前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示
  • 赤菱のイレブン

    赤菱のイレブンから見た長谷部誠長谷部誠

    連載初期は岩瀬健、2002年ごろから長谷部誠、2005年ころから細貝萌や加藤順大あたり。永井雄一郎はそういう扱いではない。赤菱のイレブン フレッシュアイペディアより)

  • 第62回NHK紅白歌合戦

    第62回NHK紅白歌合戦から見た長谷部誠長谷部誠

    レディー・ガガのゲスト出演が発表された。録画での出演となり、ニューヨークで放送当日(日本時間)に収録を行うという。合わせて、ジャッキー・チェン、長谷部誠のメッセージ出演も明らかとなった。第62回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ザッカルド

    クリスティアン・ザッカルドから見た長谷部誠長谷部誠

    2008年7月1日に同僚のバルツァッリと共にドイツのVfLヴォルフスブルクへ移籍金推定700万ユーロで移籍。しかし、サシャ・リーターや長谷部誠らとの争いに敗れてレギュラー獲得はならず。クラブは優勝したものの15試合の出場に留まり、全試合に出場したバルツァッリと明暗が分かれた。シーズン終了後に戦力外を言い渡され、ミランやユヴェントス、フィオレンティーナなどが獲得に乗り出した。クリスティアン・ザッカルド フレッシュアイペディアより)

  • 第88回全国高等学校サッカー選手権大会

    第88回全国高等学校サッカー選手権大会から見た長谷部誠長谷部誠

    長谷部誠からのメッセージ信じろ!第88回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • フェリックス・マガト

    フェリックス・マガトから見た長谷部誠長谷部誠

    モットーは"Qualität kommt von Qual"(「高いクオリティーは苦しみから得られる」)。ドイツでは「マガトは軍隊式のトレーニングを課す」と言われており、早朝からのランニングや綱登り、長距離ダッシュなどのハードな練習を一日三回に渡って行う(三部練習)などはその一例である。VfLヴォルフスブルクで指導を受けた長谷部誠はその練習の厳しさを地獄に例える一方で、非常に鍛えられ好調を維持できたと評している。フェリックス・マガト フレッシュアイペディアより)

  • 日本ユニセフ協会

    日本ユニセフ協会から見た長谷部誠長谷部誠

    日本ユニセフ協会が授与する称号として、「日本ユニセフ協会大使」が存在する。1998年4月に歌手のアグネス・チャンを、初の日本ユニセフ協会大使に任命し、広報活動や調査活動を委託していた。2007年4月には医師の日野原重明を、2016年12月にはサッカー選手の長谷部誠を、それぞれ日本ユニセフ協会大使に任命した。日本ユニセフ協会 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た長谷部誠長谷部誠

    2007年12月、オシム監督が病に倒れ退任、急遽監督に就任した岡田武史は、当初、オシムのチームを引き継ぐという立場であったため、遠藤もオシム時代同様にオフェンシブハーフでの起用が多かったが、岡田が「俺のやり方でやる」と宣言した2008年の南アフリカW杯アジア3次予選から、長谷部誠とダブルボランチを形成。守備陣と攻撃陣のパイプ役を担って、南アフリカW杯予選突破に貢献し、岡田からは「チームの心臓」と称された。その後も、代表でのレギュラーの座を不動のものにしていたが、W杯直前にリーグ戦やACL、さらには日本代表戦など、連戦による過密日程をこなすことで大きくコンディションを落とし、2010年2月の東アジア選手権や親善試合のセルビア戦では低調なパフォーマンスに終わり、クラブに戻っても数試合は休養を取らざるを得なかった。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • ムフセン・バスマ

    ムフセン・バスマから見た長谷部誠長谷部誠

    この試合では、試合序盤から不安定な判定が目立っていたが、終盤に長谷部誠がひじを上げ、相手選手と重なるように見えたプレーに対し、若干時間が経ってから長谷部に退場処分を下し、それに抗議した岡田武史監督も退席処分となった。ムフセン・バスマ フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会

    2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会から見た長谷部誠長谷部誠

    試合は1-0でリード、終了まで残り1分のところで長谷部誠が退場してしまう。プレイヤーはロスタイム含め残り6分をウズベキスタンの猛攻から守らなければならない。(実際は守り切って勝利を収めている。)2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会 フレッシュアイペディアより)

  • モフセン・トーキー

    モフセン・トーキーから見た長谷部誠長谷部誠

    サッカー日本代表の試合では、2005年3月30日にAFCアジアカップ2011予選の香港戦で副審を務めている他、AFCアジアカップ2011グループリーグのシリア戦において主審を務めている。この試合では、途中長谷部誠からのバックパスをGKの川島永嗣がクリアしたボールを今野泰幸と競り合ったシリア人選手が前方にいたシリア代表のFWに向けてパスを送り、このボールに対して後方に誰もいない状態で川島がシリア代表FWへチャージを行った。この時点で副審はオフサイドと判定したにも関わらず、モフセンは今野のバックパスであると判定し副審の判断を却下、川島にはレッドカードを提示し、PKを宣告している。この判断に関しては日本国内でも大きな反響を呼び、試合後の会見では日本代表監督のアルベルト・ザッケローニが判定に関して疑問を呈している。モフセン・トーキー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
77件中 1 - 10件表示

「長谷部誠」のニューストピックワード