85件中 21 - 30件表示
  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たエディン・ジェコ

    9月16日、UEFAチャンピオンズリーグの開幕戦であるCSKAモスクワ戦に途中出場し、日本人選手として5人目のUEFAチャンピオンズリーグ出場を果たした。また、レギュラーシーズンでは9月18日の第6節シャルケ04戦でエディン・ジェコの決勝ゴールをアシスト、9月26日の第7節ハノーファー96戦で今季初ゴールを決めるなどの活躍を見せ、2009-10シーズンはリーグ戦1得点6アシストを記録する。9月30日、CLグループリーグ第2節、アウェーでのマンチェスター・ユナイテッド戦ではスタメン出場し、後半11分に絶妙なクロスでジェコの先制ゴールをアシストした。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たフェリックス・マガト

    2012-13シーズンに入ると開幕から8試合連続ベンチ外という苦しい状況が続いたが、成績不振により監督のフェリックス・マガトが解任された直後の第9節デュッセルドルフ戦でリーグ戦初出場を果たすと、アシストを決めるなどチームの開幕戦以来に勝利に貢献した。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た岡崎慎司

    10月8日、国際親善試合のアルゼンチン戦では、岡崎慎司の決勝点の起点となる強烈なミドルシュートを放つなど活躍し、日本代表の歴史的勝利に貢献した。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た金澤大将

    静岡県藤枝市出身。祖父が「誠」と命名。3歳のときにサッカーアニメ「キャプテン翼」の大空翼に憧れてサッカーを始め、藤枝市立青島東小学校のスポーツ少年団、藤枝市立青島中学校サッカー部を経て、静岡県の名門藤枝東高校に入学した。同期には岡田佑樹、金澤大将などがいる。2年の終わり頃からレギュラーとしてプレーした。U-18日本代表候補への選出、全国総体準優勝などの実績はあるものの高校サッカー選手権出場は果たせなかった。当時のコーチや対戦相手の監督からは能力は高いもののフィジカルが弱すぎると評価されていた。静岡県内のプロクラブへの入団を希望していたがオファーが届かず、県選抜でのプレーを見た浦和レッズのスカウトから誘いを受け、この他には名古屋からも興味を示されていた。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た鈴木啓太

    高校卒業と同時に、浦和レッズに入団した。1年目はほとんど出場機会がなかったが、2年目の2003年にトップ下やボランチの選手として年間通して出場機会を得た。そして、3年目の2004年はシーズン当初こそ山瀬功治に代わってトップ下で出場していたが、シーズン中盤以降は鈴木啓太とダブルボランチを組み、浦和の2ndステージ優勝などに大きく貢献した。この年はナビスコカップ・ニューヒーロー賞、Jリーグ・ベストイレブンに選出された。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た岡田佑樹

    静岡県藤枝市出身。祖父が「誠」と命名。3歳のときにサッカーアニメ「キャプテン翼」の大空翼に憧れてサッカーを始め、藤枝市立青島東小学校のスポーツ少年団、藤枝市立青島中学校サッカー部を経て、静岡県の名門藤枝東高校に入学した。同期には岡田佑樹、金澤大将などがいる。2年の終わり頃からレギュラーとしてプレーした。U-18日本代表候補への選出、全国総体準優勝などの実績はあるものの高校サッカー選手権出場は果たせなかった。当時のコーチや対戦相手の監督からは能力は高いもののフィジカルが弱すぎると評価されていた。静岡県内のプロクラブへの入団を希望していたがオファーが届かず、県選抜でのプレーを見た浦和レッズのスカウトから誘いを受け、この他には名古屋からも興味を示されていた。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たJリーグアウォーズ

    Jリーグアウォーズ・優秀選手賞 4回 (2004年 - 2007年)長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たTSG1899ホッフェンハイム

    2011年8月19日、ボルシアMG戦で2シーズンぶりとなるリーグ戦での得点を決めた。9月17日、第6節のホッフェンハイム戦では右サイドバックとして出場するも、1点ビハインドでの後半35分にGKのマルヴィン・ヒッツがレッドカードで退場。チームは既に交代枠を使い切っていたため、長谷部が急遽GKを務めることになった。馴れないポジションでありながら、正確なロングフィードを出したり、クロスボールにも飛び出してキャッチするなど奮闘するも、後半40分に失点し、チームは1-3で敗戦した。尚、日本人が欧州5大リーグでGKを務めるのはこれが初めてであった。2011-12シーズンは23試合に出場するも本職とは違うサイドバックでの起用がほとんどであった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たキリンチャレンジカップ

    2008年5月15日、岡田武史監督の就任後初めて日本代表に選出。キリンチャレンジカップ第1戦(対コートジボワール)に出場し、前半、右サイドを駆け上がっての絶妙なセンタリングで、同じく代表に復帰した玉田圭司のゴールをアシスト。1-0の勝利に大きく貢献した。以後の代表戦において、遠藤保仁とのダブルボランチを形成しレギュラーに定着する。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たバイエル・レバークーゼン

    2008年1月1日、ドイツ・ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルクに移籍。代理人は香川真司、内田篤人らと同じトーマス・クロート。2月、冬季中断明け初戦のビーレフェルト戦に後半開始から出場し海外リーグでのデビューを移籍後早々に果たした。同年4月27日のアウェーでのレバークーゼン戦でブンデスリーガ初ゴールを記録。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「長谷部誠」のニューストピックワード