101件中 41 - 50件表示
  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たサッカーオーストラリア代表

    2017年3月に負った怪我や手術の影響で代表の試合にしばらく出場出来なかったが、W杯出場の懸かった8月31日のアジア3次予選・オーストラリア戦で代表復帰。キャプテンとしてフル出場を果たし、2大会連続キャプテンとしてW杯出場に貢献した。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たTSG1899ホッフェンハイム

    2011年8月19日、ボルシアMG戦で2シーズンぶりとなるリーグ戦での得点を決めた。9月17日、第6節ホッフェンハイム戦では右サイドバックとして出場するも、1点ビハインドでの後半35分にGKのマルヴィン・ヒッツがレッドカードで退場。チームは既に交代枠を使い切っていたため、長谷部が急遽GKを務めることになった。馴れないポジションでありながら、正確なロングフィードを出したり、クロスボールにも飛び出してキャッチするなど奮闘するも、後半40分に失点し、チームは1-3で敗戦した。なお、日本人が欧州5大リーグでGKを務めるのはこれが初めてであった。2011-12シーズンは23試合に出場するも本職とは違うサイドバックでの起用がほとんどであった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た1.FCニュルンベルク

    2013-14シーズン開幕後、本職であるボランチでの出場を希望し自ら移籍を志願。2013年9月2日、1\.FCニュルンベルクへの移籍が発表された。契約期間は3年間。ニュルンベルクはそれまで勝利がなく、長谷部にかかる期待は大きかったが以降もチーム状況は上向かず、結局ブンデスリーガ史上初の前半戦未勝利に終わった。1月の合宿で右ひざの半月板を損傷し離脱すると、2月にはチーム練習に合流するも再び同箇所を痛め帰国。2月28日に再手術を行ったことがクラブより発表された。5月11日の最終節で復帰を果たしたが、チームは不振から脱せず2部降格となった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たFCアウクスブルク

    2015-16シーズン、開幕前にトーマス・シャーフが辞任しアルミン・フェーが新監督に就任すると右サイドバックとしてプレーする機会が増加しチームも低迷。2016年1月30日のブンデスリーガ・第19節アウクスブルク戦に出場し、奥寺康彦に続く日本人2人目となるブンデスリーガ通算200試合出場を達成。2016年3月にフェーが解任されニコ・コバチが監督の座につくと再びボランチに固定され、4月30日の第32節・ダルムシュタット戦では1091日ぶりに得点をきめるなど自身も復調を見せた。チームは16位でリーグ戦を終え、古巣ニュルンベルクとの入れ替え戦に勝利し、残留を決めた。入れ替え戦2試合にフル出場したが、古巣ニュルンベルクが相手だったため、「2年前このチームが降格したときに関わっていた一選手として、心の底から本当に喜ぶという感覚が沸いてこない」と複雑な気持ちを明かしている。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た東日本大震災

    2011年3月に幻冬舎から出版した自己啓発書『心を整える。』から得た印税は全額を同月に発生した東日本大震災の支援のために日本ユニセフに寄付することを決めた。本は9月までに100万部を売り上げ、スポーツ選手の著書としては初のミリオンセラーとなった。2013年3月のビルト紙によると、売上は140万部を超えており寄付額も180万ユーロに達している。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たJリーグアウォーズ

    Jリーグ優秀選手賞:4回(2004、2005、2006、2007)長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た東京ヴェルディ1969

    公式戦初得点:2003年7月2日 ナビスコカップ vs東京ヴェルディ1969 (味の素スタジアム)長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たフォルトゥナ・デュッセルドルフ

    2012-13シーズンに入ると開幕から8試合連続ベンチ外という苦しい状況が続いたが、成績不振により監督のフェリックス・マガトが解任された直後の第9節デュッセルドルフ戦でリーグ戦初出場を果たすと、アシストを決めるなどチームの開幕戦以来の勝利に貢献した。その後は前シーズンと同じくサイドバックでの起用が多かったがスタメンの座は守った。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たキリンチャレンジカップ

    2008年5月15日、岡田武史の監督就任後初めて日本代表に選出。キリンチャレンジカップ第1戦(対コートジボワール)に出場し、前半、右サイドを駆け上がっての絶妙なセンタリングで、同じく代表に復帰した玉田圭司のゴールをアシスト。1-0の勝利に大きく貢献した。以後の代表戦において、遠藤保仁とのダブルボランチを形成しレギュラーに定着する。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たサッカーコートジボワール代表

    2008年5月15日、岡田武史の監督就任後初めて日本代表に選出。キリンチャレンジカップ第1戦(対コートジボワール)に出場し、前半、右サイドを駆け上がっての絶妙なセンタリングで、同じく代表に復帰した玉田圭司のゴールをアシスト。1-0の勝利に大きく貢献した。以後の代表戦において、遠藤保仁とのダブルボランチを形成しレギュラーに定着する。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

101件中 41 - 50件表示

「長谷部誠」のニューストピックワード