101件中 61 - 70件表示
  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たミッドフィールダー

    長谷部 誠(はせべ まこと、1984年1月18日 - )は、静岡県藤枝市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。妻はタレントの佐藤ありさ。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た2010 FIFAワールドカップ・アジア予選

    移籍2シーズン目となる2008-09シーズンは前シーズンまでのボランチに加え、右サイドハーフ、右サイドバックでもプレー。2009年3月28日に行われた南アフリカワールドカップ・アジア最終予選バーレーン戦の試合中の故障により、優勝争いも佳境に迫ったリーグ終盤戦に一時離脱するアクシデントがあったものの、クラブのドイツ国内主要大会初優勝に貢献した。このシーズン途中に移籍してきた大久保嘉人とともに、奥寺康彦以来31年ぶりにブンデスリーガ優勝を経験した日本人となった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たディフェンダー (サッカー)

    長谷部 誠(はせべ まこと、1984年1月18日 - )は、静岡県藤枝市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。妻はタレントの佐藤ありさ。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た2004年のJリーグ

    高校卒業と同時に、浦和レッズに加入。1年目はほとんど出場機会がなかったが、2年目の2003年はトップ下やボランチの選手として年間通して出場機会を得た。そして、3年目の2004年はシーズン当初こそ山瀬功治に代わってトップ下で出場していたが、シーズン中盤以降は鈴木啓太とダブルボランチを組み、浦和の2ndステージ優勝などに貢献した。この年はナビスコカップ・ニューヒーロー賞、Jリーグ・ベストイレブンに選出された。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た静岡県

    長谷部 誠(はせべ まこと、1984年1月18日 - )は、静岡県藤枝市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。妻はタレントの佐藤ありさ。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たサッカーシリア代表

    南アフリカW杯後に日本代表監督に就任したアルベルト・ザッケローニからも引き続きキャプテンを任され、2011年1月にカタールで開催されたアジアカップでは、全6試合にほぼフル出場し、日本代表の2大会ぶりの優勝に貢献。グループリーグのシリア戦では先制点を挙げた。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たSCフライブルク

    2016-17シーズン、2016年10月28日のブンデスリーガ第9節・ボルシアMG戦では3バックの中央で先発して3試合連続のクリーシートに抑えて以降、リベロとしての起用が増加。12月20日、フランクフルトとの契約を2018年まで延長したことを発表した。2017年1月27日、第18節のシャルケ戦では今季初アシストを記録。2月5日、第19節のダルムシュタット戦で今季初得点を決めた。3月5日、第25節のフライブルク戦では奥寺康彦が保持していたブンデスリーガにおいて日本人最多出場記録を更新した。3月11日に行われた第24節のFCバイエルン・ミュンヘン戦でクリアの際にポストに激突し、左すねを6針縫合するケガを負い、さらにその後に右ひざの負傷も発覚し、手術を行った。この怪我の影響で2016-17シーズン絶望となってしまった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たゴールキーパー (サッカー)

    2011年8月19日、ボルシアMG戦で2シーズンぶりとなるリーグ戦での得点を決めた。9月17日、第6節ホッフェンハイム戦では右サイドバックとして出場するも、1点ビハインドでの後半35分にGKのマルヴィン・ヒッツがレッドカードで退場。チームは既に交代枠を使い切っていたため、長谷部が急遽GKを務めることになった。馴れないポジションでありながら、正確なロングフィードを出したり、クロスボールにも飛び出してキャッチするなど奮闘するも、後半40分に失点し、チームは1-3で敗戦した。なお、日本人が欧州5大リーグでGKを務めるのはこれが初めてであった。2011-12シーズンは23試合に出場するも本職とは違うサイドバックでの起用がほとんどであった。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見た藤枝市立青島東小学校

    静岡県藤枝市出身。祖父が「誠」と命名。3歳のときにサッカーアニメ「キャプテン翼」の大空翼に憧れてサッカーを始め、藤枝市立青島東小学校のスポーツ少年団、藤枝市立青島中学校サッカー部を経て、静岡県の名門藤枝東高校に入学。同期には岡田佑樹、金澤大将などがいる。2年の終わり頃からレギュラーとしてプレーした。U-18日本代表候補への選出、2001年の全国総体準優勝などの実績はあるものの高校サッカー選手権出場は果たせなかった。当時のコーチや対戦相手の監督からは能力は高いもののフィジカルが弱すぎると評価されていた。自身は静岡県内のプロクラブへの加入を希望していたがオファーが届かず、県選抜でのプレーを見た浦和のスカウトから誘いを受け、この他には名古屋からも興味を示されていた。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部誠

    長谷部誠から見たDFBポカール2017-2018

    2017-18シーズン、前期の怪我や手術の影響もあり約5ヶ月間公式戦の出場は無かったが、2017年8月12日に行われたDFBポカール1回戦・エルンテブリュック戦で復帰を果たした。2018年1月27日、第20節のボルシア・メンヒェングラートバッハ戦でフランクフルトにおいて出場した試合数が100試合に到達した。長谷部誠 フレッシュアイペディアより)

101件中 61 - 70件表示

「長谷部誠」のニューストピックワード