85件中 61 - 70件表示
  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たディフェンダー (サッカー)

    長谷部 誠(はせべ まこと、1984年1月18日 - )は、静岡県藤枝市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・VfLヴォルフスブルク所属。ポジションはMF、DF。日本代表。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たサッカーのポジション

    長谷部 誠(はせべ まこと、1984年1月18日 - )は、静岡県藤枝市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・VfLヴォルフスブルク所属。ポジションはMF、DF。日本代表。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た司令塔 (スポーツ)

    浦和レッズ時代は繊細なボールタッチを持ち味とする司令塔として活躍したが、ヴォルフスブルク移籍後は中盤の攻撃的な位置や守備的な位置に加え、最終ラインに入ることもできるユーティリティプレイヤーに進化。持ち前のテクニックに加え、欧州仕様のフィジカルと対人プレーの強さを体得し、守備でも危険察知力、カバーリングが成長した。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たAFCアジアカップ2007 (予選)

    2006年1月の代表合宿、2月のアメリカ遠征のサッカー日本代表に初選出された。2月11日、親善試合のアメリカ戦では後半途中から出場し、持ち味であるドリブル突破や試合終了間際に見せたスルーパスなど、デビュー戦ながら存在感を示した。2月22日のアジアカップ・予選のインド戦に先発し、後半13分に代表初得点を決めたかと思われたが、審判団の協議の結果、長谷部のシュートが巻誠一郎に当たって入っており巻のゴールとなった。2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会のメンバーには選ばれなかった。イビチャ・オシムが日本代表監督に就任すると、再び代表に選出されたが、2007年以降は代表から漏れることも多くなり、出場も遠ざかった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たマンチェスター・ユナイテッドFC

    9月16日、UEFAチャンピオンズリーグの開幕戦であるCSKAモスクワ戦に途中出場し、日本人選手として5人目のUEFAチャンピオンズリーグ出場を果たした。また、レギュラーシーズンでは9月18日の第6節シャルケ04戦でエディン・ジェコの決勝ゴールをアシスト、9月26日の第7節ハノーファー96戦で今季初ゴールを決めるなどの活躍を見せ、2009-10シーズンはリーグ戦1得点6アシストを記録する。9月30日、CLグループリーグ第2節、アウェーでのマンチェスター・ユナイテッド戦ではスタメン出場し、後半11分に絶妙なクロスでジェコの先制ゴールをアシストした。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た日本平スタジアム

    小学生の頃は日本平スタジアム(現アウトソーシングスタジアム日本平)に清水エスパルスの試合をよく観戦しに行っており、エスパルスサポーターが集まるゴール裏でエスパルスの応援をしていた。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10

    9月16日、UEFAチャンピオンズリーグの開幕戦であるCSKAモスクワ戦に途中出場し、日本人選手として5人目のUEFAチャンピオンズリーグ出場を果たした。また、レギュラーシーズンでは9月18日の第6節シャルケ04戦でエディン・ジェコの決勝ゴールをアシスト、9月26日の第7節ハノーファー96戦で今季初ゴールを決めるなどの活躍を見せ、2009-10シーズンはリーグ戦1得点6アシストを記録する。9月30日、CLグループリーグ第2節、アウェーでのマンチェスター・ユナイテッド戦ではスタメン出場し、後半11分に絶妙なクロスでジェコの先制ゴールをアシストした。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たユーティリティプレイヤー

    浦和レッズ時代は繊細なボールタッチを持ち味とする司令塔として活躍したが、ヴォルフスブルク移籍後は中盤の攻撃的な位置や守備的な位置に加え、最終ラインに入ることもできるユーティリティプレイヤーに進化。持ち前のテクニックに加え、欧州仕様のフィジカルと対人プレーの強さを体得し、守備でも危険察知力、カバーリングが成長した。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たAFCチャンピオンズリーグ2007

    2005年から2007年の間も鈴木啓太と中盤の底でコンビを組み、Jリーグ優勝やAFCチャンピオンズリーグ優勝をはじめとした浦和のタイトル獲得にレギュラーとして貢献した。2005年末に初めて日本代表に選出されたが、2006年のワールドカップの代表メンバーからは漏れてしまう。その後、イビチャ・オシムが監督を務めると日本代表に復帰したが、2007年はシーズン序盤に負傷したこともあって代表戦の出場機会は無く、同年12月に代表監督に再任した岡田武史に選ばれるまでは日本代表から遠ざかっていた。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たさいたま市浦和駒場スタジアム

    公式戦初出場:2002年5月12日 ナビスコカップ vs名古屋グランパス (駒場スタジアム)長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示

「長谷部誠」のニューストピックワード