85件中 51 - 60件表示
  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た静岡県

    長谷部 誠(はせべ まこと、1984年1月18日 - )は、静岡県藤枝市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・VfLヴォルフスブルク所属。ポジションはMF、DF。日本代表。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たyouthful days

    Mr.Childrenの大ファンでブログにて好きな曲ベスト10を発表しているほか、長谷部を特集した2011年7月10日放送の「ソロモン流」の中で桜井和寿との対談が実現している。また、2012年4月から自身が出演するキリンビバレッジ 『大人のキリンレモン』のCMには、本人が大好きな楽曲であるという縁から、「youthful days」がCMソングとして起用された。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たサッカーシリア代表

    南アフリカW杯後に日本代表監督に就任したアルベルト・ザッケローニからも引き続きキャプテンを任され、2011年1月にカタールで開催されたAFCアジアカップ2011では、全6試合にフル出場し、日本代表の2大会ぶりのアジア制覇に貢献。グループリーグのシリア戦では先制点を挙げた。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た香港スタジアム

    A代表初得点:2009年11月18日 AFCアジアカップ2011 (予選) vs香港 (香港/香港スタジアム)長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たアメリカ合衆国

    2006年1月の代表合宿、2月のアメリカ遠征のサッカー日本代表に初選出された。2月11日、親善試合のアメリカ戦では後半途中から出場し、持ち味であるドリブル突破や試合終了間際に見せたスルーパスなど、デビュー戦ながら存在感を示した。2月22日のアジアカップ・予選のインド戦に先発し、後半13分に代表初得点を決めたかと思われたが、審判団の協議の結果、長谷部のシュートが巻誠一郎に当たって入っており巻のゴールとなった。2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会のメンバーには選ばれなかった。イビチャ・オシムが日本代表監督に就任すると、再び代表に選出されたが、2007年以降は代表から漏れることも多くなり、出場も遠ざかった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た審判員 (サッカー)

    2006年1月の代表合宿、2月のアメリカ遠征のサッカー日本代表に初選出された。2月11日、親善試合のアメリカ戦では後半途中から出場し、持ち味であるドリブル突破や試合終了間際に見せたスルーパスなど、デビュー戦ながら存在感を示した。2月22日のアジアカップ・予選のインド戦に先発し、後半13分に代表初得点を決めたかと思われたが、審判団の協議の結果、長谷部のシュートが巻誠一郎に当たって入っており巻のゴールとなった。2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会のメンバーには選ばれなかった。イビチャ・オシムが日本代表監督に就任すると、再び代表に選出されたが、2007年以降は代表から漏れることも多くなり、出場も遠ざかった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た藤枝市立青島東小学校

    静岡県藤枝市出身。祖父が「誠」と命名。3歳のときにサッカーアニメ「キャプテン翼」の大空翼に憧れてサッカーを始め、藤枝市立青島東小学校のスポーツ少年団、藤枝市立青島中学校サッカー部を経て、静岡県の名門藤枝東高校に入学した。同期には岡田佑樹、金澤大将などがいる。2年の終わり頃からレギュラーとしてプレーした。U-18日本代表候補への選出、全国総体準優勝などの実績はあるものの高校サッカー選手権出場は果たせなかった。当時のコーチや対戦相手の監督からは能力は高いもののフィジカルが弱すぎると評価されていた。静岡県内のプロクラブへの入団を希望していたがオファーが届かず、県選抜でのプレーを見た浦和レッズのスカウトから誘いを受け、この他には名古屋からも興味を示されていた。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たカバーリング

    浦和レッズ時代は繊細なボールタッチを持ち味とする司令塔として活躍したが、ヴォルフスブルク移籍後は中盤の攻撃的な位置や守備的な位置に加え、最終ラインに入ることもできるユーティリティプレイヤーに進化。持ち前のテクニックに加え、欧州仕様のフィジカルと対人プレーの強さを体得し、守備でも危険察知力、カバーリングが成長した。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たデビュー

    2006年1月の代表合宿、2月のアメリカ遠征のサッカー日本代表に初選出された。2月11日、親善試合のアメリカ戦では後半途中から出場し、持ち味であるドリブル突破や試合終了間際に見せたスルーパスなど、デビュー戦ながら存在感を示した。2月22日のアジアカップ・予選のインド戦に先発し、後半13分に代表初得点を決めたかと思われたが、審判団の協議の結果、長谷部のシュートが巻誠一郎に当たって入っており巻のゴールとなった。2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会のメンバーには選ばれなかった。イビチャ・オシムが日本代表監督に就任すると、再び代表に選出されたが、2007年以降は代表から漏れることも多くなり、出場も遠ざかった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たトゥーロン国際大会

    2003年 トゥーロン国際大会 (U-20日本代表)長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「長谷部誠」のニューストピックワード