412件中 51 - 60件表示
  • 長野県

    長野県から見た熱帯夜

    長野県は内陸に位置するため、概ね内陸性気候だが、南北に長く、各都市の標高が異なり、更に山脈や盆地の形状などの気候修飾を受けるため、同じ県内であっても気候の違いがあるものの、全体的に冬の冷え込みは他の内陸県と比較しても厳しい。また夏は、長野市や松本市などの盆地部においては日中の気温は東京とほとんど変わらず、時には猛暑日になることもあるが、朝晩は涼しく、熱帯夜の発生する日は皆無に等しい。長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見た依田銈次郎

    依田銈次郎 1913年(大正2年)4月3日 - 1914年(大正3年)4月28日長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見た児童福祉法

    、全国の都道府県で唯一、青少年保護育成条例を制定していない。但し、長野市と佐久市は独自に条例を制定しているほか、東御市も長野県下初の淫行処罰規定を盛り込んだ条例が制定された。条例が制定されていない地域であっても、未成年者への淫行は児童福祉法、児童ポルノ・児童買春処罰法、刑法の未成年者略取及び誘拐罪での検挙実績がある。長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見た内閣

    1948年(昭和23年) - 長野県庁庁舎一部焼失をきっかけに分県論が勃発。県議会で採決されるも議場を埋め尽くした県民の「信濃の国」大合唱により流会、結局否決される。これが後の県歌制定の素地となる。ただし、仮に可決されても国(内閣)や国会は分県を認めない方針であったという。長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見たナウマンゾウ

    長野県域でも旧石器時代の遺跡がいくつか発掘されている。その中の野尻湖遺跡(立ヶ鼻遺跡)から人類が活躍していたことを示す槍状木器・骨器・剥片石器などの遺物が発見されている。この遺跡はナウマンゾウやオオツノシカなどの大型哺乳動物を解体したキルサイトと推定されている。時期は約2万5千年前?3万年前のものである。その他この時代の遺跡としては仲町(信濃町)・日向林B(信濃町)・石子原(飯田市)遺跡が発見されている。長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見た松本空港

    1965年(昭和40年)7月16日 - 県営松本空港(愛称:信州まつもと空港)開港。長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見た浅田徳則

    浅田徳則 1891年(明治24年)4月9日 - 1896年(明治29年)2月6日長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見た関清英

    関清英 1902年(明治35年)2月8日 - 1905年(明治38年)9月10日長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見た中央新幹線

    リニア中央新幹線ルート策定問題長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見た中期旧石器時代

    2000年代の前半に竹佐中原(たけさなかはら)遺跡(飯田市)が発掘・調査されている。この遺跡の石器集中地点4カ所から石器を含む800余点の旧石器時代の遺物が出土した。この石器包含層の自然科学分析(火山灰分析、植物珪酸体分析、炭素14年代測定、光ルミネッセンス年代測定など)が行われ「3万年古く5万年より新しい」という結果が出た。今までは、日本列島に人々が居住し始めたのは後期旧石器時代の約3万年前以降であると考えられていたが、この遺跡の発掘調査で中期旧石器時代の終わり頃(3万年前から5万年前)には本県に人々が生活を始めていたことが証明された。長野県 フレッシュアイペディアより)

412件中 51 - 60件表示

「長野のできごと」のニューストピックワード