56件中 21 - 30件表示
  • 南祐三

    南祐三から見た長谷部誠長谷部誠

    現在は長谷部誠選手の個人マネジャーを務めている。南祐三 フレッシュアイペディアより)

  • 第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た長谷部誠長谷部誠

    後半もG大阪の攻勢が続くが、これに対して浦和は反転攻勢をかけるべく62分にDF平川忠亮に代えてMF長谷部誠を、76分にMF小野伸二に代えてFW岡野雅行をそれぞれ投入。これが功を奏し、87分に長谷部のパスを受けた岡野がG大阪のDFをかわしてセンタリング、それを受けたFW永井雄一郎が右足でゴールを決め、浦和が先制。これを守りきった浦和が2年連続6度目(前身の三菱重工時代を含む)の、また1992年の日産FC横浜マリノス以来(Jリーグ発足後は初)となる連覇を成し遂げた。G大阪はシュート数で21本対6本と終始試合を圧倒しながら決定力不足が響いた。第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 乾貴士

    乾貴士から見た長谷部誠長谷部誠

    2011年8月1日、ドイツ2部のVfLボーフムに完全移籍。11年8月から14年6月末までの3年契約で、ボーフム側に1年の延長オプション付き。代理人は長谷部誠、香川真司らと同じトーマス・クロート。8月12日のFCザンクトパウリ戦にトップ下で先発出場。以後レギュラーに定着し、リーグ戦30試合に出場し、チームトップの7得点を記録するもチームは低迷し、1部昇格を逃した。乾貴士 フレッシュアイペディアより)

  • 日独関係

    日独関係から見た長谷部誠長谷部誠

    また、西ドイツ政府により1960年に策定されたスポーツ施設の総合整備計画「ゴールデンプラン」は日本のスポーツ指導者などから羨望され、「地域社会に根ざした総合スポーツクラブの創設」の理念は1991年設立の日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)へ取り込まれた。このJリーグ草創期のスター選手としてジェフ市原に入団し、西ドイツ代表としてのW杯イタリア大会優勝メンバーだったピエール・リトバルスキーは、その後も日本で選手や指導者のキャリアを積んだ。また、リトバルスキーと共にW杯イタリア大会で優勝したギド・ブッフバルトは後に浦和レッドダイヤモンズの選手・監督となった。一方、1977年に1.FCケルンへ入団した奥寺康彦以後、ドイツのプロサッカーリーグであるブンデスリーガでプレーする日本人選手も存在し、近年多くの選手が同リーグに渡っている。奥寺と長谷部誠、香川真司は同リーグ1部の優勝も経験している。日独関係 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルフスブルク

    ヴォルフスブルクから見た長谷部誠長谷部誠

    VfLヴォルフスブルク - ヴォルフスブルクを本拠地とするサッカークラブチーム。サッカー日本代表の長谷部誠が在籍する。ヴォルフスブルク フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木啓太

    鈴木啓太から見た長谷部誠長谷部誠

    2008年は前年まで浦和、日本代表で過密日程の中、フル稼働した疲労が溜まった影響か、扁桃炎の発症や度重なる負傷に苛まれ、苦しいシーズンを送る事となった。また、代表でも扁桃炎で離脱している最中に長谷部誠にボランチの定位置を奪われ、病気から復帰した後も本来のプレーを取り戻せない事も相まって2008年6月以降は日本代表に招集をされていない。鈴木啓太 フレッシュアイペディアより)

  • 太田吉彰

    太田吉彰から見た長谷部誠長谷部誠

    静岡選抜で太田と一緒にプレーした経験がある長谷部誠らが証言しているように、元々はトップ下の選手だった。しかし磐田ユースに加入後、トップ下では自分に将来がないと感じ、ずっと目標としてきた兄・圭輔と同じようなサイドアタッカーに転身することを決断する。当時はスタミナもそこそこ、足も特に速いわけではなかったが、トレーニングで自身の肉体を変貌させ、高校3年時には今のようなプレースタイルの選手になり、FWやサイドハーフでプレーして得点を量産。本人も予想もしていなかった(3年までポジションを取れなかったため)トップチーム昇格を果たす。太田吉彰 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た長谷部誠長谷部誠

    日本のサッカーにおいて、かつて1981-84年生まれが呼ばれており、数々の燿かしい結果を残した1977-80年生まれ(シドニー五輪世代)に対して、1981-84年生まれ(アテネ五輪世代)はこれほどの結果を残すことができなかった。また、1981-84年生まれのA代表には駒野友一、阿部勇樹、大久保嘉人、松井大輔、田中達也、佐藤寿人、山瀬功治、田中マルクス闘莉王、鈴木啓太、今野泰幸、長谷部誠などがいるが、海外リーグで活躍する者はさほど多くなかった。黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見た長谷部誠長谷部誠

    新・食わず嫌い王決定戦に長谷部誠とともに出演。ちなみに嫌いなものはジンギスカンで、長谷部に当てられる(長谷部の嫌いなものはレバニラ炒め)。罰ゲームとして「集まれ?」のオペラ・ヴァージョンを披露した。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • シモン・ケアー

    シモン・ケアーから見た長谷部誠長谷部誠

    7月8日、ドイツのVfLヴォルフスブルクへ推定移籍金1200万ユーロ(約13億7000万円)の4年契約で移籍した。これにより、W杯でも対戦した日本代表の主将・長谷部誠とチームメートになった。ヴォルフスブルクではセンターバックのレギュラーを確保したものの、チームはシーズンを通して下位に低迷し最終節のホッフェンハイム戦で辛うじて残留を決めたが15位に留まり、自身も納得のいくプレーができたとは言い難かった。シモン・ケアー フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「長谷部誠」のニューストピックワード