにて、魔裟斗が準決勝と決勝戦でダウンを奪われながらも逆転勝ちで優勝を果たしたことに刺激を受けたと語っており、「あれだけダウン食らってから巻き返すんだから、根性ありますね」と称賛した。長谷川穂積 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川穂積

    長谷川穂積から見た格闘家

    K-1や総合格闘技など、他の格闘技も見ており、格闘技専門誌を定期購読している。格闘技通信に長谷川のインタビューが載ったこともある。他競技で一番好きな格闘家として五味隆典を挙げており、「キックやタックル、投げ技や寝技などを警戒しながら、あれだけ思い切りパンチで勝負が出来るのは凄い」と語っていた。また、7度目の防衛戦の約2週間前に行われたK-1 WORLD MAX 2008 FINALにて、魔裟斗が準決勝と決勝戦でダウンを奪われながらも逆転勝ちで優勝を果たしたことに刺激を受けたと語っており、「あれだけダウン食らってから巻き返すんだから、根性ありますね」と称賛した。長谷川穂積 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川穂積

    長谷川穂積から見た卓球

    小学2年時から元プロボクサーの父親(病気のために3戦で引退)にボクシングを教わるようになるが、その厳しさに反発し中学時代は卓球部に所属。市大会で優勝したこともある。長谷川穂積 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川穂積

    長谷川穂積から見た格闘技

    K-1や総合格闘技など、他の格闘技も見ており、格闘技専門誌を定期購読している。格闘技通信に長谷川のインタビューが載ったこともある。他競技で一番好きな格闘家として五味隆典を挙げており、「キックやタックル、投げ技や寝技などを警戒しながら、あれだけ思い切りパンチで勝負が出来るのは凄い」と語っていた。また、7度目の防衛戦の約2週間前に行われたK-1 WORLD MAX 2008 FINALにて、魔裟斗が準決勝と決勝戦でダウンを奪われながらも逆転勝ちで優勝を果たしたことに刺激を受けたと語っており、「あれだけダウン食らってから巻き返すんだから、根性ありますね」と称賛した。長谷川穂積 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川穂積

    長谷川穂積から見た神戸村野工業高等学校

    兵庫県立多可高等学校全日制を2年で中退後(兵庫県立西脇北高等学校定時制に編入して19歳で卒業)に千里馬神戸ジムに入門。本格的にボクシングを始める。プロテストの一度目は体調不良もあり不合格となったが、2度目の受験で合格し、1999年11月22日にプロデビュー。4回戦時代は2度の判定負けを経験。一時期スーパーバンタム級で試合した経験も有する。同い年の同僚(山下の高校の後輩で自身と同じく山下の担当選手)玉越強平と切磋琢磨し移籍した現在も親友。長谷川穂積 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川穂積

    長谷川穂積から見たテイクダウン

    K-1や総合格闘技など、他の格闘技も見ており、格闘技専門誌を定期購読している。格闘技通信に長谷川のインタビューが載ったこともある。他競技で一番好きな格闘家として五味隆典を挙げており、「キックやタックル、投げ技や寝技などを警戒しながら、あれだけ思い切りパンチで勝負が出来るのは凄い」と語っていた。また、7度目の防衛戦の約2週間前に行われたK-1 WORLD MAX 2008 FINALにて、魔裟斗が準決勝と決勝戦でダウンを奪われながらも逆転勝ちで優勝を果たしたことに刺激を受けたと語っており、「あれだけダウン食らってから巻き返すんだから、根性ありますね」と称賛した。長谷川穂積 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川穂積

    長谷川穂積から見たアメリカ合衆国

    前述のように念願のアメリカのラスベガスへの進出を実現するべく、7度目の防衛戦の相手としてアメリカでも知名度の高いホルヘ・アルセ、アレクサンデル・ムニョスといった強豪選手にラスベガスでのタイトル戦のオファーを出していたが、アルセは母国メキシコでの対戦に固執し、ムニョスは「長谷川には勝てない」と対戦を拒否したため、念願のラスベガス進出は持ち越しとなった。長谷川穂積 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川穂積

    長谷川穂積から見た両国国技館

    2004年10月30日、両国国技館にてWBAミニマム級王者新井田豊の初防衛戦の前座として、当時WBA4位の鳥海純と世界挑戦権をかけて対戦。10R判定で勝利し、当時WBC王者のウィラポンへの挑戦権を獲得した。長谷川穂積 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川穂積

    長谷川穂積から見たワールド記念ホール

    2006年3月25日、神戸・ワールド記念ホールで2度目の防衛戦。世界王者として地元での初の凱旋試合となったこの試合は11か月前にベルトを奪った前王者ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ/52勝(37KO)2敗2分)との再戦となった。長谷川穂積 フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示

「長谷川穂積」のニューストピックワード