前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示
  • 佐藤 ありさ

    佐藤ありさから見た長谷部誠長谷部誠

    『Going!Sports&News』に出演するようになってから、サッカー関連の仕事が増えている(『月刊サッカーアース』や『TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップジャパン2010/2011』クラブ世界一サポーターなど)。『non-no』でもスポーツ連載を持つようになり、誌面で長谷部誠や内田篤人らサッカー日本代表選手との対談を果たしている。佐藤ありさ フレッシュアイペディアより)

  • 赤菱のイレブン

    赤菱のイレブンから見た長谷部誠長谷部誠

    連載初期は岩瀬健、2002年ごろから長谷部誠、2005年ころから細貝萌や加藤順大あたり。永井雄一郎はそういう扱いではない。赤菱のイレブン フレッシュアイペディアより)

  • 第62回NHK紅白歌合戦

    第62回NHK紅白歌合戦から見た長谷部誠長谷部誠

    レディー・ガガのゲスト出演が発表された。録画での出演となり、ニューヨークで放送当日(日本時間)に収録を行うという。合わせて、ジャッキー・チェン、長谷部誠のメッセージ出演も明らかとなった。第62回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第88回全国高等学校サッカー選手権大会

    第88回全国高等学校サッカー選手権大会から見た長谷部誠長谷部誠

    長谷部誠からのメッセージ信じろ!第88回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • フェリックス・マガト

    フェリックス・マガトから見た長谷部誠長谷部誠

    スポーツ科学や細かい戦術、選手との対話を重要視せず、数多いドイツ人指導者の中でも際立ってハードなフィジカルトレーニングを課すことで知られている。モットーは"Qualität kommt von Qual"(「高いクオリティーは苦しみから得られる」)。ドイツでは「マガトは軍隊式のトレーニングを課す」と言われており、早朝からのランニングや綱登り、長距離ダッシュなどのハードな練習を一日三回に渡って行う(三部練習)などはその一例である。VfLヴォルフスブルクで指導を受けた長谷部誠はその練習の厳しさを地獄に例える一方で、非常に鍛えられ好調を維持できたと評している。フェリックス・マガト フレッシュアイペディアより)

  • 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画

    雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画から見た長谷部誠長谷部誠

    W杯予選・本大会におけるサッカー日本代表の歴史を振り返った後サッカーに詳しくない人のために代表選手をアメトーークでお馴染みの芸人に例えての解説が行われ、ゴールキーパーの川口能活はディフェンスの要という事で芸人たちの暴走を止めるツッコミ役の蛍原、中村俊輔は番組の司令塔たる宮迫、中澤佑二は努力家かつ安定感のヒデ、田中マルクス闘莉王はディフェンダーなのに前に出たがるFUJIWARA藤本、内田篤人と長友佑都が攻撃の起点となるバナナマンとおぎやはぎ、遠藤保仁は調整役なので関根勤、長谷部誠はなんでもそつなくこなすが売りになる物がないとして土田、田中達也は「(笑いの)ゴールに一直線」という事でアンタッチャブル山崎、大久保嘉人はバランスも考えるが点(受け)を欲しがるとして品川庄司・品川、玉田圭司はポイントゲッターなのでケンドーコバヤシ、松井大輔はトリッキーなプレーをする「ファンタジスタ」なので有吉弘行にそれぞれ例えられた。他に各出演者の思い出の名シーンも語られた。雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のJリーグカップ

    2004年のJリーグカップから見た長谷部誠長谷部誠

    ニューヒーロー賞 長谷部誠 (浦和レッズ)2004年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 藤枝市立青島中学校

    藤枝市立青島中学校から見た長谷部誠長谷部誠

    また、藤枝市は「サッカーの町」として知られる土地柄であり、青島中学校でもサッカー部が存在する。2010年には青島中学校サッカー部出身の長谷部誠が日本代表選手の一人としてW杯南アフリカ大会に出場した。藤枝市立青島中学校 フレッシュアイペディアより)

  • ムフセン・バスマ

    ムフセン・バスマから見た長谷部誠長谷部誠

    この試合では、試合序盤から不安定な判定が目立っていたが、終盤に長谷部誠がひじを上げ、相手選手と重なるように見えたプレーに対し、若干時間が経ってから長谷部に退場処分を下し、それに抗議した岡田武史監督も退席処分となった。ムフセン・バスマ フレッシュアイペディアより)

  • モフセン・トーキー

    モフセン・トーキーから見た長谷部誠長谷部誠

    サッカー日本代表の試合では、2005年3月30日にAFCアジアカップ2011予選の香港戦で副審を務めている他、AFCアジアカップ2011グループリーグのシリア戦において主審を務めている。この試合では、途中長谷部誠からのバックパスをGKの川島永嗣がクリアしたボールを今野泰幸と競り合ったシリア人選手が前方にいたシリア代表のFWに向けてパスを送り、このボールに対して後方に誰もいない状態で川島がシリア代表FWへチャージを行った。この時点で副審はオフサイドと判定したにも関わらず、モフセンは今野のバックパスであると判定し副審の判断を却下、川島にはレッドカードを提示し、PKを宣告している。この判断に関しては日本国内でも大きな反響を呼び、試合後の会見では日本代表監督のアルベルト・ザッケローニが判定に関して疑問を呈している。モフセン・トーキー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示

「長谷部誠」のニューストピックワード