85件中 11 - 20件表示
  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た桜井和寿

    Mr.Childrenの大ファンでブログにて好きな曲ベスト10を発表しているほか、長谷部を特集した2011年7月10日放送の「ソロモン流」の中で桜井和寿との対談が実現している。また、2012年4月から自身が出演するキリンビバレッジ 『大人のキリンレモン』のCMには、本人が大好きな楽曲であるという縁から、「youthful days」がCMソングとして起用された。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た大久保嘉人

    移籍2シーズン目となる2008-09シーズンは昨シーズンまでのボランチに加え、右サイドハーフ、右サイドバックでもプレー。2009年3月28日に行われたFIFAワールドカップ・南アフリカ大会・アジア最終予選バーレーン戦の試合中の故障により、優勝争いも佳境に迫ったリーグ終盤戦に一時離脱するアクシデントがあったものの、クラブのドイツ国内主要大会初優勝に貢献した。このシーズン途中に移籍してきた大久保嘉人とともに、奥寺康彦以来31年ぶりにブンデスリーガ優勝を経験した日本人となった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た山瀬功治

    高校卒業と同時に、浦和レッズに入団した。1年目はほとんど出場機会がなかったが、2年目の2003年にトップ下やボランチの選手として年間通して出場機会を得た。そして、3年目の2004年はシーズン当初こそ山瀬功治に代わってトップ下で出場していたが、シーズン中盤以降は鈴木啓太とダブルボランチを組み、浦和の2ndステージ優勝などに大きく貢献した。この年はナビスコカップ・ニューヒーロー賞、Jリーグ・ベストイレブンに選出された。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た中澤佑二

    2010年5月10日、南アフリカにおいて開催された2010 FIFAワールドカップの日本代表メンバーに選出。岡田から長らくキャプテンを務めていた中澤佑二に代わるキャプテンに指名され、W杯ではグループリーグ3試合と決勝トーナメント1回戦に先発出場し、日本代表のベスト16入りに貢献した。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たJリーグカップ

    高校卒業と同時に、浦和レッズに入団した。1年目はほとんど出場機会がなかったが、2年目の2003年にトップ下やボランチの選手として年間通して出場機会を得た。そして、3年目の2004年はシーズン当初こそ山瀬功治に代わってトップ下で出場していたが、シーズン中盤以降は鈴木啓太とダブルボランチを組み、浦和の2ndステージ優勝などに大きく貢献した。この年はナビスコカップ・ニューヒーロー賞、Jリーグ・ベストイレブンに選出された。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た幻冬舎

    2011年3月 『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』 (幻冬舎) ISBN 978-4344019621長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たイビチャ・オシム

    2005年から2007年の間も鈴木啓太と中盤の底でコンビを組み、Jリーグ優勝やAFCチャンピオンズリーグ優勝をはじめとした浦和のタイトル獲得にレギュラーとして貢献した。2005年末に初めて日本代表に選出されたが、2006年のワールドカップの代表メンバーからは漏れてしまう。その後、イビチャ・オシムが監督を務めると日本代表に復帰したが、2007年はシーズン序盤に負傷したこともあって代表戦の出場機会は無く、同年12月に代表監督に再任した岡田武史に選ばれるまでは日本代表から遠ざかっていた。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た浦和レッドダイヤモンズ

    高校卒業と同時に、浦和レッズに入団した。1年目はほとんど出場機会がなかったが、2年目の2003年にトップ下やボランチの選手として年間通して出場機会を得た。そして、3年目の2004年はシーズン当初こそ山瀬功治に代わってトップ下で出場していたが、シーズン中盤以降は鈴木啓太とダブルボランチを組み、浦和の2ndステージ優勝などに大きく貢献した。この年はナビスコカップ・ニューヒーロー賞、Jリーグ・ベストイレブンに選出された。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たサッカーアメリカ合衆国代表

    2006年1月の代表合宿、2月のアメリカ遠征のサッカー日本代表に初選出された。2月11日、親善試合のアメリカ戦では後半途中から出場し、持ち味であるドリブル突破や試合終了間際に見せたスルーパスなど、デビュー戦ながら存在感を示した。2月22日のアジアカップ・予選のインド戦に先発し、後半13分に代表初得点を決めたかと思われたが、審判団の協議の結果、長谷部のシュートが巻誠一郎に当たって入っており巻のゴールとなった。2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会のメンバーには選ばれなかった。イビチャ・オシムが日本代表監督に就任すると、再び代表に選出されたが、2007年以降は代表から漏れることも多くなり、出場も遠ざかった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た2009年

    移籍2シーズン目となる2008-09シーズンは昨シーズンまでのボランチに加え、右サイドハーフ、右サイドバックでもプレー。2009年3月28日に行われたFIFAワールドカップ・南アフリカ大会・アジア最終予選バーレーン戦の試合中の故障により、優勝争いも佳境に迫ったリーグ終盤戦に一時離脱するアクシデントがあったものの、クラブのドイツ国内主要大会初優勝に貢献した。このシーズン途中に移籍してきた大久保嘉人とともに、奥寺康彦以来31年ぶりにブンデスリーガ優勝を経験した日本人となった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「長谷部誠」のニューストピックワード